2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 漢字の悪癖の除染を志してからのこと。『古事記』除染をどうするか?  松本先生の「手紙」の書き方のご教示のこと。 | トップページ | 太平洋戦争に至った、真原因は?  『古事記』にあったと考えられます。上手な文章は、余計に始末が悪いですね。 »

2013年8月24日 (土)

ヲシテの原初の成立は立体理解でのこと。発見の経緯のこと。  福岡伸一さん『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書1891)

ヲシテの原初は立体理解でのこと。

かく有る理解は、DNAの二重らせん構造の発見に匹敵の事だと思います。

青木純雄さんのアイデアに、わたくしがハタっと気が付いた、と、

そのような成り行きかと思います。

          ・            ・

微妙な最先端の発見の右往左往のはざまは、福岡伸一さんの『生物と無生物のあいだ』に詳しく解ります。

DNAらせん構造の一番乗りは1000行にも満たない論文だったそうです。そこに至るには、大ドラマがあったのです。

H25031

詳しくは、福岡伸一さんの『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)を御覧下さい。ドラマチックそのものです! 発見の間(はざま)、発明のはざまは!  です。  面白くもありますが、感慨深くもあります。 つまり、真剣な矜持をきちっと持たねばならないと思いましたです。

長寿のコウモリの遺伝子研究も、DNA研究の後を継承してのことです。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2963131/11226203

              ・           ・

それはと云いますのも、

ヲシテ文字の、母音・子音の意味合いをずっと考えていて、

わたくしは悩みに悩んでました。従来からの平面的理解では、どうにも解けゆかないのでした。

その悩みが、わたくしに「プリペアード・マインド」の充分な準備だったわけです。

有る時、たまたま出現した青木純雄さんが言ったのでした。

「頭のなかで、ヲシテをグルグル回してます」

その言葉を聞いて、わたくしは、ハッと気が付きました。

ヲシテは、その、醸成されゆく源流には立体のイメージであってこそだ!

と、  です。

それで、

青木さん一家を東北旅行に誘いました。

勿論、旧・小田郡の黄金山神社です。私にとっては20年ぶり程の再参拝です。

此処がひとつのポイントで、金華山を良しとするのはダメだ! と解ること。

金華山は江戸時代以降の繁華であって、本来のヲシテ時代でのモノは旧・小田郡の黄金山神社であるのです。どちら派なのか? ここで、ふたつに別れます、真面目に取り組んでゆくのか? お商売に泥(なず)んでゆくのか?

やっぱり、青木さんは旧・小田郡派に付きましたですね。ひとつの踏み絵的な感覚も、今にして思えばあるかもと思うようになりました。当時はそんな感覚は少しもなかったです。わたくしは真実追求がイノチですから。

ヲシテ文献を原字・原文で真面目に読んでましたら、いかに我が国の文明が尊くすごいことなのか。 これが解ってきます。それで、Chinaなど他国との比較をしたら、我が国の漢字渡来以前の本来の文明を再顕彰すべきだと、こころざしが立つわけです。ここからの話です、  何事もですね。

どうしても、どう考えても、金華山派はおかしいと思います。

ですから、金華山はおかしくて江戸以降でしょう!  と、主張するのが当然と思います。

ひとつの、踏み絵なのでしょうね。 此処が越せなかったら、どうしようもないと思いますですね。

                 ・

ですので、本当は、旧・小田郡の黄金山神社ですね。

砂金掬(すく)いをしました。10粒ほど砂金を掬えました。焼き物に付着させたらピンク色に発色できる、と、そう、思ってましたが、具体性が無いまま、まだ使ってなくて置いています。

Kokaneyama

           <左は砂金生成母岩、日高見神社付近で拾いました。

             文鎮にしてます。

             右が、砂金です。

             砂金掬いの体験施設で得たものです。

             豪州だかカナダだかの砂金を入れて

             砂金掬いの体験をさせてくれてるのでした>

Bunntin

             <左が黄金山神社、右が琵琶湖の岳山です>

もう8年も前の事になります。

つまり、ヲシテの醸成されゆく源流は立体であったとの、この発見は、青木さんとわたくしの二人合作での発見と、言うと良いかと思います。

                   ・

それから、3Dソフト(3dsMax、オートデスク社製)を高価でしたが購入して、基礎操作方法も何日も受講して「立体ヲシテ」のこと、つまり、ヲシテの醸成されゆく源流を、考究していきました。

この事から、子音と母音の意味合いへの理解は随分と進みました。

 

              ・         ・

 

「ネイチャー」紙の役割のものが、ヲシテ研究にも必要かもしれません。

それは「ヲシテ学会」の会報のようなものでしょうが、

それに至るには、

基礎的学力を備えた人たちがそこそこのボリュームで出現してもらってからの事になります。

まだ、世間的には、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」と、まともなヲシテ国学との違いに理解の至る人は稀有なことです。

年月は、まだまだ掛かりそうですが、やってゆかねばなりませんですね。

思いを託せるようなWebでのことはBebeさんがよろしいようです。

ただし、後世の神憑りの「日月神示」と同列扱いはダメですね。

卒業できるかどうか?

  

« 漢字の悪癖の除染を志してからのこと。『古事記』除染をどうするか?  松本先生の「手紙」の書き方のご教示のこと。 | トップページ | 太平洋戦争に至った、真原因は?  『古事記』にあったと考えられます。上手な文章は、余計に始末が悪いですね。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢字の悪癖の除染を志してからのこと。『古事記』除染をどうするか?  松本先生の「手紙」の書き方のご教示のこと。 | トップページ | 太平洋戦争に至った、真原因は?  『古事記』にあったと考えられます。上手な文章は、余計に始末が悪いですね。 »