2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ソシアル・ダンスの事。 お茶の手習いの事。  富永仲基の「世界随心起」のこと。   小沢征爾さんの、ミチを求めての事。バーンスタイン先生の事。追記、「出る杭」か?「出過ぎた杭」か?    | トップページ | 解明が続々で、かなりゾクゾクで、エキサイティングしてます。高度内容の事項です。  発見の後は検証作業です。 »

2014年1月20日 (月)

将来の事、大きな構図に付きまして。「ヲシテ」の記紀の原書の位置とはどういうことを意味するのか。

私たちの取り組んでいます「ヲシテ文献」は、

記紀の原書として位置づけを根拠をもって確認できています。

『定本ホツマツタヱ』や『ホツマツタヱを読み解く』で、根拠の提示をしています。

国語の解明から『よみがえる日本語』も上梓してあります。

もはや、根拠はしっかりしています。揺るぎはありません。

さて、

今後の将来展望の事ですが、どうあるべきか?

Nannkyokuhyouzan_2

              <人工衛星のテラからの映像です。南極の氷山です。

               融解に関してのAFPの記事です。

               http://www.afpbb.com/articles/-/3006407 >

              ・

国立の研究所を、設置すべきですね。「ヲシテ」は記紀の原書であるから、当然の事です。

ナショナル・インスチチュート・オブ・ヲシテ でしょうか。

また、「国立ヲシテ大学」 、なども必要になります。

どうして? 既存の所に併存させるのが不適当なのか?

基本の学流が全く相容れないほどに食い違ってるからです。「ヲシテ国学」では、漢字など由来の外来思想を極力排除してゆきます。 ですが、既存の学流では漢字由来の語彙に変換してから考慮を進めるからです。根本の構図が根底から違うので、別建ての研究機関や教育機関の設立が必要です。

そこで養成したヲシテ専門家を既存の大学や、中等教育の方面にも派遣する必要があります。

ヲシテ学会も必要ですね。

 

         ・           ・

 

将来の展望はそのようなところになりますが、

ちゃんとした人がヲシテに関わってくることになりますから、

もう「直訳偽書の秀真伝」やってた人達は糾弾されてゆくことですね。

オカルト混ぜや、直訳本を出してたような人は、よほどの禊ぎが迫られますね。

 

            ・        ・

 

大きな展望に向かって、少しずつ歩みを進めてきております。

何時? ブレーク・スルーになってゆくのかは、予測も立ちません。ですが、考古学の発掘からヲシテ文字の文章が染められたキヌ(絹)布が発見されたら、明日にでも、ブレーク・スルーです。

                ・

着実な歩みには、もっと、読め切れてない語意の解明や、国語の解明や、ヲシテ時代の歴史の詳細な解明をもっともっとしなくてはなりません。そうでなくては、これ程の大きな文明を正しく見れてないのことになります。それでは、先人の偉人のお方々に対してまことに申し訳ないことです。

 

 

 

« ソシアル・ダンスの事。 お茶の手習いの事。  富永仲基の「世界随心起」のこと。   小沢征爾さんの、ミチを求めての事。バーンスタイン先生の事。追記、「出る杭」か?「出過ぎた杭」か?    | トップページ | 解明が続々で、かなりゾクゾクで、エキサイティングしてます。高度内容の事項です。  発見の後は検証作業です。 »

コメント

こんにちは。
寒さがきびしく、あまり明るいニュースもないような今日この頃ですが、ものすごく明るい未来への展望をおきかせいただき、生きる希望を強く持つことができました。
どうもありがとうございました。

 
 
       ・
 
あんまり早くにブレーク・スルーしちゃったら、こちらに陣容が整ってないので、あんまりにも対応が大変になってしまいます。
しっかりした人が、もうちょっと出て来てもえねば、初期対応だけでも応対しかねてしまいます。

 
まだ一杯、用意してやっておくモノが多く残ってます。今朝は、01:00から起き出して一生懸命やってましたら、さすがにヘトヘトで、目がチカチカ。くら寿司で元気を付けてきました。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソシアル・ダンスの事。 お茶の手習いの事。  富永仲基の「世界随心起」のこと。   小沢征爾さんの、ミチを求めての事。バーンスタイン先生の事。追記、「出る杭」か?「出過ぎた杭」か?    | トップページ | 解明が続々で、かなりゾクゾクで、エキサイティングしてます。高度内容の事項です。  発見の後は検証作業です。 »