2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『フトマニ』の本文は128首のわか(和歌)です。   円形表示ではありません。円形表示は「モトアケ」と称した方が良いようです。  最古の写本の「モトアケ(フトマニの図)」のこと。ヲシテ文字の「フ」と「ス」の特殊形状のこと。 円状表現のその起こった時代は? | トップページ | 『深く伝える技術』伊藤真さん、サンマーク出版 »

2013年5月 6日 (月)

「まとか」の語彙のことに付きまして。「ヲシテ書」の事に付きまして。

いつも、いつも、意気込んでのことですが、この言葉の真意がやっと解った!

    (いつも、試みの試案程度の「解った!!」 ですけれど)

と、意気込んで(ダメ解釈も、この方がよっぽど多くも在ります、が)

それでの、こころの勢いで「ヲシテの書」にしています。

時代と共に、その理解は、ちょっとずつですが、

時間を積み重ねてゆくことで、数撃ちゃ当たるでもないですが、

そのような事で、試行錯誤の多さにおいて、徐々に深まっていると思います。

                 ・

さて、「まとか」の言葉を「ヲシテ書」にして欲しいと、依頼がありました。

さて、どう考えるか?

「まとか」の言葉は、語彙の形成の成り行きからして、わたくしは、理解が充分には至っておりません。 とにかくも、語彙用例の検索と調査にと、コトは始まります。

「まとか」の語は、結構に思いの外に難解な言葉です。

          ・            ・

ヲシテ文献には3例と、参考個所の1例の、合わせて4例を見てもらう必要が在ります。

なぜならば、「ヲシテ書」をしたためるに当っても、原典の典拠を見とかないと、書きようにも、どうしようにもないからですね。会津八一さんの書き方は、押入れ障子を開けたら、書き潰しが、溢れて落っこちて来そうだったと言います。それは、わたしからすれば行き当たりばったりの、書き書きの書ですね。

会津八一さんがなぜ押し入れを開けて見せたかは、揮毫の代金が高いと文句を言われたからであったそうでした。会津八一さんとしても、こんだけ費用をいっぱい掛けて一生懸命にやってて、それで、値切ってくるとは不可解だ! と、押し入れを開けて見せたそうでした。

わたくしの目指すところは、会津八一さんとは異なっています。そもそもが金銭のことではありません。 ヲシテ文献の発見を得て、記紀の原書の発見と研究こそが国家のためであり、縄文建国の再理解に拠っての、本当の「国学」の樹立がなりゆくのだと、認識しています。国の未来のためのことをやっています。ですので、金銭のことなんかは、とうの昔に、浮世離れしてます。

普通に考えたら、適当ーもいいとこですね。

「ヲシテ書」に関して言えば、次のさらなるヲシテ時代の大文明の真実の新発見のよすがにでも、少しは役立つならば嬉しい、と言う事です。

                  ・

「ヲシテ書」の意味合いとしては、

わたくしは、このような感じに理解したらどうだろうか? と、言うような、いわば、理解過程の達成表現の書であるような、その表現のための、「ヲシテ書」です。

綺麗さとか、美しさに拘(こだわ)ったりの会津八一さんとはかなりに違う遣り方なのですね。

よくよく考えて、これでどうだと、 やっと、ここ迄解った! その理解達成を示して自分でも納得するための「ヲシテ書」です。 

一般的なるところの、これこそが、綺麗だとか、と、それを主張したいがための「ヲシテ書」では、わたくしのものは、どっちかと言いましたら、そうではないです。ヲシテ時代の真実をもがき苦しみながら遡及してのあとに、何とか仄かな光を見出して、これで少しは解ったと、どうだ! と、言う事で、決して、綺麗さを押し付けようとしての意味では有りませんです。

と、このような、ヲシテの解明の苦しみもがきのさまの時間の瞬間を記録して表現したい。

それでなくては、わたくしとしてのヲシテ時代遡及の仕事に打ち込む姿勢の値打ちも有りませんからね。

                 ・

さてさて、「まとか」の言葉でした。とにかくも用例を掲げましょう。

Matoka1

上は、丸い意味の「まとか」です。

Matoka2

大宇宙出現の当初のサマを表す「マトカ」です。

むつかしいですね。

                 ・

Matoka3

「ウツホ」の要素(アの母音形)を表現しての「マトカ」の言葉です。

Matoka4

「トシウチニナスコトのアヤ」の同季節の個所です。

いろいろ考えまするに、「まとか」の言葉はなかなかに難題です。

はたして「ヲシテ書」にするほどの、そんな理解に至るのであるか?  ですね。

               ・

ウタ(ワカ・和歌)のお題詠みは、ここ20年来の取り組みで、

少しは慣れて来ましたが、

「ヲシテ書」のほうは、

解釈の新発見があってこそ、良いモノになるようです。

« 『フトマニ』の本文は128首のわか(和歌)です。   円形表示ではありません。円形表示は「モトアケ」と称した方が良いようです。  最古の写本の「モトアケ(フトマニの図)」のこと。ヲシテ文字の「フ」と「ス」の特殊形状のこと。 円状表現のその起こった時代は? | トップページ | 『深く伝える技術』伊藤真さん、サンマーク出版 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『フトマニ』の本文は128首のわか(和歌)です。   円形表示ではありません。円形表示は「モトアケ」と称した方が良いようです。  最古の写本の「モトアケ(フトマニの図)」のこと。ヲシテ文字の「フ」と「ス」の特殊形状のこと。 円状表現のその起こった時代は? | トップページ | 『深く伝える技術』伊藤真さん、サンマーク出版 »