2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

季節の名称の事。  9月は「ナカツキ」でして、直訳の「長月」は誤訳です。  「ホツマ1アヤ」の「ナカキヨ」は、「長き世」直訳も誤訳です。詳しく解説も足しました。

月の名前、季節の名前、その、語源の事。

ヲシテ国学の進め行く方途には、

語源の真意を追い求める作業もあります。

『ホツマ辞典』でおおよその理解は提示しましたが、

まだまだ、詳しい語源探求にまでは、未着手です。

後に進む人には、このテーマの存在をぜひ知ってもらいたいと思います。

                ・

例えば、今の月の「ウルウのナカツキ」ですが、

これを「長月」と、直訳したら、単なる長い月の意味に固定解釈しての解釈を追認してしまう流れになってしまいます。

それでは、いけません。

わが「ヲシテ国学」に志すならば、「ヲシテ文字」の意味にまで遡及還元して解釈を進めなくてはなりません。

それでこそ、記紀の原書の発見・研究に値するわけです。

           ・           ・ 

要するに、旧暦の9月を、漢字国字化時代以降の「長月」に直訳したらダメです! という事ですね。

何故ならば、ヲシテ文字で「ナカツキ」の意味を考えましたら、「成ってゆく」の意味が濃厚なのです。ですから「長い」の意味に限定したらおかしいという事ですね。直訳の害をどうやって減らすかが、わが「ヲシテ国学」に課せられた重要な役割・意味です。チャイナ・ナイジングから、大切な我が精神をどう守ってゆくか? 

さて、『ホツマ辞典』261Pの、「月名の呼称一覧」を見ておきましょう。

H25281

『ホツマ辞典』は入門用にて、カタカナ表記を主体にしましたが、本来は、次の段階の辞典には「ヲシテ文字」を主の表記にすべきですね。

漢字の「長月」なんて直訳は、排除してるのは、このような意味合いからです。だって、漢字国字化時代の以前にこそ、わが大文明があったわけですからね。漢字が国字化されたばっかりに、程度の低下が起きたのです。と、わたくしは理解してます。

9月は「ナカツキ」「ナカ」だけの記載でしたが、「ナツキ」「ナノツキ」も加えた方が良いと、今考えてます。どちらにしましても、ヲシテ文献の用例には 「長い」の意味での用例は極々希薄です。つまり「長月」に直訳は誤訳にほぼ等しいという事になります。

さて、

他の月名にも、その語源をよくよく考えてゆかねばなりません。ヲシテ文字のイメージで、ヲシテ文献に典拠のある用例を根拠にしてのことですね。

             ・           ・

ついでながら、「ホツマ1アヤ」のまわりウタの「なかきよの」は、

上記同様にて、「長き世」に直訳は、原意を大きく損なってしまいます。

何故ならば、

「ナカ」とは、「ナカクタ(天の川)」の意味が強く、

宇宙の中心からの齎されが清らかで美しい、と言う意味が、

「なかきよの」です。

そう、思ってから、再度、朗読してもらうと解り良いと思います。

Nakakiyono

いかがでしょうか?

 

    直訳の「長き世」では、下俗でいかにも江戸時代風の雰囲気です。

    第一が、原文には、

    「なかきよの」と、「が」では無くて、清音の「か」ですよ。

    安・弘・武・内の完写本のすべてが、清音の「か」です。

    『定本ホツマツタヱ』『記紀原書ヲシテ』を見て下さいね。

 

          よもや、

    「直訳がいい」なーんて、

     思う人は、居ないと思います。

          それは、直訳とは、「反日的」で、「売国的」な所業だと、

   わたくしは、そう考えてますね。

  「ヲシテ文字」の「ナカ」を表示しておきます。

Photo

ヲシテ文字の意味合いは、

おおよそ、「成ってきて・つながってくる」のイメージです。
文字の意味合いは、下記で。
48音図の事は、下記で。
 
           ・          ・
 
 なお、
さらに、「なかきよの」のウタを、もう少し深く考えてみましょう。
一般にも解釈されやすい意味の、その、奥には、
深い哲理が詠みこめられていた、と、思うんですね。
「なかきよの」
   宇宙の中心からの齎しは清く宜しくて
「とおのねふりの」
   「ト」の導きから固まってくる様は、
   まさに、宇宙の中心の「ネ」からの振らせられのさまです。
「みなめさめ」
   「ミ」になってゆく「メ」とは、
   すべて「サメ」で美しくも清らかなるものです。
「なみのりふねの」
   「ナミノリ」の宇宙の中心からの「ナミ」の齎されの「ノリ(法則)」は、
   この故に、フネと浮かべることも、
「おとのよきかな」
   「オ」の「ト」の、「ト」に固まってゆくさまの、よろしきことのまにまに。 
 
 
このように、ヲシテ文字のイメージに還元して考慮して見ますと、
カナサキさんの思いが良く解ってきます。
地鎮祭のアヤの「ハニマツリのアヤ」を説き染められたのがカナサキさんですから、ね。 「なかきよの」のウタにも、深い意味が込められていると見るべきですね。「ハニマツリのアヤ」は、『ミカサフミ』に再編集されて収録されています。「ミカサフミ ハニマツリのアヤ」です。深い哲理の「ノト(祝詞)」のアヤです。
そうして、もう一度、「なかきよの」のまわりウタを、前からも、後ろからも、朗誦して見て下さいませ。
「の とおの」と、「の おとの」対比も、素晴らしいセンスだと思います。
そう言う理解に達して下さいましたら、
もはや、「長き世」の直訳ではどうにもならない誤訳だと、
そう、ご理解いただけますことでしょう。

 

 

 

2014年10月24日 (金)

「やさしく・やわらかに」の身上の私が、『大嫌韓時代』を奨めるとは。  追記:『美しい国へ』安倍晋三首相のご著書のこと。    ユーチューブ、025話~028話までをUPしました。

こんな時代になるとは、

びっくりです。

_edited1_2

かつて、小さなアパートを経営していた両親の時代には、水道メーター・ガスメーターを検針するのが私の仕事でした。ガスメーターは、当時、逆回りの針が有ったりで、結構に難しいものでした。兄達には、ダメで、わたくしがその任でした。水道の修理など、よく、排水関係が詰まったのも、わたくしの修理担当でした。小学生時代からの仕事です。

その40年余りほどもの大昔の時代、

外国人など、かわいそうな人達を差別してはいけません。そう、学校で洗脳されてたんですよね。基本的には、それは常識ですけれど、国家の枠組みを考える際には、外国人問題は、しっかりと区別しなくてはなりません。いろいろ、難しい人も、住人にありました事を、今になって、やっと、解ってきました。 洗脳されての子供と、事あるごとに、両親の思いと摩擦が生じていたことを思い出します。今となっては、洗脳とは恐ろしいものだと、その深くの、今にそんな悔やみの理解のみがこころに焼き付くばかりです。

スポーツの祭典での、無道ぶりには、あきれはてます。

過去も、今現在にも、凶悪な犯罪の数々のこと。

おかしいと、そう思いますね。

                ・

あれこれ、  多くのやむなき酷さが、もう時節なる、ですか?

両親の40年余前の忸怩たるその思いが、

やっと、今になって、心底解ってきました。

         ・             ・

桜井誠さん『大嫌韓時代』です。

結構、話題もにぎやかなの話題性も兼ね備えて有って、

アマゾンの売上トップも走ってるそうです。

微力ながら、過去の思い間違いの事も有って応援したいと思いました。

  桜井さんの一徹な姿を見て、 儀を見て‥‥‥。  です。

国家という枠組みを考える際に、外国人との区別はどうしても必要です。

橋下徹さんとのやり取りの、フルバージョンがありました。

https://www.youtube.com/watch?v=KxL383jN484

          (コメント欄は、在日の人たちがうようよですね。

      桜井さんの完璧な勝利ですね。それで、アマゾンがトップ。

      橋下さんは、これを期に、所信を転向したようです。

      それで、逃げ足早いようなことでした。

      コメント欄は、困ったことが多いです。

      私はコメント欄を承認制にしてます)

敗戦後の酷い時代の総決算が、いよいよ、目の前に来っているという事なのでしょうね。

時代の流れは、大きなものです、  ね。

さて、

次には  …  。

「ヲシテ国学」に、その、大きな流れにと  …  。

それは、だいぶ先の事ですね。

とにかくも、わが大切な古典としての受け入れからが、第一歩のことですから。

               ・

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」025話。

重要な「アメのミチ」の構造をご説明します。 

http://www.youtube.com/watch?v=BQblnXC-BsU

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」026話。

「ホツマ14アヤ」です。

http://www.youtube.com/watch?v=Voiqy5o69Zk

 

 

追記です。

 

「ヲシテ国学 初めから」第027話「アワの歌は、こころに響くから、身体も調子良くなるのです」

http://www.youtube.com/watch?v=aa3HHXYKeUs

「ヲシテ国学 初めから」第028話「ホツマ15アヤを朗読しましょう」

http://www.youtube.com/watch?v=3N7-4I2Ga9I

 

 

 

           ・           ・

桜井誠さんの『大嫌韓時代』を、見てましたら、

安倍晋三首相の『美しい国へ』(文春新書、524)も、掲げなくては、と、思いました。

Photo

わたくしと、生まれがちょうど4か月の違いですから、同世代で、

極めて激しい自虐・亡国の大嵐しの吹き荒れていた時です。

学校での体験の話は、わたくしも遭遇していた事で、わたくしも、その事象にどう対応してゆくべきか? を、深く考えたのが、原点のひとつでもあります。

若い時代の安倍首相と同じ主張を、若い時代の私もしていましたですね。

安倍晋三さんの人となりを、理解することも重要だと思います。

なかでも、北朝鮮による拉致問題に関連する記事は、是非とも、お読み頂きたいことだと思います。

うちの女房も、やっと、「これ、おもしろいね」と、真面目に読み始めました。

『美しい国へ』(安倍晋三・文春新書)です。

                  ・

そして、

記紀の原書の発見と、現代研究から、

その先に進むべきミチを、

わたくしは築き続けてきています。

記紀を根底にしては、ダメなんですね。

『定本ホツマツタヱ』を、目を見開いて見て下さい。

『ホツマツタヱを読み解く』を、お読みください。

つまり、

我が国の国是を定めてゆく精神は記紀に求めてはならない。

という事です。

記紀に「トのヲシヱ」の精神が読み取れますか?

記紀に「ミヤヒ」の精神が読み取れますか?

皇室のおこころ、天皇陛下のおこころが、はっきり読み取れるのは「ヲシテ文献」です。そして、ヲシテ時代の言葉に遡って考えてゆく事から、明瞭に読み取れるのです。直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」では、ダメなんです。

そこまで解かっての事で、が、あってこそ重要です。

推奨書籍は、

「日本ヲシテ研究所」で推奨してます。

                     ・

この他のものは、

一定のレベルに達していないので直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」だからダメなので、推奨してませんです。

2014年10月19日 (日)

福岡伸一さん「理科系は一人前になるのに時間が掛かる」。 ユーチューブ、22話~24話UPしました。

いつも、日曜日は「日経新聞」40面の、

福岡伸一さんの「芸術と科学のあいだ」のコラムを楽しみにしています。

今日は、京都生活の思い出でした。

「理科系は一人前になるのに時間が掛かる。大学4年、大学院5年」

と、

試験管とにらめっこの古都の冬は底冷えで、今も、その情景が目に浮かぶそうです。

                  ・

 さて、

「理科系」もそうですね、長い時間がかかります。

 また、

「ホツマツタヱ」などヲシテ文献も、とっても時間がかかります。

ヲシテ文字とにらめっこを初め、読み書きも始めて、

ヲシテ文献のおおよそに通じるようになるまで、

さらに、

既存の千数百年間に積み重なった記紀などから生じたモロモロも、見て、比べて、それから、判断をしてゆかねばなりません。

漢字文献類から由来したものと、

記紀の原書のヲシテ文献類からの、源流のモノとの違い。

どちらが正しく、今後の我が国にとってどういう意味合いを持ちえるのか?

                ・

それから、

ならば、

どうしてゆくか?

の、

今後の行動規範に付いての展望まで。

           ・          ・ 

かく、

理解に及ぶまで、

これまでの最短記録が、東京の青木純雄さんの、5年ほどの歳月でした。

かの、天才にして、最短の記録でした。

                ・

地道に、

試験管じゃないですが、

ヲシテ文献とにらめっこ、朗読・暗唱を、しっかりしますのが、ヲシテ国学の王道です。

          ・            ・

ヲシテ文字も読めないままで、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん」ばかり読んでたんでは、メビウスの輪を進んでるようなものですから、何年たってもヲシテ時代の真実には行き着けません。ヲシテ時代の「ヰ・クラ、ム・ワタ」を「五臓六腑」だと直訳してたら、「ヰ・クラ」がこころの事だと解らないままなのですから、何年たってもダメなんですね。

物の道理だと思います。

        ・        ・         ・          

 

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」UPしました。

22話「ホツマ11アヤ」

https://www.youtube.com/watch?v=fi4jP1RDjiA

23話「ホツマ12アヤ」です。

https://www.youtube.com/watch?v=-A_GQFiwsck

24話「ホツマ13アヤ」です。

https://www.youtube.com/watch?v=s4NO3T1McUo

 

 

2014年10月 7日 (火)

宮崎正弘さん『中国・韓国を本気で見捨て始めた世界』。  アキの深まりも思いますです。「ヲシテ国学 初めから」16~20話をUPしました。

世界が、まさに、動乱時期です。

宮崎正弘さん、の、新著です。

H25258

アキの深まりが、目にも感じられます。

Photo_2

あすは、モチ(満月)です。

Photo_3

        <ヒトツバタゴの実です>

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」016話をUPしました。

https://www.youtube.com/watch?v=UlV8MGjutpo

  

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」017話をUPしました。

http://youtu.be/wuuYAtm0JdQ 

18話です。

https://www.youtube.com/watch?v=7Y9Se955qi0

19話です。

https://www.youtube.com/watch?v=ntbQ5fjySIo

20話です。 

https://www.youtube.com/watch?v=JSkV5FMA9vM

 

Nuhatama

          <ヌハタマの、ヒアフキの実です>

 

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »