2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月3日 - 2013年11月9日 | トップページ | 2013年11月17日 - 2013年11月23日 »

2013年11月14日 (木)

お火焚きのこと。 お花のこと『仙伝抄』。 ヌルテ(白膠木)の事、厩戸皇子(聖徳太子)についての不思議のこと。  ショウロのこと。

急に寒くなりました。

あれこれ忙しいこともあり、今年はうちのニワ(庭)でヌルテ(白膠木)を焚(た)きました。去年に切って乾かしてました。

Kanatuki1

ヌルテは、勢い良く燃えてのパチパチです。

一緒に燃やしたクワの枝とは、大違いでした。ヌルテは違います。

油分を多く蓄えてるのがヌルテですね。それで、ニスになる膠(にかわ)の意味の白膠木(しろ にかわ、素のにかわ)と漢字が当てられてのこと、「やまと ことは」では木材保護のニス(ヌルデ ウルシ)を塗る意味の「ヌリ テ」の名前ですね。

「ヌル テ」を焚く意味は、ヒトの身体の保護にと、

そういう意義になるのでしょうか?

焚いた炎の香りが身体に残ってます。

Nurute

寒くなってきた、カナツキ(カンナ、旧暦10月)に、

ヌルテを焚いて「モチヰ(しとぎモチ)」を施して、寒さ除(よ)けの病い払いをしたのがオホナムチだったのでした。

Kanatuki

  その伝統を受け継いでか、今、現在に京都では、新暦(西暦)11月に入ったら、京都盆地のあちこちでお火焚きがおこなわれています。

近々では、お粥の振る舞いの事が多いです。

http://www.e-kyoto.net/saiji2/610

Kanatuki2

ニワでの事で、うちもお粥にしました。 味付けは、シオ(塩)のひとつまみです。

温まりました。

「カミアリ」の用例を掲げます。

Kamiari

           ・      ・

サクラのモミチ(紅葉)も映えてきました。季節は、フユ(冬)です ね。

Sakuramomiti

               ・                  

トクサのボンボンが、揺れると胞子をたくさん振り撒きます。曲げられても曲がっても、トクサは、お元気ちゃんです。 

Kaki

      ツキのコも 強くおよびて

      トクサ穂の タネはけむりと

      カンナ ソヒ(11)のカ(日)

カキの自生種でしょうか? 甘くて美味しいです。直径は4cmほど。

              ・

それが、20年来毎日通ってる道の脇にあったのに、自生種のカキらしきを、なんと、今年になって初めて発見しました。モミチ(紅葉)の出具合も極めて繊細で複雑でうつくしいです。  花器は女房の作です。

気が付かないこととは、こんな事なのですね。 そんな事なのです。

Kaki3

               ・

ヲシテ文献研究では、

毎日毎日あれこれとなく、新しい考え方など発見の夜に昼にです。

           ・          ・

お火焚きで気になりました。

ヌルテの事で、思い出して気になりますのが、厩戸皇子(うまやどのみこ、聖徳太子)のヌルデ(白膠木)の話です。秋7月(西暦での9月ごろ)ですから、真っ赤な紅葉にはまだ至ってない頃です。

動乱の時代、崇峻天皇さんの即位前紀『日本書紀』の岩波版から引用します。

Nurute2

厩戸皇子のヌルテの事、何の意味だか?  まだ良く解らないでいます。

       ・       ・       ・

解らない事だらけです。

         

ビワのハナは、別物にて香り良くって、よく咲いてます。

Biwa2_2

ビワのハナの香りは、本当に良い匂いです。ハナ(鼻)もすうっとするような。

今抱えてる難問が、ちょっと、通ったような、

これが、ヨシ(OK)なら、スキッとするところです。

検証にまだまだ費やさねばなりません。

                 ・

タケのアオ ハ(青葉)の群がりが美しいです。Takemura

                  ・

お花のこと、

『群書類従』に『仙伝抄』が収録されてます。正編の19輯です。

序破急の事など、参考になります。お時間のある時など、ご覧下さい。

Sendenshou1

Sendenshou2

              ・           ・

ひょっとして、ショウロがあるかも?

で、

海岸を散策しました。

Syouro1

さわやかです。

Shouro2

完全防備で、ショウロ探索でした。

珍品は、そうは、容易く見つかる筈もありませんですね。

楽しみは来春の3月ごろか、 と    。

« 2013年11月3日 - 2013年11月9日 | トップページ | 2013年11月17日 - 2013年11月23日 »