2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 何でもいいから、広めりゃいい、とはちょっと違うと思います。 | トップページ | どういうように進めてきたか?  毎日、あれやこれやと、一つずつの発見を、日々に積み重ねてますです。  小沢征爾さんの話の続き »

2014年1月11日 (土)

目的のこと、と、時代性の事などに付きまして。「ヲシテ・フォント」の使い方に付きまして。    小沢征爾さんのお父さんの事。

ヲシテ・フォントを使いたいと、

そのご希望の人から、

 「 神道の「大祓詞」を ヲシテ文字で書いてみるという野望のために、
フォントを使わして頂けるとうれしく思います。 」

と言う目的で、ヲシテ・フォントを使いたいという理由でした。

                ・

随分違う話だと、目的がですね、それは大違いに違う話だと判断しました。

「ヲシテ国学」は、ヲシテ時代の中期、アマテルカミの頃の我が文明の高貴を主体に今に活かしてゆこうとするものです。もちろん、さらに、根底になっている初代クニトコタチさんの時代も含めてです。

ですから、時代が随分と降ってしまった

神道の「大祓詞」を ヲシテ文字で書いてみるという野望」とは、

全く相いれないものです。

さらに、「神道」の言葉自体に付きましても、漢字国字化時代以降に発生した概念です。http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-eaab.html「ヲシテ国学」からしましたら、「神道」こそが大いに変革して直してゆくべき対象です。 何故ならば、ヲシテ時代中期に、また、ヲシテ時代草期に遡りましたら、わたくしの提唱し始めました「縄文哲学」の概念にて再編されるべしであるためです。http://www.amazon.co.jp/%E7%B8%84%E6%96%87%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%82%92%E6%97%85%E3%81%99%E3%82%8B%E2%80%95%E3%83%9B%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%BF%E3%83%B1%E3%81%8C%E6%9B%B8%E3%81%8D%E7%9B%B4%E3%81%99%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%8F%B2-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E6%BA%80/dp/4885460980/ref=ntt_at_ep_dpi_9

すなわち、「大祓祝詞」は、漢字国字化時代以降の漢臭に染まりきったみすぼらしいもので、そんなものを、ヲシテで書いてどうするの? と、言う事に、なります。もはや、そんなシロモノは時代錯誤のどうしようもない変梃リン物以外の何物でもありません。

そんなけったいなものに、大切なヲシテ・フォントを使われたら、迷惑ですね。 進駐軍のペンキ塗りですね。

                 ・

さて、ヲシテ時代に遡る言葉だけに、ヲシテは使うのが、原則であるとは、ご理解いただけたと思います。

しかし、

例外もあります。

それは、現在に生きる私たちの名前の事です。

明治時代に現行の戸籍が作られまして、私たちの本名は漢字がベースになってます。幾らなんでも、自分の名前ぐらいはヲシテで書きたいものだと、それは、解る話です。

そこで、JISの第二基準にある音韻はヲシテ・フォントの文字を用意しました。でも、後世に発生した外二点濁点や、破裂音の記号につきましては、新しい時代性の雰囲気を表現しておきました。本来は、ヲシテ時代にあった音韻にのみ限っての「ヲシテ・フォント」が原則ですが、これから将来に活かしてゆくためには、JISの第二基準の音韻は網羅されるべきであると、この判断です。

             ・         ・

「ヲシテ国学」にきちっと向き合う真摯な姿勢があれば、どうぞ「ヲシテ・フォント」は使ってもらってうれしいことです。

でも、変梃リン・ペンキ塗りに使われたら、大迷惑ですので、この辺りの事情をよくお考え願います。「直訳偽書の秀真伝」の人にも、「ヲシテ・フォント」の使用を認めないのも、同じ理由です。

進駐軍は、床柱にもペンキを塗りたくって、「綺麗になっただろー」と自慢していたそうです。300万円もかけた床柱に、ペンキ! ほんとにもう! と、私は思いますですね。

  

  

                  ・

  

今朝の「日経新聞」の小沢征爾さんの「私の履歴書」で、

お父さんのお人柄が良く解りました。

ヨーロッパ留学へ、ラビット・スクーターをお父さんの同志の人が都合してくれたそうで、なお、分解修理のやり方も手取り足取り説明してくれたそうです。

こういう所に、ちゃんと出て顕われますね。のちの小沢征爾さんの活躍も、お父さんはじめ、祖先の余徳が普段は見えないけれどもとても大きくあっての事だと思います。

 

  ― 追記 ―

1月12日、

今朝の小沢征爾さん「私の履歴書」で、また、大笑いしました、人間、愉快じゃないといけませんですね。小沢征爾さんが多くの人から慕われる所以ですね。

座薬事件と言い、日本大使館逃げ出し事件と、アメリカ大使館での信任を得た経緯など、素っ頓狂さの愛されるお人柄ですね。

 

考えてみましたら、

わたくしも、いろいろ恵まれてた事はあっても、

かなりのところ、クロー人(苦労)だと思います。 それで、小沢征爾さんの話にいたく共感するのでしょうか? 苦労は、若いときに買ってでもせよと、昔からの言葉に聞きますですね。 実に、真実の事だと思います。若い時の苦労は、のち、何十年にもこやしになるタカラのモノだと、そのように思いますです。

« 何でもいいから、広めりゃいい、とはちょっと違うと思います。 | トップページ | どういうように進めてきたか?  毎日、あれやこれやと、一つずつの発見を、日々に積み重ねてますです。  小沢征爾さんの話の続き »

コメント

以前、ヌルデの件でいろいろと教えていただきました。
ヲシテ初心者のMimiです。小沢征爾さんの履歴書のことが掲載されていたので、「日経新聞」を読まれているのかなと思って。1月14日の「初めに言葉があった」に、「大切なことは、文字を持たなかった日本語に日本式の表記を与え、漢字を当てて、後の仮名になるものを創ることを考えた人がいたことだ」とありました。「古事記」を原点とした話なので仕方ないのでしょうが、ホツマ文献を知った今となっては「文字を持たなかった日本語」なんて驚きです。でも世の中の認識はそれが普通なのですね。
 ところで、各地に漢字を見て、そうとは読めない地名がたくさんありますよね。大阪の「百舌」(もず)とか千葉の「廿五里」(ついへいじ)とか。それらも、ヲシテ文字に無理矢理漢字を当てはめた結果なのでしょうか?

 
 
 
        ・
地名のルーツを調べるには、何処までその表記が遡れるか? そこを押さえねばなりません。『和名抄』にあるか? 国史にあるか? たとえば『続日本紀』にあったとか? そういうように、当該の地名が文献にどう遡れるか?
そこから、調査は始まります。
ある程度、漢字文献類を調べてから、ヲシテ文献にかかります。
「ホツマ」は大きな3文献のくくりのうちの、ひとつです。さらに言えば、「オキテ(常識的な解りきったこと)」のランクに属します。
最低限度理解すべしが「ホツマ」です。
もっと、深く深淵にして尊いものがあるのに、ほっとくのは、まずいでしょ!
「ホツマ」だけじゃ、ダメでしょ!  と、いって主張してます。
もっと、深く深淵にして尊いものがあるのに、ほっとくのは、まずいでしょ!わたくしは主張してます、だから、総称名としての「ヲシテ文献」です。ヲシテって言うのは、本当にすごいものなのですよ!
「ミカサ」やもっと尊い「カクのフミ(フトマニなど)」を、含めてこそ我が国のヲシテ時代、つまり、「縄文哲学」がはっきりわかるのですよ!
 
 まあ、
Bebeさんのように、真剣にヲシテに向き合って下さい。http://woshite-1nensei.doorblog.jp/

 
  

 
ありがとうございます。
そうですね。まだまだ入り口なのでつい安易にヲシテに結びつけちゃって。少しづつですが、きちんと理解していきたいと考えています。

 
 
 
池田先生、
またまた取り上げていただき教授です∑(❍ฺд❍ฺlll)
ありがとうございます。+゚(つз`o)゚+。

そんなに大したことないので、
誰でもそれ位は必ず到達出来ると思いますので、みなさん是非是非頑張っていただきたいです(((o(*゚▽゚*)o)))

MIMIさん、
はじめまして( ´ ▽ ` )ノ
横から失礼しま〜すo(^▽^)o

そういう疑問持つのって大切ですよねヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙
Bebeもいつも、そんなこと考えてます꒰#'ω`#꒱੭

Bebeはいつも疑問に思ったこと、
引っ込み思案で、
子供の頃からずっと長いこと、
疑問に持ち続けたりしてます꒰#'ω`#꒱੭

今も、「ホツマツタヱには、
鳥よく出てきて、キジやニハナブリ(鶺鴒)、スズメが出てくるけど、ツルは出てくるのかしら??鶴亀はいつから言われてるのかしら?」なんて話をしていて、
ホツマツタヱに出てくるのを楽しみにしていたところ、
池田先生のBlogで鶴も出てくると発見∑d(◐д◑´,,)
その部分に到達するのがますます楽しみになってきましきた+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

百舌、これも不思議ですね(*´∇`*)
モは100ですから、モズは鳴き声が沢山あるみたいでついたのかもですが、
これがスなのかツなのかも分かりませんし、ヲシテ時代にあったのかなぁ〜??呼び名は違ったのかな??
とか考えるのは楽しいですよね!!

案外、引っ込み思案だったBebe は、
直ぐに人に聞けなくて、
とことん調べて、
こうかな??とか一応の目安が出来た時に人に伺います(#^.^#)

直ぐに人に訊くのが悪いとは思いませんが、
自分で疑問を大切にし、自分で調べた事柄はもっともっとタカラ物になるからです( ´ ▽ ` )ノ

私も初心者なんですけど、
どうぞ宜しくお願いしま〜す( ´ ▽ ` )ノ

 
 
 
 
Bebeさんの言う通り。もっと、初心の人には親切にせねばなりません。
これまで、10ぺんも20ぺんにも溢れて、ひどかったことばかりが多かったので、ついつい、言い過ぎました、すみません。
頑張ってください。
成果のあかつきには、ちゃんと、良い評価させていただきます。

 
 
 
Bebeさんもありがとうございます。
ヲシテを勉強しようかなと思ったきっかけ、実はBebeさんのブログのおかげでもあるんです。世の中のことで、すごく心を打たれた内容があって。今まで自分が考えていたことなんだけれど最近は目をつぶって通り過ぎていたことにハッと気づいたというか、そんな感じで。漠然とした表現ですみませんが。同時に「何てすごい人なんだろう!」とも思いました。私は本は好きだけど、読むのも遅いし、本当にゆっくりペースですが勉強を進めていきたいと思います。私も原書にチャレンジしつつあるんですよ。とりかかる手順を間違えたかなと思うのですが、今、「よみがえる日本語」も読んでいてまさに感動の連続です。私は短絡的なところがあって、疑問があればすぐに聞いてしまうところがあります。もうちょっと自分の中で温めてから外に出すようにしてみますね!


 


「はやくおそきも こころあり(ミ1-3(10851))」
アマノコヤネさんの、深い深いお言葉です。
わたくしも、此の頃のことには、やっと読書のスピードも少しは速くなりましたが、
物分かりは断然に悪いほうでした。納得できるまで、頑張る方でした。小野田さんみたいなもんですね。
どうも、早分かりの人は結論を急ぎ過ぎる傾向があるのでしょうか。
ヲシテなんて、現代人にとって前人未到の分野ですから、答えなんてそうはその辺に転がっては居ません。
 
Bebeさんはクロー人さんですから、宝石(タマ、ホ15-10,13)に磨かれたんですね、きっと。
わたくしの苦労は大したことありませんから。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でもいいから、広めりゃいい、とはちょっと違うと思います。 | トップページ | どういうように進めてきたか?  毎日、あれやこれやと、一つずつの発見を、日々に積み重ねてますです。  小沢征爾さんの話の続き »