2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »

2013年6月26日 (水)

中日文化センターの講座のこと、7月から半年間です。「縄文人のこころを旅する 「ホツマツタヱ」を読み解く」

- 6月21日、追記 -

お申し込み23人になったとの事でした。

有り難う御座います。

準備にかかります。

Hinokinomi

           <ヒノキのミです。

            ニニキネさんは、ヒノキのタネ、

            スギのタネを植えるようにと、

            おっしゃいました>

Hisugi

 

               ・

講座を開いてみては?   と、お誘いがありました。

ご担当の方が、真面目そうでしたので、一度、試みることにしました。

何が真面目だと言うかは、それは、ただ一点です。

記紀の原書である、このこと、最大の要点に思いの至ることです。

つまり、記紀原書としての位置づけを、解ってからの話なのか? 真書としての認識があるのかどうか?

そうではなくて、偽書の神代文字と同列認識なのかどうか?  の差のことです。

2

pdf woshite.com/tyuunitibunnka1

受け付けは、5月29日(2013)からと、いうことでした。

http://www.chunichi-culture.com/mgcgi/mgrqcgi.cgi?APPNAME=BunWeb&PRGNAME=kouza_shin_02

Tyuunibunnkasennta_2

偽書に、間違われ易かったのが、

40年来のことでした。中日文化センターさんの表現も、うまく、修正して頂けました。偽書に貶められやすいので、わたくしは気を使ってます。

記紀の原書ですよ、 と言う事が、

なかなか、真実に解ってもらい難いので難渋してます。

なぜ? そうなのか?

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」の跋扈も原因してます。

また、現代研究の開始からの初期は、解明作業も未だしの所もありました。

でも、『ホツマ辞典』『定本ホツマツタヱ』『ホツマツタヱを読み解く』、さらに『よみがえる日本語』の刊行の後には、

Chinaかぶれや、インドかぶれの、抵抗勢力はもう、拠るべき根拠はひとつとして無いわけですね。

そんな迷妄の人々の事は、過去のものとして置いときましょう。

Photo_2   

pdf woshite.com/tyuunitibunnka2

特に難しい、新発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の事など、

我が国の縄文時代からの長い本来の伝統について、

いわゆる「縄文哲学」の深い内容にも、

最終回の12月に至るまで、じっくりと説明して、書籍だけでは分かり難い面も、

ご案内出来れば良いかと思っています。

我が国のこと、

これからどうやってゆくか? 縄文建国にまで、腰を据えての見直しを、

きちっとやってゆかねばならない、と、考えております。

                ・

ジューンベリーの実が色付いてました。

Photo

   

  

  - 追記 -

募集の日程が近付いて来ましたので、

再掲いたします。

   

 - 6月4日 追記 -

おかげさま! もう既に、11名のお申し込みがありました。

最少挙行人数に達しました。有難う御座います。

開講のこと開催OKになりましたです。

中日文化センターさんからの開講の話を伺いました最初の際、果たして最少挙行のお申し込みがあるのかどうか?

 と、気を揉んで心配しておりました。

時代の流れなのでしょうかね?

本当の、この尊いわが大文明のこと、

その真相についての、真摯な求めの気持ちですね。

  

  

2013年6月25日 (火)

メールが消えてました。 6月20日から、6月24日まで。

なぜか?

メールの不具合でした。

6月20日~6月24日までの間は、

迷惑メールも入ってませんでした。

全部が消えていたようでした。

今、復旧したようです。

恐れ入りますが、

この間のメールは再送信願いたく存じます。

        ・      ・

メールのオカシイ際は、コメント欄に記入して下さい。

手紙やハガキが信頼性のことなど、優れていますね。

           ・

開封の確認メッセージを、

要求するような設定に、変更しました。

メール着の確認が可能になるようです。

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »