2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『歯みがき革命!』吾妻 美夕紀さんのこと | トップページ | やわらかく、やさしく、ヲシテ(ホツマツタエなど、本当の国史)の事。  私たちの古い伝統の習俗の「かしはて(拍手)」の事。明治神宮から、お伊勢さん、クニトコタチさまの「お・ミヤ」の事。 »

2014年4月21日 (月)

『大言海』の出版記念の事。福沢諭吉のこと。 聖武天皇の和知野(和遅野)の行幸の事。

逸話は、知らない事が多いですね。

「日経新聞」に出ていました。

Genkai  

どうして政治家ばっかりが、序文を連ねてるんだろうか?

疑問が、一つ解けました。

そう言いますれば、

兄が、

土地の謂れの石碑を建てるんだと、

それで、

考古学の三重大の教授の名前のあとに、

私の名前を書き入れたいと、言ってきました。

即座に「それは、困ります。お断りします。私の名前は、絶対に書き入れないで下さい」と、断りました。

こちらは、

「ヲシテ国学」樹立に向けて、やってるのです。

考古学の人の、風下に、書かれたんじゃ、名折れもいいとこです。

断じて困りますね。

それで、

Watino

兄が、自分の名前だけにしました。

ちなみに、

わたくしは、父母が連れ子どうしの結婚で、その間の長男です。

で、兄は赤松家です。

               ・

『日本書紀』も『万葉集』も、原字原文の記載をすべきだと、ずいぶんと主張しといたんですが、

読み崩しにしちゃったのが、ひとつ、残念な事でした。 

 

 

 

 

« 『歯みがき革命!』吾妻 美夕紀さんのこと | トップページ | やわらかく、やさしく、ヲシテ(ホツマツタエなど、本当の国史)の事。  私たちの古い伝統の習俗の「かしはて(拍手)」の事。明治神宮から、お伊勢さん、クニトコタチさまの「お・ミヤ」の事。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『歯みがき革命!』吾妻 美夕紀さんのこと | トップページ | やわらかく、やさしく、ヲシテ(ホツマツタエなど、本当の国史)の事。  私たちの古い伝統の習俗の「かしはて(拍手)」の事。明治神宮から、お伊勢さん、クニトコタチさまの「お・ミヤ」の事。 »