2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 時代の流れは、ここにきて、早い事で御座います。 ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」005話・006話をUPしました。 | トップページ | 小笠原通当さんの墓参の事。(みちまさ さん)   ユーチューブ008話~010話、及び、011話~015話をUPしました。 »

2014年9月17日 (水)

続けて、対外問題ですが、喫緊の問題も承知しておかねばなりません。

坂東忠信さんの新著です。  徳間書店、刊。

 
Photo
 
相当に大変な事態に遭遇しつつあるようです、。
アマテルカミのおこころにも、
Misogi1
先日にも、
紹介しました、
三輪康子さんの「やさしさ」も、ひとつの大切な事ですが。
「よくものしる」が、またまた、大切です。
坂東忠信さんは、実地の現場の実際に明るいですから、おっしゃることは適切です。

現場の本質が、最も大切な事です。

                ・
喫緊の事は、そういうことです。
また、
もう一つの視点として、
長く遠い先の未来に向かっての展望も大切です。
それには、
どれほど、歴史を深く本質についてまで見れるか? の、
そこが、最も大きな要素になってまいります。
つまり、我が国の本当の大切な事は何か?
の、その、把握の事です。
初代クニトコタチさまの「トのヲシヱ(テ)」に立脚することが本来の重要な基礎だと、そう把握できてからが、はじめて、これからの未来へのリーダーに成り得ますですね。 何故ならば、記紀の原書の発見と研究が此処まで進んできたからです。

« 時代の流れは、ここにきて、早い事で御座います。 ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」005話・006話をUPしました。 | トップページ | 小笠原通当さんの墓参の事。(みちまさ さん)   ユーチューブ008話~010話、及び、011話~015話をUPしました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 時代の流れは、ここにきて、早い事で御座います。 ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」005話・006話をUPしました。 | トップページ | 小笠原通当さんの墓参の事。(みちまさ さん)   ユーチューブ008話~010話、及び、011話~015話をUPしました。 »