2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年11月20日 (水)

語彙分析の事。

何を悩んでやってるのか? 日夜。

理解を得るのは難しいことです。

今、取り組んでますのが、「カミ」の言葉の詳しい語意変化の事です。

漢字の「神」の本来は見えない働きを言いますので、実体性の濃厚な意味の言葉に「神」を当てると誤訳になります。後世の「国司」に相当する「クニカミ」の「カミ」は、いわば「ツカサ(長官、知事)」のようなものなので、「神」の漢字には当てたらおかしいです。また、アマカミ(神武以前の時代での天皇陛下)の「カミ」もそうですし、崩御なさった後に祖先の偉人についても同様にて、実体のある人物のこと、「神」の漢字に当て付けはそぐわしいものではありません。

漢字国字化されてより、飛鳥・奈良朝ごろに漢訳された文章に大きな誤訳がなされたわけでして、それを、正そうというのが、本当の国学への立学の本志です。つまり、「 ヲシテ 国学 」です。

でも、ヲシテ文献に見る「カミ」の言葉に既に多くの意味合いが歴史的進展とともに内在してます。その詳しいことを縦て横こ(経て・緯こ)の糸に分けて精査してゆかねばなりません。

ズッーット、難しいことにトライし続けています。

2日ほど考え悩んでましたのが、「ヱトカミ」の語でした。

Yetokami

「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の「ト」と「ヱ」の事を言う用例ですが、実体ある先祖の偉人ととるか? 宇宙の中心から天空を伝っての目に見えない働きを言うのか?

そこには、「なつらえて(なそらえ、準え)」の事があるので難しいのです。

Nasorae

2代アマカミのクニサツチさんは実体のある、アマカミ(神武以前の天皇陛下)です。「ヱ」のミコトの後を受け継いで、弟の「ト」のミコトがアマカミに即位なさいます。そのあとも、「ヱ」と「ト」の子孫が代わる代わるに世を継ぎアマカミに即位なさいました。

この2代目クニサツチさんの「ヱ」と「ト」のミコトでしたら、実体あるアマカミとして認識すべきです。ですから漢字の「神」の語に当て付けは誤訳になります。

Syusinden51

ところが、「なつらえて(なそらえ、準え)」のことで、ナカクタ(天の川、ミルキークィーン、銀河)と季節変化の象徴として昔から「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」を例えてあるのです。この意味での「ト」と「ヱ」は見えない働きの事を指しますから漢字の「神」に当て付けしても大きな違和感はありません。が、働き方の意味合いが漢訳の「神」じゃ抜けちゃうので、やっぱりまずいことは間違いないです。

ヲシテ文献にある同じ「カミ」の言葉でも、意味合いが大きく違っているものが混然としてます。それを、詳しく分類してゆこうとしてます。そうすると、思想発展の筋道もわかります。

「なつらえて(なそらえ、準え)」の用例は、以下の通りです。

Naturae2

Nasorae2

「なつらえ」が4例、「なそらえ」が2例です。

 

             ・          ・

 

Yetokami_2

『ミカサ フミ』のこの「ヱトのカミ」の左端の958は用例のリスト番号です。ヲシテ文献中に「カミ」の言葉は優に1000例を超えてます。他にも周辺語の「シモ」や「ウエ」「シタ」、「モト」「スエ」なんかも調べて考えてます。そう言うことで、日夜あれこれあれこれやってます。

地道な考究から少しづつ真実の光は出てくるものなのですね。

                  ・

今こんな感じです。

パソコンがあって、本当にさまさまです。

Kami7

我が国の、国史を、

どう立て直してゆくか?

の、  その事ですから、

長い長い道のりであることだと思います。 すでにして、漢字国字化時代のその実行されてしまった、この以降でも、さらに本当に長い年月を経て来っております。

長ーい話ですね。  ホントに。

  

       ・      〇      ・

  

ですので、大文明たる我が国は、

相当の試練にも、

未来耐え抜いての事だと思います。

其処に、幾ばくかの力を添え得れば、  ですね。

小さきところの、最小限にはです。

2013年11月17日 (日)

新興宗教じゃなくて、「縄文哲学」ですと説明してます。  思想的な格闘家の事。

興味を持たれた方から、「新興宗教じゃありませんよね」と、

よく聞かれます。

とんでもないことで、ヲシテ時代の盛んな時代の中期の、

アマテルカミのご活躍の頃は、特に哲学なのですね。

宗教じゃなくて哲学を!  なのです。

アマテルカミは、

合理的にどうやってゆくか。 宗教をどうやって凌駕できるか?  に、とことんご苦心をなさっておられたのでした。

Sizennsinnnitaisite

              <『縄文人のこころを旅する』からの引用です>

それは、もっと古くに遡って見てみますと、初代のクニトコタチさんの我が国の建国の当初からの伝統でした。考古学の時代区分で言うと縄文時代の前期の頃です。

だから、我が国はすごいんです!

だからなんです。 

最も大切なポイントが、本当に、この一点、

  此処なのです。哲学にあったのです。文明の根拠が!

「あ・い・う・え・お」の母音が5要素だったでしょう?

      実に「縄文哲学」のそのものです。オカルトじゃないのです。原理なんです!

わたくしは、其処の大光量の文明に光を求めています。

ですから、つまるところは、「脱・宗教」がわたくしのスタンスです。クニトコタチさんやアマテルカミに傾倒しているからです、 ね。

中日文化センターでの連続講義の最終回には、宗教と哲学のその考え方についての論究になります。『縄文人のこころを旅する』に、記して訴えようとしましたのは、実に宗教ではなくて哲学なのですよ、これからの世界に最も必要なのは。

と、言うメッセージです。

いま世界を見ても、ますます、この感慨に思う事しきりだと、そのようには思われませんでしょうか? 世界各地の混乱のはなはだしい事、どうやって落ち着かせ得るのか? キーは、我が国の「縄文哲学」にこそ、これしか有り得ないと、わたくしは、さらに更に思います。

現代人に解りやすい言葉として「縄文哲学」を唱えだしましたのが『縄文人のこころを旅する』の書籍からだったか? とも思います。

ヲシテ時代の草期から中期にかけての精神的な感覚は、現代人に解りやすく説明する言葉として「縄文哲学」がフィットするようなと、考案しましたのです。

ヲシテ文献の発見・研究に伴って生じる多くの新概念を、どう表現していったら良いものか? それで、新造語を創作してます。現代的な新造語には、いやいやながらも漢字は使い勝手が良いです。便利ですね。いわば、あばたも笑窪(えくぼ)の事でしょうかね。本心では「やまと ことは」での新造語を創作してゆきたいのですが、  ね。 情報の受け手との関係もありますので、難しいところです。千年以上も漢字を国字として使ってきていた歴史があります。千年来にもわたる歴史は長いです。

日本人にはそう言うことで「縄文哲学」の提唱で良いと思います。

周辺諸国など民度の比較的に低い場合は、宗教なども必要かも知れませんですね。

 

  

ヲシテに目覚めての事で、

『よみがえる日本語』 でも、突拍子もないほどの多くの新造語を創作しました。国語の縄文時代への遡及も、とっても大切な仕事です。

国語を直してゆくにはまだまだ100倍のそれ以上のやるべきことが残ってます。次代に託せざるを得ないのでしょうか?

 

                    ・

 

本式のヲシテ時代への遡及・考究は、

まだまだ、

哲学の巨人のアマテルカミのおこころに、もっともっと肉薄すべく、さらにさらに日夜格闘をしてます。まだまだ、アマテルカミのおこころの幾分にかは達して理解し得たとは思いますが、まだまだです。 もっともっと、やらねばならないと、一生懸命やってます。この意味で、わたくしは、思想的な格闘家と、そのようなところでしょうか。

とっても奥深いので、アマテルカミのお心の事です。本当に難しいです。

« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »