2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「天成神道」では、筋道が、どうしても違うことの意味に付きまして。 | トップページ | オモイカネさんの出自について »

2013年5月16日 (木)

『「モザイク一家」の国境なき人生』、長坂道子さん(光文社新書)。 国家とは何か? そこに、どう向き合うか?

「国家」のこと、色々ゆくべき処を考えさせられます。

Mozaiku

ボーダーレスの時代に、成り行くのは、時間の問題かと。

実際の事例のことを、体験で共有しとくのは、

こころの準備としても、

必要なのかもしれません。

我が国だけが例外とは、既に考えられないことになってきてます。

あっちこっちで、

国際カップルが誕生してます。

それはそれで、やっぱり、成り行きなのですね。

成りゆきて安定する「オノコロ」なのです。「フトマニ」でも、われわれは勉強してますように、時代の流れはそれは現状認識のウチの事ですから、否定も拒否も意味無き事です。すべて、受け入れてからの、その後の後のお話になります。

                 ・

長坂道子さんの、家庭事情を察しまして、

本当に、我が大文明のこと、未来・将来のことを、

切実に思います。

長坂道子さんは神楽坂のトンカツ屋さんの娘さんだそうです。

幕末・明治からの洒落たご家庭のこと、

時代の成り行きの流れがここにも有ったように思います。

                 ・

全国各地に、この同様の事例は、

わたくしの程度の寡聞の耳にも、あれこれあれこれ届きます。

わが大文明の本当の再認識のこと、

もう、もはや待った無しの、とやかく言ってられないように、そんな空気も切実に感じます。

それには、ちゃんと元を務めること、

つまり、本当に我が国の文明に愛(いつく)しさを思うなら、

ヲシテに真面目に取り組んで、わが大文明の本当の意味を、

理解できることをひとつづつ、だと思うばかりで御座います。

何しろ、アマテルカミのお使いだった文字と、長文の文章が発見されたのですから、

読み書きと、

そしてヲシテの原文の文章に、ジカ(直)に接することが、本当の第一歩です。

この敷居を、パスしようだなんて、

敵前逃亡罪にも似たフテー事だと言うと、言い過ぎでしょうか?

アマテルカミのご使用の文字・文章なのですよ!

« 「天成神道」では、筋道が、どうしても違うことの意味に付きまして。 | トップページ | オモイカネさんの出自について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天成神道」では、筋道が、どうしても違うことの意味に付きまして。 | トップページ | オモイカネさんの出自について »