2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテ(ホツマ文字)のこと、好きかどうか?  | トップページ | 『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』(水間政憲、PHP) »

2013年5月23日 (木)

『世界は「ゆらぎ」で できている』(吉田たかよし、光文社新書)、超ひも理論まで、解りやすい。

世界は、まだまだ、今にしても不可思議であると、

ましてや、ヲシテ時代の中期ならもっとでしょうね。

            ・

「ひも理論」また「超ひも理論」など、理解し難いはなしが、

数式を使わないで説明してくれてます。

数式に弱い私も、何とか解る感じです。

H25006

まだまだ、不思議さの解明は続きますね。

ダークマターの解明も、そのうちに、天才が出現して糸口が掴めるかも知れません。

他の恒星の惑星だって、初めの頃は測定不能かと思われてたのに、

手法の編み出しが有って、もう、地球型惑星もいくつか見つかってきています。

また、

人体のシステムに備わっている「ゆらぎ」も、

とっても重要な働きをしてくれていました。

大宇宙生成時での「ゆらぎ」があってこそ、恒星も形成されたのだそうです。

不思議な「ゆらぎ」、

そんなことで、

「ゆらぎ」の要素は、実に大きなウェイトを持っていたと、理解すべきですね。

               ・

ヲシテ時代中期での「アイフヘモヲスシ」や「ナミ」の概念を思い起こします。

Aihuhe_2

また、「ネコヱ」でも有る訳です。

新発見『ミカサフミ』の、

『よみがえる縄文時代 イサナギ・イサナミのこころ

  -新発見「ミカサフミワカウタのアヤ」アマテルカミが解き明かす-』

で、新たに詳細が解って来ました。むつかしいのは当たり前ですね。アマテルカミも悩んで居られたほどの難問です。 『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の091行めからです。

ワカヒメさんの質問に、お答えのアマテルカミです。「すてにわかるる」が、キー・ポイントですね。「宇宙の晴れ上がり」を、思い起こさせます。

H25007

        <わたくし用の常使いの本は、ルビをホワイトで消しました>

                ・

ヲシテ時代の「国語」の、もっと詳しい構成の原理も、

やっぱり、天才が出現して解明が為されてゆくことでしょう。

« ヲシテ(ホツマ文字)のこと、好きかどうか?  | トップページ | 『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』(水間政憲、PHP) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテ(ホツマ文字)のこと、好きかどうか?  | トップページ | 『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』(水間政憲、PHP) »