2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年1月5日 - 2014年1月11日 »

2014年1月 4日 (土)

明けましておめでとう御座います。 未来展望はかぎりなしです。    

明けましておめでとうございます。

              ・

ヲシテ時代のそもそもの始まりの頃はどうだったか?

これが、大きな根本疑問の事です。

Wosite

たとえば、

「ひ」「ふ」「み」「よ」…  。

と数える言葉は、ヲシテの成立以前なのか? 成立以降だったのか?

そも、

「ひ」の語意は何か?

「ふ」の語意は何か?

「み」の語意は何か?

「よ」の語意は何か?

Hihumi

が、なかなか難しいです。

撥ねの特殊ヲシテ文字の数詞ハネは、漢字国字化時代以降の伝承時代の付加物のように考えられます。しかし、現代人がヲシテの文章を読むには、数詞ハネは便利なものでしょうね。読みながら、頭の中でハネを除去して見て下さいませ。

「うつほ」「かせ」「ほ」と「みつ」「はに」の語意も、

5youso

以前は特に難しいと思ってました、「かせ」と「みつ」が先に理解出来てきました。

でも、5要素の概念の詳しい内容の事や、成立に至る歴史の想定にも路半ばにも達してはいません。

 

ワ行は3音韻であることも、これもかねてからの難解です。 これには、少しアイデアが見えてきております。

 

         ・           ・

 

宇宙の歴史の解明の事は、

137億プラス5000万年の歳だと、明確になって、

かつては怪しげとも思われてました、ビッグ・バンもほとんど常識化してきました。

未来はどうか? はたして、ビッグ・リップに成り行くのか?

現代宇宙論の進展はさかんです。

日本人の研究者、小松英一郎さんも活躍してますが、

http://ip-science.thomsonreuters.jp/interview/komatsu/

意外な事に、

我が国史の研究にも同様の始まりへの究明の作業もこれと良く似ています。

               ・

ヲシテの概念で割り切れる・理解出来得る語彙は、

ヲシテ時代に入ってからのものではないか?

ヲシテの成立以前に成立していた古い言葉は、ヲシテの概念での理解が困難なのではないか?

これが、現代宇宙論に準えるならば、宇宙の晴れ上がりの以前・以降の区別に相当するのかも知れません。

あるいは、ビッグ・バンの起きる以前・以降の区別に相当するのかも知れません。

その辺りに照準を当てて考えると、結構おもしろいです。でも、難解なこと、大海を小さなボートで渡ろうとしてるようなものでもあります。

H26sanpai

そのような、根源疑問をあれこれ考えて悩んでます。

それで、ニコニコとはゆかず表情が硬くなっちゃいます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

  

 

地道に、解析作業をやってます。

Goikaiseki

仕事を進め行くのが、これが大切と、そう考えてます。

             ・

  

   

青山繁晴さんです。

http://www.youtube.com/watch?v=9OOT8ukZ-_c 

2013年12月31日 (火)

若い人に期待します。 本年のご共助の御礼と、明くる年には…、 。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。  ストークスさん『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』のこと。      沼本克明さん『濁点の源流を探る』のこと。

先ほども、

若い、小学生の人が来て、

野の花を活けてあるのを見て、いたく、感動していました。

帰宅が日暮れ時になって、女房からの報告を聞いてのわたくしの感動でした。

フユ(冬)は日没が早いので、もう、野の花を採りに行くのは無理だと、

その残念そうなことだった、と、 この事に、 感動しました。

                   ・

われわれ、我が民族は、天地自然の中に恵みを受けて(享けて)、

「アメミヲヤ」の創造に感謝して、

その生活を、何千年もしてきたわけですね。

うるわしく。

Itukusimu_2

                    <いつくしむ こころはもとの

                     みをやかみ はつにいきふく

                     みなもとにこそ

                          平成25年12月31日

                                    池田 満>

やがて、縄文時代(明治以降の考古学によっての命名)の文化・文明の萌芽とともに、「やまと ことは」が徐々にゆっくりと形成されてきます。ヲシテの文字形は、天地自然の成り立ちに、その、哲学的な構成の発見を込めつつ積み重ねられて48音韻の「ヲシテ」に固まっていったものと推考されます。

さて、

48音韻の「ヲシテ」の成立。

http://woshite.com/page1.html

それも、何千年も前の事です。「縄文哲学」と表現するとシックリいくほどの精緻さがあります。そして、わが国語は「ヲシテ」48音韻からクリスタルのような極めて美しい言語構成が成り立っていました。動詞の活用の精緻な事! 江戸時代や明治期など言葉の構成の解明にずいぶん多くの顕学が挑みましたが、私の目には、ほとんど徒労に終わっていたように映ります。「ヲシテ」48音韻のそのイメージで、我が国語は基本構成が成されていたからです。http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/page24.htmつまり「ヲシテ」のイメージを知らずしては、我が国語の基本構成のロジックは解けなかったわけであると、言って良いのではあるまいかと思うわけです。

長い長い、回り道だったことです。

さて、

「ヲシテ」48音韻での根拠を据えての、我が国語の基本構成の解明の事ですね。じっくりあれこれやってます、詳細にやればやるほど本当に難解な事でございます。とにかくも、ここを先途とやってまいります。

旧年中は、ご助力の事を多く多く戴きまして本当に有り難う御座いました。

明くる年からも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

       

                  ・

 

ヘンリー・ストークスさんの『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)面白いです。

Photo

ストークスさんは、クエーカー教徒だそうでして、

主流のキリスト教から迫害を受けてきていたのだそうでした。

クエーカー教は、日本の漢字以前の伝統に近い感覚のようです。

世界は広いですね。

「産経新聞」の、Webで論説がありました。河村直哉さんです。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140101/waf14010104010003-n1.htm

  

                ・

今年はあれこれ年初から忙しくしてまして、

積んであった本の山から『濁点の源流を探る』(汲古書院)が出てきました。

汲古書院の年末カタログが来たりして…  。

Dakuten1

良くまとめて下さってます。

スキッとします。 ただ、ヲシテをまだ知らない沼本さんですから、その辺のあたりの事は、割り引きしてお読み下さいね。つまり、漢字国字化時代から以降での濁点の成り行きの事でして、国語の発生・成立の原初の時代から濁り音の発生のメカニズムやその意味についての解釈は、全くのところ、ひとつも当たっていません。  沼本さんの著書は、 漢字国字化時代以降に関しての限定で、「濁点」の歴史が解りやすいという意味の書籍です。

五十音図の事、少し触れられています。Gojyuuonnzu1

「五十音図」(ホントは、漢字国字化時代以前のヲシテ時代に歴史を遡及したら48音図だったのでした)の潜在的な存在を、平安時代ごろにも認める、私たちの考えと一致する常識的なレベルに至った人も、出てきたという事でしょうね。ちゃんとしての基礎の無いとこに、文化・文明は移入できるはずがありません。

詳しくは、直接に書籍をご覧願います。

何事も、漢字国字化時代以降の常識が、まだまだ世間では一般的のレベルですから、よくよく、ご配慮の事を。

でも、やっぱり、ちゃんとやってゆかねばしょうがありませんものね。

実は、『記紀原書ヲシテ』の上梓の際に、外二点の濁点を本文のヲシテの文章から除去しようかどうかと、随分と悩んだものでした。仮に、外二点の濁点を外してみたのですが、やっぱり、読み難いのです。朗誦するにも暗唱するにも、現段階では、外二点の濁点も残しといた方が使いやすいと、そう判断しまして、原写本で底本とした和仁估安聡の原文とおりに外二点の濁点も表記しました。

次回に、ヲシテ文献の根本教科書を刷る場合には、もっと、ヲシテ文献の成立時に遡っての雰囲気をプレスしたいですね。

わたくしの、たっての希望です。

その時代には、もう、紙ベースの書籍は終わってるかも知れませんですね。

時代の流れは、ますます、速いです。

 

今年は、本当に忙しかったでした。

正月休みも、そんなに有るような無いようなですが、

もうちょっと見ときたい書籍です、『濁点の源流を探る』は。

 

あしたは、生活費を得るための仕事です。

« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年1月5日 - 2014年1月11日 »