2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『源氏物語』の絵の手鏡が久保惣美術館で重文指定になりました。重文指定の記念展の事。 | トップページ | 放射性ストロンチウムのこと。 防御の事、これに如かず。 これからが、本格汚染の時代です。  追記、前からストロンチウムもそこそこ出てました。隣国も、あぶないです。 »

2014年2月12日 (水)

ウタのこと。 こころのミソギの事。   八田真太さん『関西弁超訳 論語』のこと。

ヲシテ文字をちゃんと読みこなして、

ヲシテ時代の中期の文章もスラスラ読めるベベさん は、

31文字の和歌体のウタを、ちゃんと詠んでます。

それも、かなりの、良いランクです。

ヲシテ時代の基礎的文章が、身に入って来てるのでしょうね。

ここが、

大きな境目と言いますか、分水嶺ですね。

「ウタ」を、31文字のその「詩」を詠もうとする、ヲシテ時代の高貴への遡及の強いあこがれですね。  ここが肝心です。

ヲシテ時代の中期の文章を、ヲシテの文字の原字原文で読みこなせてたら、

やっぱり、31文字のウタを詠んでみたいと、

そういうような、気持ちになって当然だと思います。

わたくしも、

はじめは、下手でした。

女房も、お神輿が上がるまで、ウン十年です。どれだけ、お尻を叩きましたことでしたか? 先祖がどうのと、さんざん、言い訳を聞きました。 でも、こころのミソギですから、今、どうなのか?  です。なーんにも、先祖も、他人の事も、まったく一切合財関係ありませーん。

ウタ(和歌)は、詠んでたら、そのうちに、ビックリするように上達するもんですね。全く知らない外国語の習得でも、石の上にも3年で、丸暗記するような感じで取り組んだら、スパッと来ます。そのような事です。

四国の合田さんは、本当にお「ウタ」が上達為されました。公開してよいものかどうか? お聞きしてませんので、控えます。

自動車の運転と同じで、「ウタ」は慣れたら何でもない事です。

                 ・

でも、

どういうような構想で?  という、本来のウタを詠むところの、ぼやーっとしてのこと、そこにどういうふうに、紡いでゆくか?

思いのおもむきの所が、どうなのか?

ここが、最も重要になってきます。

            ・         ・

あんまり気にせずに、

31文字のウタに、思いを連ねることこそが、

これこそが、一番大事だと思います。

褒められようとか、そんな、アホな事思ってはいけません。

なぜならば、「ウタ」は、こころの、ミソギなんです。

Utanotane

                    <こころ お(を) あかす   ウタのミチ>

つらいこと、

悲しい事、

楽しい事、

それなどいろいろ、どう思い、どう考えたか?

その、おもいを、残すのが「ウタ」です。

自分のためのものです。

ひっそりと、信頼できる人にだけ、打ち明け知らせたらどうでしょうか?

実の所、

他人に、公表したくない「ウタ」も、

わたくしは多くありますね。 それは、秘事です。

 

             ・          ・

 

八田真太さんの『関西弁超訳 論語』(アールズ出版)は、面白いです。

座右に置いといても、時々見て、何だかホッとします。

China、Chinaと、この頃は思ったりしますが、孔子さんのように偉い人も居てたんですね。

Rongo1

Rongo2

読み易く作ってあります。ぜひ、お手元に一冊。

直訳レベルでは、やっぱり、孔子の気持ちも、心に届きませんね。余計に惑わすだけです。罪作りが直訳です。

原文読むか?   あるいは、「超訳」見るか?   ですね。 

« 『源氏物語』の絵の手鏡が久保惣美術館で重文指定になりました。重文指定の記念展の事。 | トップページ | 放射性ストロンチウムのこと。 防御の事、これに如かず。 これからが、本格汚染の時代です。  追記、前からストロンチウムもそこそこ出てました。隣国も、あぶないです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/54966572

この記事へのトラックバック一覧です: ウタのこと。 こころのミソギの事。   八田真太さん『関西弁超訳 論語』のこと。:

« 『源氏物語』の絵の手鏡が久保惣美術館で重文指定になりました。重文指定の記念展の事。 | トップページ | 放射性ストロンチウムのこと。 防御の事、これに如かず。 これからが、本格汚染の時代です。  追記、前からストロンチウムもそこそこ出てました。隣国も、あぶないです。 »