2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »

2013年8月15日 (木)

「アキツ」のこと、トンボじゃないですね。 『日本書紀』の誤訳からの話です。  残暑も、もう少しです。

女房がウタを詠むのに、トンボの事を「アキツ」と言ってたのか?

と、聞いて来ました。

複雑なところなので、説明しとかないと分かりませんですね。

『日本書紀』の漢字訳での大誤訳の個所のことです。

明らかに治まるの「アキツ」の意味を、トンボの交接して飛んでるに、貶め漢訳やっつけられた個所です。

Akitu2

                  <『定本ホツマツタヱ』から引用>

カンヤマトイワハレヒト(神武天皇)が、晩年になられて、

ワキカミ(奈良県御所市掖上)のホホマのオカに登られての国見のところです。

「アナニヱヤ ヱツハウツユフ

 マサキクニ カタチアキツノ

 トナメセル コレアキツシマ」

の件(くだ)りが、

姸哉乎國之獲矣姸哉、此云鞅奈珥夜。雖內木錦之眞迮國、猶如蜻蛉之臀呫焉。由是、始有秋津洲之號也。昔伊弉諾尊目此國曰」

と、漢訳された訳でした。 勿論いつものように『古事記』は一行も訳さずズボッと翻訳カットの個所でした。今更ながらにも『古事記』信奉者の頭の中身を見てみたいものですね。

『古事記』のように完全に全文翻訳削除もヒドイですが、

『日本書紀』の、漢訳しても大誤訳じゃしょうがないのでした。

どっちもヒドイとしか、言いようがありませんですね。

『日本書紀』など、

漢字で書いてると何だかちょっと良さそうにも見えちゃいますが、

よく見ると、ヒドイもんなんですね。

此処が、ヤラレの端緒です。

最も重要な個所の「トナメセル」の意味は、「トのヲシヱ」に拠って統治せる、

なのですが、

『日本書紀』での漢訳文は「蜻蛉之臀呫」、「トンボが尻を舐めて(交接)」に変えちゃってるわけです。

こんなヒドイのを、誤訳と言わないでどうしましょうか?

酷くてヒドくて、表現のしようもありませんです。

縄文哲学に裏打ちされて、我が国家の建国の理念の「トのヲシヱ」の大精神に再び依拠して政(まつりごと)をおこなって、国家再建を果たした。

の、意味合いが、

どうして?

「トンボが尻を舐めて(交接)」いるのに似ている。 になっちゃうのでしょうか?

貶めの誤訳も甚だしいと

此処が、わたくしの指摘しまする個所です。

幾ら何だって、こんな大誤訳はヒドイでしょう!  です。

                     ・

そうなんですね、

『古事記』はヤッタラ削除しまくりで、

『日本書紀』はちょっとはマシでも、誤訳にかけては『古事記』と同類項なのでした。

皆々様、漢字文献のChinaまぶし低俗劣化のひどさのこと、

よくよくごろうじられて、イマ現在にもヒドイことですものね。

よくよくお考えになられて下さいませ。

            ・            ・

トンボのこと「アキツ」と、言ってたのでしょう?

そう聞かれますと、

その当て付けについては、どうしても避けたい個所です。

と、言うのが私の立場です。

このわたくしの判断を、

みなさまは、頑(かたく)なだと、そう思われますのでしょうか?

 

                  ・

我が国の真実に戻す石据えは、漢字誤訳からの、

ひとつひとつの脱却しか無いと思います。

「トのヲシヱ」は、ヲシテ文字で考えなくては、

スキっとしません。

すべて、ヲシテ時代の事柄は、ヲシテ文字の復活からです。

どんなに大変でも、わたくしは節を曲げません。

アマテルカミのおこころに、逆らうわけにはゆかないからです。

ゆくゆくは、

小学校の先生や、中学・高校の先生には、

トンボと「アキツ」の、この違いを解ってもらう必要があります。

さて、さて、

この、大きな山道を、どうしたら良いのでしょうか?

 

         ・          ・

さて、

結局のところ、

女房のウタは、「きせわた」を詠みましたようです。この言葉なら平安頃にもあります。

あと、ふた月ほど後の旧暦9月9日のキク(菊)の香りをワタに染ませての行事です。今、旧暦での7月の上のユミハリ(上弦)をちょっと過ぎた所です。残暑はまだきびしいですね。とは言え、旧暦9月の声を聞けば、肌寒くてセーターも探すようです。

「きせわた」の事、ホントは、ヲシテ時代の「チリワタコ」なんですけどね。

H25030

左が、女房です。

また、左の勝ちでしょうか。

チリワタコは『カクのフミ』の「トシウチニナスコトのアヤ」にあります。

Tiriwatako

『ミカサフミ』には「ココノミハ」の名称です。

Kiku2

平安寺時代語程度しかわからない所では、

「きせわた」しかしょうがないですね。

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »