2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013年2月20日 (水)

水尾神社の修理の竣工のこと。 もう、修理の竣工だとのことです。   ドナルド・リチーさんを悼んで。   『よみがえる日本語』の増刷のこと。

去年の1月に、大修理をするから、

と、

水尾神社から、お便りが来ました。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-4418.html

もう、一年になりますか。

早いものです。

Ume4

   <ウメ(ヲシテ時代はムメ)が咲いたのは、

                 河口湖と比べて早いそうでした。

                  今日のあけぼのはピンク色でした>            

Photo   

         <ムメの用例です。

           検索リストですから、違う語彙も混ざってます>        

Mume

            ・  

昨年の暮れから、

新発見で大発見の『ミカサフミ』に没頭していましたので、

月日の流れるのを忘れていました。

            ・

重要な神社の水尾神社、

 やっと修理完成の

竣工のお祝いにと、こちらにも、上がりたいものです。

ご案内を頂きました。

しかし、今、わたくしは、

『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の事、上梓に向けて最後のひと踏ん張りに、

その期日までに終わるかどうか?

あと数日、様子を見てから、判断を致したいと思います。

水尾神社は、とても重要なところです。

出来れば、ぜひ、是非とも参列したいです。

とは言え、

喫緊の、

『ミカサフミ アワウタのアヤ』の書籍の上梓に関わる細かい詰めは、さらに息せき切って重要な所です。もう、目がショボショボです。

目処がつくと良いですが…  。

               ・

印刷屋さんが、とっても良いので、

上手くゆくような流れにはあると思います。

不確かなことは、極力抑えて考えての事々です。

だいたいは、7割ぐらいの成否において、参列できそうに思っています。

          ・         ・

なお、ドナルド・リチーさんがお亡くなりだと聞きました。

ご冥福をお祈り致します。

かつて、

「ジャパン・タイムス」に紹介記事を書いて下さいましたことを思い出します。

Mr_donald_richie

                                                            「THA JAPAN TIMES」 MAY20,1997

多くのお方々様の、ご支援を賜りましてのこと、

改めて深く感謝を致して居ります。

さらに、重々、その尊きご期待に沿わねばならないと、

こころを新たに致しております。

               ・

『よみがえる日本語』の増刷が届きました。

初版は、もうすぐ無くなります。

3年ほどで初版の完売は、有り難いことでございます。

今は、1500部程度の刷数ですので、どうしても、高価な価格設定になってしまいます。でも、その価値をお認め下さいましてのこと、長く歴史に残ると思います。

次期の、国語の縄文遡及編の各論篇を、

やってゆかねばならない、のです。

なかなか難しく、難航です。

それだけに、我が国の国語の根幹は難しいということです。

今回発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』で、新展開にかなり、理解が進みました。開明的な革命の事項だと思います。

さらに、考慮・熟考の歳月が必要に思います。

今回発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』は、我が国の漢字以前の歴史・国語を考えなおす上に於いての、大きな転換点だと言う事だと思います。

何しろ、根幹の所の理解が、随分と変わるからです。

 

  

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »