2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月28日 (日)

ヲシテ国学への道筋の、ひとつ。 「ウタ」などの読み解きの方を重んじます。

場所の特定のこと、時代が相当の太古の部類に属することは困難な場合が多いです。
ヲシテ文献の各地の、いわゆる現在地考証は、困難な場合が多いです。

Hiougi

              <ヒアフキです。

               やっと、咲きました。8月4日>

                ・

さても、神社にしても、時代が変わると移転したりします。
また、政庁だったミヤの場合は、今で言えば「市役所」のような役割りですから、
行政区画が変われば、すでに用無しとなります。最近の平成の町村大合併でも、多くの町役場が不要になりました。 もうちょっと前でも、平安時代の頃の「国衙(こく が)」なんかも、跡地さへ不明なところも多くあります。
地震・津波・川筋の変化・海水面や湖水面の上がり下がりもありますから、人家も神社も長い時代変化で位置が大きく変わります。
そういう事情もあって、2000年やもっとそれ以上にもわたる長年月を遡っての現在地考証は複雑怪奇です。おおよその位置関係の把握には、意味合いもあるでしょうが、詳細についてはそれ程神経を尖らせて云々するのも疲れるばかりのような気もしないではありません。

Goma

             <ゴマのハナです>

通常は、一年に1mm地層が振り積もってきます。2000年経ったら、2000mm、つまり2mの地底にその時代は埋もれます。6000年だったら6mの地底です。
           ・         ・
それよりも、「ウタ」の読み取り方についての解明は、当時のお方様方のお気持ちを知る上で大きな意味があると思います。『ホツマで読むヤマトタケ物語』では、「ニイハリツ」のウタの読み取り方を、記紀などからの「幾晩寝ましたか?」の軽い意味だけではダメでしょう! と、主張する書籍にまとめました。
ヤマトタケさんの、あれ程の、あのお偉いお方が「幾晩寝ましたか?」だけの意味で、「ウタ」を陣内に回される訳がない。 と、その疑問に対する答えです。
くわしくは、『ホツマで読むヤマトタケ物語』をお読み願います。

10代アマキミのニニキネさんの事を意識なさったおウタだったのですね。初代スヘラギのタケヒトさん(神武天皇)の二朝廷並立時代の統一を込めたおウタだったのですね。

「ツツウタ(ツスウタ)」の関連のこともあります。
「ヒ・ミツのハラヒ」の事も関連しています。
現在地考証はサラッと流しましたのは、心の方に焦点を当てたい、と言う構成にしましたためです。

                ・

「ウタ」の読み取り方を重要視しますのは、

それこそが、わが文明の尊さの根幹に関わる重要な要点だからです。

Biwa

    <ビワの新芽です。

     ゴマもビワも、漢字国字化時代以降に渡来したものです。

     漢字・儒教・仏教も産業革命も、

     われわれは上手に使いこなしました。

     これが文明力ですね。 また、次の時代は創造してゆくのも、

     われわれに課せられた文明力のチカラです> 

後世の江戸時代などに、芋づる式にくっついて来る「場所伝承」は、さほど重要ではないためです。伝承発生の時代の特定も怪しげなるものは、要注意です。根拠のハッキリしない伝承ばかり並べても、「アヤしげければ…」とも言います。大切な「アヂ」の方を隠して見えなくしてしまい、かえって、本筋の理解への妨げにもなりかねません。

Atimiesu

わたくし達の、本当の主要テーマは、

わが文明の尊さの取り戻しです。

                ・

漢字国字化時代を遡らなくてはなりません。

何故ならば漢字以前の、ヲシテ時代にこそ、わが大文明の精華があるからです。

この故に、

漢字直訳は最も避けるべき要所です。

『古事記』に擦り寄るなんかは、言語道断のダメ路線です。

誤訳の成れの果てである『古事記』は、どう仕様もないヒドイものだと、

ちゃんと分からないでは、それこそ、困りものです。

2013年7月27日 (土)

情況証拠と、根拠の違い

ヲシテ文献を真書とするわれわれには、 悲しいかな、抵抗勢力が多く居ます。

2000年近くにもなる積み重ねがありますので、仕方のない事です。

Mega

         <ミョウガです。ヲシテ文献には「メガ」と典拠があります>

そんな中で、仕事を進めなくてはなりませんから、

いろいろ気を遣うわけです。

                ・

それは、誰が見ても根拠であると、その事実からの組み立てを心掛けることです。

情況証拠を用いる際には、そんな事もあるかと、一歩引いての論拠にしなくてはなりません。

          ・          ・

記紀との比較対比からの、先行性確認は、根拠になります。

8世紀よりも古い時代にヲシテ文献の成立を確認できるからです。

神社関係での相似性については、『延喜式』記載の文面は、1000年を遡れるので根拠たり得ます。 ただ、『延喜式』の「神名帳」は神社名の羅列ですから、社名は根拠たり得ますが、その他の祭神名などの伝承関係は情況証拠のランクになります。

つまり、精密に論を起こす必要性が、我々にはありますので、状況証拠ばかり言ってはいけないのです。

根拠たり得る事実から、構築せねばなりません。

Kuwa

                  <クワの新芽です>

                ・

また、国語の原理にヲシテのイメージが強く作用していることも、

根拠たり得ます。

動詞の活用に内在しているヲシテの概念の事。

子音のヲシテの意味から、助詞の作用が働いていること。

などなど、これは根拠だと考えられます。

概説は『よみがえる日本語』(青木純雄、平岡憲人、明治書院、池田満監修)にて、公表しています。

           ・          ・ 

根拠と、状況証拠の違いを、よくよく意識なさって下さい。

何故ならば、

われわれは、記紀の原書が見つかったので、ヲシテ国学を構築してゆかねばならないと、志しているのです。

2013年7月23日 (火)

『誰も書かない中国進出企業の非常なる現実』(青木直人、祥伝社)のこと。

宮崎正弘さんの、

『習近平の断末魔の叫びが聞こえる 2013年後期の中国を予測する』 (WAC BUNKO) [新書] 宮崎正弘、石平

2013年7月20日 (土)

教条主義では、良くないこと。 宮崎正弘さんの新著『習近平の断末魔の叫びが聞こえる 2013年後期の中国を予測する』

常に、変化して、進展していることを。

  それが、大宇宙の真相です。

Kooniyuri

初代クニトコタチさんの時代、「トのヲシヱ」ひとつの理念で、

充分に国家運営が出来ました。

その後、

7代アマカミのイサナギさん、イサナミさんの時代には、「トのヲシヱ」と、「サカホコ(後のツルギに相当)」の、言わば二種のカンタカラが必要とされました。

次いで、8代アマカミのアマテルカミの時代、「カガミ」が追加されました。それで「ミクサ タカラ」になりました。

時代変化に応じて、

国家統治の理念は、変化してきているのが、最も重要な事実です。

                 ・

現代においての「民法」に相当するのが「イセのミチ」です。

アマテルカミの説き始められた、ミチです。

説かれはじめた当初、最も重要なミチのひとつともされていました。

ところが、1000年ほども経つと、ヲシテ時代の末期には、

すでに、時代的にそぐわない、要素も出て来ていました。

Isenomiti

12代スヘラギのヲシロワケ(景行天皇)さんの入内への誘いを、

オトヒメさんは断りました。

勿論のこと、

現代に「イセのミチ」を、そのままで当てはめたら、悪影響が生じます。

当然の道理です。

ヲシテ時代の末期でも …、 その、齟齬の萌芽があったほどです。

つまり、

アマテルカミの説き始められた、当時の社会状況には、とっても良かった「ミチ」でした。その、底流に流れる理念・精神をこそが尊ばれます。

今現代には、底流に有る理念に基づいて進化・発展させたら良いのです。

           ・           ・

時代は移り変わりゆきます。

福島原発事故が起きて、

もう、

時代は大きく変化しました。

またまた、さらなる、外的要因としての大変革のこと、

宮崎正弘さんが、China変革期がそろそろ近いのではないかと、

予測して居られます。石平さんとの共著です。

Miyazakimasahiro

『習近平の断末魔の叫びが聞こえる 2013年後期の中国を予測する』 (WAC BUNKO) [新書] 宮崎正弘、石平

2013年7月15日 (月)

藻やミドリムシからのバイオ燃料のこと。 氷室のミナツキのこと。  最古の戸籍の当地の富加町のこと。

ようやく量産化の運びになったそうです。

「日経新聞」の一面で記事がありました。(平成25年7月15日)

やっぱり当面は、液体燃料が主体であると思われます。

既存の技術の多くが、石油ベースに構築されてます。

Kusagi

             <クサギのツボミです。

              臭いの結構あるキです。

              染色によく使う植物です>

                 ・

江戸時代、とても、それはそれで整った社会でした。

平安時代も、それはそれで、律令時代など、

移住政策も有って、耕作地の不足した地域から、

美濃などに豊かさを分けて移住した人も多くありました。

岐阜県の富加町(とみか ちょう)には、最古の戸籍の実際の地が有って、そのあたりの詳しいことが解ります。富加町は、当時、良いところですね。今もそうですが。

http://www.town.tomika.gifu.jp/shoukai/saiko_koseki.html

明治開国以前と比べると、現代生活が特段に豊かであるため、昔は全体的に質素と言えます。

平安貴族でも、江戸大名でも、

わたくしたちの現代庶民の生活と比べたら、

雲泥の差で、今のほうがはるかに豊かです。

かつて氷室(ひむろ、冬に貯めとく氷の保存庫)は、山中に有って、限られたわずかの人だけ、盛夏に1回の氷出しです。

http://s.webry.info/sp/77422158.at.webry.info/200906/article_36.html

今日は、旧暦ミナツキの8日です。あと22日で、本来のミナツキのミソギ(6月末の茅の輪くぐり)、盛夏の終わりを告げる行事です。今年は西暦で8月6日が、本来の我が国のコヨミ(暦)のミナツキの末日です。 まだまだあと22日間、長いです、体調にご配慮下さいませ。

 

現代では、

冷たい缶ジュースが、行き当たりばったりで100円で買えます。

もったいないので、わたくしは、年に一回ぐらいしか買いませんですが。

そんな細やかな贅沢はさて置き、

とてもとても、もっとビッグな他の贅沢なことも多くありますです。

          ・             ・

明治開国以前と、現代、

かくも有る差の根源は、石油など化石燃料のジャブジャブ使いにあります。

化石燃料は、やがては枯渇、そして、CO2の増加などと気候変化の問題もあります。

藻や微生物からの液体燃料の量産が、

最も有望な技術の一つだと思います。

過去、大昔に自然の営みで石油が生成したのを、今、循環型でやろうとするわけです。

とんでもない贅沢は、ある程度自重したほうが良いと思います。

でも、快適生活は捨て切れません。

日経に詳細記事の、IHIが榎本藻で2020年から、

ユーグレナ・日立・JXが、綺麗な目をもつような微生物のミドリムシ(Euglenales)http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%B7&lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7WQIB_jaJP508&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=oyjjUYf0CcXqlAX9s4DAAw&ved=0CEAQsAQ&biw=1088&bih=660で2020年から、

デンソーも、藻のシュードコリシスチス・エリプソイデア、

(Pseudochoricystis ellipsoidea) で2020年から、本格量産の計画だそうです。

                ・

応援したいですね。

石器時代にももちろん戻れませんし、

明治開国以前の、あの、つましい生活にも、やっぱり戻れません、と言うのが本音ですね。

思えば、初代クニトコタチさんの、建国への原動力は、

住居の建て方の発明と普及、それと、「キクサ」を「ツト」(良い栽培種の普及)

でした。

Sumai

Kikusa

つまり、我が国の国家としての本質は、

もっとより良くしてゆこうと、

その精神に有ると言えます。

2013年7月 6日 (土)

良いところをもっと良くして。 そうでないところも、どうやってゆくか? 我が国「日本」のこれからの目指すべきミチ(道)のこと。  古代ハスのこと。

やっぱり、いろいろ有っても、

祖先からの、尊い、わたくしたちのわが祖国です。

近々にも父祖伝来、多くのイノチを傾けても守ってきた祖国です。

そして、ヲシテ文献の発見・研究が進んだ今になっては、

世界の、タカラものだというような価値も見出すことになります。

Hasu3

             <ハスは、2例の典拠があります。

              『ミカサフミ』7-21(11550)、

              『トシウチニナスコトのアヤ』9p(11728)

              写真は、大賀ハス(検見川遺跡からの出土の種)

              今日、咲いたそうです。写真は利籐恵美子さん>

                 ・

外国に住もうという、シニアの定年組もありますが、

やっぱり、外国は詳しい事情が一見では解り難い所があります。

近頃は、真実を垣間見れる情報も多く、

勉強になります。

例えば、フィリピンです。

http://blog.livedoor.jp/hirosi0607/archives/3821159.html

外国に出たら、

そこは、民族の代表として、矜持はあることが望ましいですね。

http://blog.livedoor.jp/hirosi0607/archives/2013-04.html

3年余りの体験で、この方は、民族性の違いを痛感されたのでした。

まじめに接っしようと、この方はしっかりとなさっての事でした。

風土からの事もありますし、歴史からの由来も大きいわけです。

どうして? そんなに大きな違いがあるのか?

と、

勉強になります。

何年もどっぷり漬かって彼我詳細比較の、その実感はおそらく真実であるように私にも追想することができます。

                 ・

外国ではなくて、

やはり、祖先の恵みのその感謝の上に、

我が国、わが民族の未来に、

何かをプラスしたいと、

そう思います。

Hasu2

良くない所、良いところを上手くやってゆけるようにと…。

それには、文明の発生時の根幹を、そこに再立脚をしてからの事なのですね。

           ・               ・

大きな目標の事、

其処にどうやって対処してゆくか? です。

解き明かしのこと、解明作業と、残してゆくこと。

あとは、ヲシテ文献研究にアドバイスをすること程度です。

たった40年ほど前からの、現代研究の始まりですから、

言わば、雰囲気として、始まったばかりの感じです。

秘められ忘れられて、もう、何千年ですから …  。

                  ・

ここ迄、新境地に解明を進めた!

と、

そう言う出来事が、とっても待ち望まれます。

その様な大発見の事は、椿事です。

願ってもない良いしるしです。

しかるべき、公表方法など、身命を賭して協力させて戴きます。

それには、ちゃんと、前後左右を纏めてからのことで御座います、ね。

                 ・

なお、

大賀ハスが特に著名ですが、

行田ハスもあります。

http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

また、大賀ハスの発芽栽培には、多少の疑問も無い訳ではありません。

が、行田ハスの古代ハスに似てます。さらに、東大阪市の枚岡・原始ハスにも似ています。

http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000003621.html

このため、おおよそに雰囲気を見る程度には問題ないと思われます。『古事記』でも『日本書紀』でもそうですが、詳しく重箱の隅を突くように調べたら、あれこれ多くのクエスチョンマークが付されます。それはそれで、大事なことです。時には俯瞰的な視点に立って見ることも重要だと思います。

ハスのこと、詳しくは、豊田清修さん『ハスの研究』(昭和56年、有明書房)が長年かけての調査結果を公表して下さっています。一部掲げさせて頂きます。

H25024

H25025

2013年7月 2日 (火)

ヲシテの文章をスラスラ。「ツクモ」のこと。100に付くから99は「ツクモ」です。九十九里浜の意味です。

ここ、今年に入って、

ヲシテの原文をスラスラと、の人が多く出て来られました。

何よりの何よりの事で御座います、です。

アマテルカミも、この事をこそ、とってもお慶びの事だと拝察させて戴いてます。

  「ヲシテが読めないで、どーするのか? 」

の、こと、

    アマテルカミはとっても強くお思いのことであらせられて、 と、

わたくしは、常々拝察申し上げております。

                ・

くら寿司の帰り道で、稲の葉が風にそよいで光のナミでした。

写真にはなりにくいのでウタにしました。

H25021

左は、女房のウタです。直し無しです。詠んでると、うまくなりますね。

    ヲシテの文字の手慣れさは、もうひとつですが、個性の範囲でしょう、か。

    でも、Chinaフリーには志してますね。

    私の字は汚くてすみませんです。

    それでも、毎日版の際にはちょっとは役立ちました。間に合わせには。

    完璧は無くとも、気持ちだと思います。何しろ、創学期なのですから。

女房のウタは、九十九里浜のトラミ(東浪見)の海岸の探訪を思い出しての事でした。

「ツクモ」とは何か? 何処か?  「トラミ」か?

その探訪に千葉の一宮の玉前神社(たまさき じんじゃ)、その御旅所のトラミ(東浪見)の海岸を尋ね回ったことを思い出しての、女房のウタでした。Tukumo

大型船のワニフネの着く事の出来る良港が、「ツクモ」の房総半島の東側にあらねばなりません。中々見つかりませんでした。太平洋の波は高いです。

しかし、さすが吉田東伍『大日本地名辞書』は違います。

Torami1

トラミ(東浪見)は、泥海の、大型船が降碇できる海上のミナト(港)だったのですね。それで、「ツクモ」のナゾが融けました。

Tukumo3_2 

私の場合と、

ホノアカリさまのような、船出の立派さとは、比べようもないです。

女房が例えての言ってることで、とても僭越で恐縮の部類ですが。お許し願いたいと、存じ上げます。共に船出だけは共通ですから…。

                 ・

あとは、こちらは、間違いなく、よくよく良い道行に為してゆく事です。

苦労を随分してますから、良いお勉強は積ませて戴いたと思います。

わたくしの場合、小さな小さな船出です。

H25022_2 

「ツクモ」の99の事、「モ(100)」に付くからです。

九十九里浜の「ツクモ」ですね。

この場合での「ツク」と言う、この詳しい意味合いは、かなり複雑で説明が困難です。

そのうちに、解りやすい説明をしたいと、

強く思っております。

Tukumo1

ウタの「ツクモ」の用例は39アヤです。

Tukumo2

つまり、後に連歌となってゆく「ツツウタ」の織り留めの最後の99番目ウタを、100に「ツク」の意味で「ツク・モ」と言ったのでした。

                  ・

大賀ハスのツボミです。

もう、ほのかに香気が立ち昇ってます。

Hasu5

艱難辛苦にも、

伸びゆこうとするツボミもあります。

Hasu6

2013年7月 1日 (月)

「アヤ」の言葉のこと。 漢字直訳は、誤訳でしょうね。

ヲシテ時代の、それも中期頃の「アヤ」は、文章のイメージが近い言葉です。

「フミ(文献)」や「フタ(札・ウタ札など)」とは、随分と違う雰囲気があります。

Hujimame2

                 <フヂのミです>

               ・

「アヤ」は、我が国の独特のヲシテ時代中期語として、認識されなければいけません。

後世の漢字国字化時代の、外国語由来の概念にペタッと貼り付けの誤訳はダメだと思います。直訳族です。

「アヤ」は想念や考え方を、文章に表した意味合いが強い感覚です。いわば、ソフト面のイメージです。

「フミ(文献)」や「フタ(札・ウタ札など)」は、文章を記した物体の感じです。言うなれば、記録物のハード的な方を指します。

Hanngeshou

                  <ハンゲショウです>

          ・         ・

ウタ・ミや、ウタ・フタなど「フタ(札)」に関しては、

既述してます。下記のアドレスを、ご参照ください。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_fe0b.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_54c7.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_23de.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_cb63.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_cb63_1.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_0135.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_fedc.html

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_4f1a.html

また、

「アヤ」の用例は、下に掲げます。

ヲシテ時代の文章が、ヲシテ文字で記録されていること、

これが大切でして、ヲシテとヲシテ時代の文章の二本立てが必要です。

ヲシテ文字だけ分離しては、何にもなりません。

例えば、「いけだ みつる」で、私のことにとなりますが、 「い」だけじゃしょうがないわけですね。

ヲシテ時代のちゃんとした文章に、立脚してこそです。

Aya1

Aya2

Aya3

Aya4

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »