2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの原初の成立は立体理解でのこと。発見の経緯のこと。  福岡伸一さん『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書1891) | トップページ | 水間政憲さん『ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神』PHP。   追記、 「ギブミー・チョコレート」の時代じゃないでしょ?  再追記、地球環境の大変化など。 健康 : 「ピロリ菌対策」のこと。 »

2013年8月27日 (火)

太平洋戦争に至った、真原因は?  『古事記』にあったと考えられます。上手な文章は、余計に始末が悪いですね。

大悲劇だったと思います。

原爆投下まで招いてのことでした。

それでも、玉音放送の録音盤を奪おうとする暴動もあったほどです。

NHKアナウンサーが死守しましたですね。

何処か? おかしいと思われませんでしょうか?

天皇陛下のご聖断があって、まだ、なお玉音放送の阻止を迫るのですよ。

Asakao

            <秋の花、アサカオは、

             奈良時代頃の外国渡来の植物です。

             はじめは薬用で、観賞用になってゆきました。

             クス(葛)の葉の上にのさばってます>

                ・

この経過には、根底に我が国の歴史の捉え方に間違いが在った、

つまり『古事記』的歴史観が最も悪さをしたと、私は分析します。

          ・           ・

明治期からの少年少女向けの歴史神話物語は、広く一般に読まれました。

でも、よく見たら、オカシイ事だらけの物語です。

唯一マシなのは弟橘媛・宮簀媛の物語ぐらいでしたが、

それも、東征に至る原因の明らかになってもいず、

弟橘媛は海の上の畳をひいてから入水するなど。

止めようと思えば制止できるのに、傍観してますね。

やっぱり、弟橘媛物語もよく見たらおかしいのでした。

                ・

もっともの、問題点は、神武天皇が東征に向かった理由です。

「東に良い所があるから攻め取ろう」だったのでした。

それは、

韓半島、および、大陸に土足で踏み込んで良しとする、

根幹の路線間違いのそのものだったのです。

言語も違って、価値観や歴史も大きく違うのに、

土足で踏みにじって上手くゆくわけがありません。

元寇も失敗したし。秀吉の侵攻も失敗でしたね。歴史を学ばなければなりません。

勝海舟は、優れた人だと思います。良識派でしたですね。偉いと思います。

               ・

思い誤りの、

土足で他国を踏みつけようとする、その、

最もの間違いは、『古事記』的感覚だったのです。

誤訳前のヲシテ文献は、ヤマトウチ(東征)に至る充分な理由が記録されてます。だからこそ、わが国は大文明国なのです。 そこには、「ヤマトウチ」を支持する世論の高まりもあったのです。

本当に『古事記』はけしからんと、わたくしは思いますですね。クニの大切なところ、文明の根幹にかかわる重要点を削除したのですから。

記紀を基にして、特に『古事記』を基にして、上手な文章で物語にしたものは、オブラート包みが上手になっただけで、余計に始末が悪いです。誤訳『古事記』の毒素を、心肝の中心部分にまで届けちゃうのです。そして、毒が回ってきても、自覚症状すら感じなくしてしまうのです。

           ・         ・

記紀に漢字誤訳される前の、本来のヲシテ文献の世界から考えたらどうだったでしょうか?

Kusu

                <クス(葛)のハナが良い香りで咲き始めました。

                 ほの甘いやさしいかおりです。 

                 ヲシテ文献にも出典があります。

                 アマテルカミのお足のヘビの噛み傷を治したのが、

                 クスだったようです。(ホ28-98(7466))>

若しや、

 ヲシテ文献的歴史観を以ってしていればどう考えたか?

ですが、

それは、

勝海舟の考えたように、協調路線でやっていったことになりますでしょう

現在に至っては嫌中・嫌韓もあります。双方に問題があって、もちろん、あちらが度を越してるとは思います。 とはいえ、まずは、我々にも問題が無いわけではありません。文明力がこちらのほうが高いので、自照反省のこと、

よくよく考えて、直すべきを直したいと思います。それは、暴力肯定の『古事記』的歴史観の除染です。

誤訳の記紀歴史観から、我が国本来のヲシテ文献に立ち返る事しか、直してゆくすべはあり得ません。

« ヲシテの原初の成立は立体理解でのこと。発見の経緯のこと。  福岡伸一さん『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書1891) | トップページ | 水間政憲さん『ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神』PHP。   追記、 「ギブミー・チョコレート」の時代じゃないでしょ?  再追記、地球環境の大変化など。 健康 : 「ピロリ菌対策」のこと。 »

コメント

「神武の東征を学んだから昔の日本人は中国を侵略した」というのは左翼思想家が神話教育を否定するために用いる論法です。
「ヲシテ文献的歴史観」の普及の必要性を強く感じます。

但し、日中戦争は日本の侵略ではありません。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-971.html

http://ameblo.jp/ohdoh/entry-11374162444.html

http://yoshiko-sakurai.jp/2009/01/15/888

 
 
 
       ・
「左翼」だとか? 「右翼」だとか?
そんな話じゃなくて、
8世紀の頃、 もう少し前の漢字国字化の初期の時代に戻って、からの事から考えてみましょう。
すでに、我が国の歴史記述が漢文訳がなされての際に、大切な所が大きく翻訳削除されてしまい、誤訳が恣意的にも為されてしまったのです。
このことが、ヲシテ文献と記紀との比較ではっきりと判明しました。
8世紀の頃までさかのぼって、我が国の歴史記述を直さねばなりません。
その段階では、
今に言う「左翼」も「右翼」もそれは発生前の段階です。クリアーにしてから、全ての見直しです。
記紀の原書の発見が起きて、そこには、わが国の本当の大文明が記録されてたのです。歴史は全部見直しです。国語も全部見直しです。

              ・
日中戦争も、引きずられですね。
今回も、
また、引きずられにされかけてます。引き上げないと、また、やられますね。
それを、勝海舟は見越していたのでしょうね。
日清戦争の勝利を冷めた目で見ていましたね、海舟は。
        ・          ・
援軍を頼まれたことは、ヲシテ時代にもありました。
その時、ミマキのキミ(崇神天皇)は、長居しないで帰って来るようにと、
「カエレハヨシ」(ホ34-49)とミコトノリをお出しになられてます。  実際、シホノリツ(シホノリヒコ)は帰国をしてるようです。『新撰姓氏録』に記載有りです。『定本ホツマツタヱ』に掲げてます。帰国関連の事は、『新撰姓氏録』を見て下さい。  ミマキのキミのミコトノリは、今にも、精神が活きてるようですね。

>今に言う「左翼」も「右翼」もそれは発生前の段階

というのは微妙だと思います。

というのも、人の意志の絶対視(ワイタメ)と、相手に譲ります・譲り合いますという(ながさき)というのは、根本的に違う発想で、ここのところの違いを悟ることは、ヲシテ時代における人間教育の根幹に据えられていたと考えられます。

ヲシテの時代で言えば、ヒトノミチを得ぬということですし、ハタレになるということでもあります。

左翼というのは、人の意志の絶対視から生じています。 呪術にせよ、一神教宗教にせよ、シナの専制皇帝にせよ、同様です。

こうなりますと、ヲシテ時代の政治・社会の要諦は、間違いなく、現在の社会にそのまま続いている問題だということになると思うのです。

 
 
 
 
          ・
右翼だとか左翼だとか、
この言葉は国会開設後に一般的になってきたモノだと理解してます。

わたくしは、
記紀の原書について、どうしてゆくか?
このテーマをやってます。

歴史の根底からの問い直しです。
このため、イメージに手垢の付いた言葉は避けるようにしてます。
「右翼・左翼」の言葉は一面的で有りすぎて、避けるべきです。
また、
歴史認識の根底からの問い直しをしてゆくと、国家像の枢要の中心が、随分と違っていることが解ります。すなわち、何処を以って中心線と為すべきか? 此処が変わるわけです。したがって、この意味でも明治以降・敗戦後以降の概念の「右翼・左翼」の言葉の使用は、わたくしは避けるべきだと考えてます。
また、違いを見出して相手をやっつけようとするやり方は、ちょっと違うと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテの原初の成立は立体理解でのこと。発見の経緯のこと。  福岡伸一さん『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書1891) | トップページ | 水間政憲さん『ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神』PHP。   追記、 「ギブミー・チョコレート」の時代じゃないでしょ?  再追記、地球環境の大変化など。 健康 : 「ピロリ菌対策」のこと。 »