2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『カラス なぜ遊ぶ』杉田昭栄さん。カラスの事は、ヲシテ文献に多くの用例があります。  追記、キリ(桐)の花見の事。「タノシ、カナシ」の書軸の事。 | トップページ | どの時代に、どんなにひどい時代でも、「ト」と「ロ」の精神からです。    独創の解明、この、苦しみの路程のひとつの事。    藤原定家卿のお墓参りの事。冷泉貴実子先生の『花もみぢ』のこと。   九州の原発再稼働の案件に付きまして。   -追記- 批判的な対峙なのか?   わたくしたちの為しゆきて来た仕事を認めるのか? »

2014年5月 8日 (木)

私文庫や秘蔵の文献のこと、その閲覧の許可の事など。

現代では、公的な図書館が、随分と拡充しました。

デジタル公開も進んで、隔世の感があります。

Natu

             <近くの白山神社の山です>

            ・

岡山の大坪併治先生も、石山寺に定宿を取って長期間通われたそうでした。わたくしも、若いころ、酒造蔵の私文庫に見たいものがあって閲覧申し込みをしました事がありました。 が、その酒造蔵の私文庫の公開はなかなかに慎重で「信用できる人の紹介を取ってから」とのこと。

では、「具体的に紹介者が誰だったら良いんでしょうか?」

その答えは一切なしで、「わたくし(館長・オーナーさん)の信用できる人」ですと。言う事でした。

それで、頓挫してしまいまして 、  2~3年たったら、そんなに強烈に見ておくほど出ない事が判明しました。

私文庫の閲覧には、とにかく敷居が高いです。

Hitotubatago2

               <なんじゃもんじゃ、とも、言います。

           ヒトツバタゴの樹です。

           ほのかなちょっと青くさわやかな感じの花の香りです、

           初夏のさわやかさです>

         ・         ・

あんまりにも、敷居が高すぎては、志のちゃんとした人に嫌気の冷や水をさしてしまう。   

そんな事も有りまして、わたくしに、初めてアクセスした方には出来るだけ懇切丁寧な対応を心掛けてます。

Hitotubatago1

            <ヒトツバタゴは、近くで見ると、

               細いやさしい花びらです>

              ・   

かと言って、わたくしたちはヲシテ文献の発見に拠りまして、今般に新たに「国学」を再構築しようとしてます。

オカルトがらみに貶められてはなりません。

難しいところです。

「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の族も、入門時にはどうしても洗礼を負うようなことが発生します。

それで、入門時などの初心からの初期には、

しばらく様子をうかがうような事にと、成り行き上に経緯してます。

 

           ・         ・

 

研究の、本筋の進展には、 

どうしても必要な資料にはアクセスしてゆかねばなりません。

それには、

ケース・バイ・ケースでして、写本・文書をお持ちのお方の、その、おこころに適う事が重要です。

静嘉堂文庫で閲覧をする際には、自著を前もって贈呈しておきました。いろいろな心遣いが必要な事柄です。

目的は何か?  ヲシテ文献が発見されたから、ちゃんとした「国学」、つまり「ヲシテ国学」を構築してゆきましょう。 という事です。

          ・      ・     ・

どうのこうのと言いましても、

オカルト族に貶められては、最も困ることです。

オカルト族と、一視同仁にされては、

最も困ることです。

どこもかしこも、門を閉ざしてしまいます。当たり前な事です。

この、

大切なところが解って来て初めて、   です。

オカルトの人達と、一緒に見られたら、終わりですよ!

  と、  いうことですね。

          ・            ・

オカルトに

どっぷりの、そんな人も、見る聞くたびに多くて残念至極なところですが、

それは、絶対の100%忌避の対象です。

   ちょっとでもの、容認のできるものではありません。

あと、さらに、気を付けなくてはならないのが、

入門段階には、「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」にも陥ってしまうのが99%の割合であるのが現実です。 そこから抜け出て、「ヲシテ国学」にと、大目的に目覚めてもらうように導いてゆくのが、わたくしの大変な大きな仕事のひとつです。

記紀の原書ですよ!  この、大切さについて、ちゃんと理解して、真面目に取り組んでゆこう、と、の、仕事なのです。

オカルトまがいとは、全く違うのです。

そして「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の段階では、まったくの、貶め段階でしか過ぎないのです。足引っ張りの。

  

                 ・

誰が何と言って来ようとも、わたくしの、このスタンスの変わることは有り得ることが、有りようも無いです。何故ならば、松本善之助先生の壮々期の、立派な見定めの理念であるからです。松本善之助先生の、このおこころざしを受け継ぐとは、この事です。

壮々期のあと、松本善之助先生は、脳梗塞やら、大腸ガンやらで、大病をなさりましたので、壮期のおこころざしは、晩年には矛先が随分と丸くなってしまわれてたんですね。丸くなり過ぎた鉛筆では、直径1mmの点も指せなくて覆うっちゃう事になります。

わたくしも、脳梗塞にだけはならないようにと、

気を使ってます。 わたくしが、この、大切な線を崩したら「ヨイヨイ」になっちゃったとして、きちっとした志を継ぐ人が天命をもってバトンタッチして下さい。 ひとつの遺言です。

« 『カラス なぜ遊ぶ』杉田昭栄さん。カラスの事は、ヲシテ文献に多くの用例があります。  追記、キリ(桐)の花見の事。「タノシ、カナシ」の書軸の事。 | トップページ | どの時代に、どんなにひどい時代でも、「ト」と「ロ」の精神からです。    独創の解明、この、苦しみの路程のひとつの事。    藤原定家卿のお墓参りの事。冷泉貴実子先生の『花もみぢ』のこと。   九州の原発再稼働の案件に付きまして。   -追記- 批判的な対峙なのか?   わたくしたちの為しゆきて来た仕事を認めるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私文庫や秘蔵の文献のこと、その閲覧の許可の事など。:

« 『カラス なぜ遊ぶ』杉田昭栄さん。カラスの事は、ヲシテ文献に多くの用例があります。  追記、キリ(桐)の花見の事。「タノシ、カナシ」の書軸の事。 | トップページ | どの時代に、どんなにひどい時代でも、「ト」と「ロ」の精神からです。    独創の解明、この、苦しみの路程のひとつの事。    藤原定家卿のお墓参りの事。冷泉貴実子先生の『花もみぢ』のこと。   九州の原発再稼働の案件に付きまして。   -追記- 批判的な対峙なのか?   わたくしたちの為しゆきて来た仕事を認めるのか? »