2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013年3月 2日 (土)

ウトウのこと、忙しいので映像を有り難く拝見のこと。

ウトウ・ヤスカタのこと、

Utou

常に気になってます。

「ウトウ」の、その、本当は、どんな鳴き声か?

何十年来に、聞きたいと、希望がいつもいつも在りました。

近世の文献類には「悲しい鳴き声である」と、ヲシテ文献時代の通りに、読み取れていましたが、

その、ホントの真価は如何(いか)ほどか?  です。

ヲシテ時代の中期の当時には、青森にもウトウが生息していたと思われます。

それでの、『ホツマツタヱ』28アヤの出典ですからね。

やっぱりひと目、見てみたいものです。 どうしてものことですね。

どんな声なんだろうかな?

その機会を得ずに居ましたが、最近は有り難いことです。

ユー・チューブで見れます。

本当に、可哀想な鳴き声にもちゃんと聞こえますですね。

折角にくわえてきた小魚を、横取りされたり、大変です。

何回も、何回も聞きますと、

その、悲しくも壮絶な、あれこれ・あれこれの思いも想起されてきますですね。

ホツマ7アヤに、主な記述があります。

http://www.youtube.com/watch?v=7GPOggcYIXo

http://www.youtube.com/watch?v=P7MdUq8NoX0

とは申しましても、

 一度ぐらいは、

本当は実感したいものですね、  と 思います。

松本善之助先生からも、きちっと、根拠を定めて提示するようにと、

きつく、きつくに、ご指導を戴いていました。

それは、今になりまして、ようやく実感する所で御座います。

このような事々が、ご指導の一つ一つの賜物なのだと、今になりましてようやく理解に及ぶような…、 40年前は如何に程度が低かったかと、自責の念にもかられます。  が、ノーテンキなわたくしは、すぐに「アハハ」と忘れて次の仕事にと向かってゆきます。

              ・

わたくしも「ウトウ」がどうして悲しいのか?

その理由を理解したいと念願していました。  です。

ヤスカタの用例は下記のとおりです。

Yasukata

此れにも、そも、於いても同様ですが、

ヒトとトリ(鳥)との関り合いは、縄文時代の早期・前期からの、長い長いお付き合いなのですね。

まだまだ、未知で分かり得ないでいた重要なの事々がたくさんあると思っています。

未発見で、新発見になる写本の、さらなる、発見こそが、

これこそ、求められるべきところと、

この様に思います所で御座います。

本当に、漢字国字化時代にあやめられた、本来の我が国の芯の尊きことを取り戻さねばならないと、 そのように、考えております。

 

 

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年3月 1日 (金)

女房のウタのこと。 ウー・クイスのこと。 (ウグイスの初鳴き)

校了に近くなりますと、ソワソワとか?

言わば、纏(まと)めての表現でしたら、情緒不安定になります。

あれこれあれこれ、あーでもないこーでもない、と、思い悩むわけです。

         ・

ウンウン唸ってましたら、

女房がウタの直しを、と言って来ました。

へー、? ウタの直しを乞われるようになったものか?

そして、

   ふとみれば ふきのとうこそ

   春の雨  はるかウグイス

   ういに鳴くとて

 と、ほんの一文字直しをしました。

でも、直しは、ちょっとした表現の技巧上のことだけです。

感性を、それを、

ちゃんと、解るようになって、ウタを詠(よ)みたいと、

それが、とにかく嬉しいことです。

           ・      ・

今年の初音のウー・クイス(ウグイス)は、

とっても可愛い鳴き声でした、

4~5日前から、やっと始まりました。

微笑ましいでした。

もう2週間もすれば、けっこう一人前の鳴き声になるのでしょう、ね。

それも、たのしみです。

             ・

「ウタのなおし」は、ウネビネの所に在りました。

正確には「ウネヒネ」と読むべきでしょうか?

そうだと、耳にどうもピンと来ない恐れがあります。

濁音のこと、どうするか? これも思い悩みの事です。

Utanonaosi

思惑を込めた場合もありました。

女房の場合は、純粋に「直し」だけでした。

 

 

 

 

 

            ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月25日 (月)

現代語への直訳文を見てどうのこうのと言うのは、筋違いのこと。  大いなる過ちの、その根源のこと。

耳タコのことですけれど、何回言っても、世間に認知されにくいので、

また言わざるを得ません。

             ・

直訳文を見てどうのこうのと言うのは、

筋違いの事についてです

漢字かな混じりの直訳文は、

既に、現代語がいっぱいの組成比で構成されています。

それが、ヲシテ時代語への意訳ではなくて、近世語や現代語に直訳だから不都合千万なのです。「ねずみ男」と呼ぶ所以です。

過去、印刷に掛かっただけでも「鳥居・秀真伝」や「吾郷・秀真伝」また「鏑・秀真伝」などなどなど、ゴミどものいろいろ、

金華山なんて、江戸時代から流行(はや)った場所、「言霊」なんて江戸時代に流行った概念に当てるなんぞの事事です。根本的な大間違いをやってても「完訳」だ! なーんて、言っちゃってる「ねずみ男」。

数多(あまた)に偽書製造が為されてきました。さらにもっと低レベルのモノは、他にもたくさんたくさんあります。どうして低レベルかと言うと、投資・出費も掛けてないから、公(おおや)けのランクが低いからです。形はどうであれ、その内容は、レベルを共有してます。すべてがすべて、全部が全部、十把一絡げでどうしようもないものばかりです。

現代語直訳や、江戸時代語への単なる直訳だと、偽書製造だからです。

ヲシテの原文で読むと、折角の、本当に美しい真書なのに、直訳にして偽書に貶(おとし)めてしまって、偽書作り。

それから、どうのこうのと、議論しても、直訳偽書にと既にねずみ男に齧(かじ)られちゃって、すでに土台が狂ってますから、どうしようもないのです。

ねずみ男が悪さをしてのことです。ようやく広まってきた鬼太郎のイメージをパクって、インチキ・オモチャを売りまくって、クレームが殺到した事象と重なります。

それは、やり口が、ハナから間違った道筋なのですね。

取り組みの仕方の、根本的な間違いです。

           ・       ・

アマテルカミのご使用なさっておられた文字を、文章の様式を無視しては、本来の尊さに行き着く事の出来るわけがありません。

原著作者の使用していた文字を読めないで… ?  ですものね。

どうかしてると思います。

ハナから、Chinaに色メガネを掛けさせられたまま、の、そんな事なのですよ! 私などは、尖閣で思いを新たにしてます所です。そんな事、直訳なぞをやるのは、回し者か? と思っちゃいますね。的屋六兵衛も、ハリスのスパイでは? と、茶坊主が言ってるそうです。 (「日経新聞」の「黒書院の六兵衛」の的屋六兵衛http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post.html)

ヲシテ文字、ヲシテ文献の文体・文章、そして、当時の語彙をきちっと遡及して理解してゆくこと、その上にたって、初めてマトモの議論に成り得ます。

つまり、ヲシテ文字も読めない、ヲシテ文献の文章も読めない、… … 、では、始めっから論外だということです。

「ねずみ男」の作った直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」などの酷い最低のものを根拠にして、云々と、論を展開するのは全くのお門違いも甚だしい限りです。

China語風に翻訳してからどうのこうのと言うのは、おかしい、と言うわけですね。千年来、我が国の尊さがかなり変に染められてきちゃってたのです。

これを直さねばならないのです。

       ・       ・       ・  

そう言うことなのです、

根本的な直しの作業ですから、

何方様(どなたさま)であられましても、入門なさるに付きましては

王道は、近道は、抜け道は、此れらは一切に於きまして有りません。

  1、 ヲシテ文字の読み書き

  2、 ヲシテ文献の素読・暗唱(1~7アヤまでは必須)

  3、 ヲシテ時代の原文の読み書き

これは、現代に生きる私達には、どうしても必須なのです。

  本当に、どのようなお方さまであられましても、上記の3項目は変わることは一切におきましてあり得ません。

ヲシテ文献への入門は、これほど極めて困難なのです。

             ・

さて、

大体のところ、ヲシテ文献の文章が読めてきたら、

次には、漢字文献類との対比比較のこと、その評価を自分自身で判定をしていってもらうことが必要です。記紀との対比比較の、その、評価をしてゆくことです。

ご自分自身の判断で、漢字文献類との決別を、きちっとして頂く必要があるのです。

『古事記』はおかしい、という、認識ですね。

これが、はっきりと理解されて来ましたら、そこそこです。評価を致します。

とにかく、大変に粘り強い根気と、極めて強い祖国愛によらねば成し得ないことだと思います。

ただ、思いますと、

こんなに大きな仕事が、

眼の前にあることは、とっても、千載一遇の事でもあります。

それだけに、困難の事の大きさは、想像にまさるほどの凄まじいものであるわけです。

                ・

また、

ヲシテ時代の文章には、

何重にも意味を掛けて込めて綴(つづ)られています。 

例えば、藤の蔓(つる)を言う「フシ」と、藤の花を言う「フチ」の使い方です。

「添意」と名付けてます。こころを添える表現方法です。ジャズなんかのアドリブに似ています。下記に詳しく記しています。

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/page9.htm

直訳したら、添意もちょん切りになるのです。

ちょっと分り易いからと、直訳のうす汚い偽書を振り撒(ま)く、

ねずみ男の「甘言(かんげん)」に騙(だま)されてはなりません。

ちょっと見の、綺麗さ、

ぶら下げの肩書き、などに騙されてはなりません。

「七年見よ」と、勝海舟は言っていました。箴言だと思います。

              ・

わたくしは、逃げません。

筋を通しての「諫言(かんげん)」を、常に諭(さと)し述べます。

               ・          ・

過去におきまして、

私の反省としまして、

ねずみ男の目を覚まさせたいものだと、

思い込んでいたのが私の大いなる過ちだったと、思いを新たにしました。

ゲゲゲの鬼太郎も、吹っ切れる時を得てこそかもしれません。

千年来に解らない人には、やっぱり、わからないようです。

此処の敷居のことです、

どう越えて来られるのかどうか?  です。

 

 

 

  

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »