2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 漢字頼りを、どうやって?  撤廃して、距離を置いてゆくか?  鞍居モモの開花です。 | トップページ | 奇跡の書、その事のこと、『ミカサフミワカウタのアヤ』の事。    『アワ歌で元気になる』の宮崎貞行さん新著のこと。 »

2013年4月 7日 (日)

「ミコト」と「ヒコ」の言葉の意味合いに付きまして。

「ミコト」の言葉を、単純変換で「命」と、

また、

「ヒコ」の言葉を、単純変換で「彦」と、

漢字直訳しては、やっぱりおかしいです。

Chinaアレンジで、我が国の本来の大文明を蔑(ないがし)ろにしては、いけませんです。

Kuraimomo

               <我が国の固有種のモモです。

     うちに来た、 鞍居モモの八重。

     本当に我が国に奈良朝以前から産毛のモモが自生していたのかどうか?

     ハッキリ見定めて、それから、どうしてゆくか?

     です。  植物図鑑などには大陸渡来だと、うるさいほどに記述されてます。

     はたして、その事が本当かどうか?  です。

     調べたら、ちゃんと、「日本」固有種のモモが在ったのです!

     要は、どちらが真実であるか? 見定めの時期に迫り来ています。

     こんなにも美しいモモが日本固有種なんですよ!

     Chinaのあやしげ宣伝に、惑わされてはいけませんです。

     「縄文日本」が文化文明の主体で、近隣諸国は、付帯的位置関係なのでした。

     文明力の大きさに、どうしても、差があるわけですね。

     それは、ヲシテ文献の発見と、現代研究で明瞭になってきたわけです。

     現代においても、その事は、尖閣諸島などの諸問題で明白ですね。

     文明力が勝っていたなら、何で?  チョロチョロと、犬の遠吠えのような、

     マネをするのでしょうかね?  立派な人に対しては、わたくしは、

     万全の敬意を持って接しています。当然のことで御座いますですね。

     手紙でもそうですが、「拝啓(うやまい拝みつつ)」

     「敬具(敬いをそなえつつ)」の言葉は当然ですが

                ・

今回、新発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の解明でハッキリと認識を新たにしました。

従来に於いても、薄々、気が付いていたことでした。

どうも、判然としなくて引っ掛かっていたのは、『ミカサフミ タカマナル アヤ』の一節でした。『ミカサフミ』は深い意味合いがどしっと込められています。

          ・           ・  

どうおかしいのか?

「キミ」と「ミコト」と「ヒコ」の凡そ三段階が在ります。

Momikoto

それは、「キミ」9人に、「ミコト」100人、「ヒコ」3000人の、当時のバランスでした。

                   ・

つまり、

「キミ」は最終判断をする、

「ミコト」は「トのヲシヱ」に照らして判断をする。

「ヒコ」は日常のルールに照らして教導する。

と言った、役割の担い方の違いと言えるかも知れません。

「カカン・ノン・テン」の三段階にも通じます。

「ア・ミヤ、シ・ナウ」の幽顕のことにも同じです。

では、

「ミコト」「ヒコ」の違いは何か?

ですが、

そこで、ヲシテの文字の意味合いから、根底に還って考えてみて、初めて意味が通ります。

                  ・

Mikotohiko_2 

「ミコト」の言葉が、単に、人物の尊称と言うことだけですと、意味が薄いということです。

「ミ」は横棒から生じてくる一本の棒が「齎(もたら)し」或いは「生まれ、生じる」を意味します。

「ヒ」は二本棒ですから「増え、開いてくる」意味を表しています。

つまり、

「ミコト」は、価値判断をして「ト」の集まり固める働きをする、現代の言葉で言えば「創造的な情報発信」の役目。

「ヒコ」は、決まりを守って、形を整えてゆく役目。

もう少し言葉を変えると、

みんなで考えながら、「創造的な情報発信」の役割の人がいろいろと議論をサポートしたりリードしたり、世論をまとめつつ世の中をどうするか?  これが「ミコト」の部分です。

実際に、予算を付けていって形あるものにしてゆく。 これが「ヒコ」の部分と言ってもよいでしょうか?

           ・          ・

そのように、原意に立ち返って考えてみますと、

「コ・ホシ」の「アメトコタチ」には「ミコト」。

「ミソフカミ」の位置には「ヒコ」。

この違いについての差異が、見えてきます。

『ミカサフミ タカマナルアヤ』の深い「ミコト」の言葉の意味が解ってきます。

Mikoto3

つまり、物質の世界に近いのが「ヒコ」であり、

もっと、茫洋とした世界に近いのが「ミコト」です。

言い換えますと、

「ヒコ」は、目に見え易い世界。

「ミコト」は、抽象的な世界です。

『ミカサフミ』のおおよその解説の「大意」は、

UPしときました。解説なんて、そもそも参考の程度ですが、

ご参考まで。  → 『ミカサフミ』H23年までの既発見分の「大意」

             ・

今回の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の上梓にも、

もっと詳しく説明出来ていたら、更に良かったかも知れません。

でも、あんまりにも、哲学的深淵に属する詳細の事々は、ヲシテ文献に初めての人には猪突さに過ぎる事も言えます、ですね。

もう、そこまでお解りのお方には、説明するまでもないし…。  です。

「ミコト」と「ヒコ」の検出用例を掲げます。

        ・          ・

「ミコト」

ホ1-30(213)
ホ4-37(591)
ホ5-24(741)
ホ6-2(772)
ホ6-23(855)
ホ6-26(867)
ホ7-17(973)
ホ7-47(1093)
ホ8-8(1178)
ホ8-33(1279)
ホ8-42(1314)
ホ8-45(1327)
ホ8-48(1337)
ホ8-49(1344)
ホ8-66(1409)
ホ8-71(1431)
ホ8-72(1436)
ホ8-76(1450)
ホ9-6(1557)
ホ10-5(1747)
ホ10-5(1748)
ホ10-30(1842)
ホ10-36(1867)
ホ10-39(1878)
ホ10-40(1885)
ホ10-45(1902)
ホ11-16(1999)
ホ13-2(2121)
ホ13-32(2242)
ホ14-1(2352)
ホ14-8(2378)
ホ14-37(2496)
ホ14-41(2511)
ホ14-42(2513)
ホ14-45(2527)
ホ14-48(2537)
ホ15-3(2556)
ホ15-30(2663)
ホ16-7(2779)
ホ16-9(2787)
ホ17-2(3140)
ホ17-49(3326)
ホ17-76(3433)
ホ17-93(3501)
ホ19A-18(3701)
ホ19B-24(3817)
ホ20-8(3856)
ホ20-21(3907)
ホ20-23(3918)
ホ21-1(3971)
ホ21-4(3981)
ホ21-12(4015)
ホ21-52(4175)
ホ21-53(4177)
ホ21-56(4189)
ホ21-58(4196)
ホ21-62(4215)
ホ22-2(4240)
ホ22-8(4266)
ホ22-14(4289)
ホ22-18(4304)
ホ23-2(4372)
ホ23-55(4584)
ホ23-66(4626)
ホ23-70(4644)
ホ23-77(4671)
ホ23-78(4677)
ホ23-80(4682)
ホ23-86(4709)
ホ23-92(4730)
ホ23-93(4736)
ホ23-94(4741)
ホ24-6(4784)
ホ24-9(4797)
ホ24-29(4875)
ホ24-36(4903)
ホ24-93(5132)
ホ24-100(5159)
ホ24-103(5172)
ホ25-1(5224)
ホ25-15(5281)
ホ25-36(5365)
ホ26-2(5480)
ホ26-4(5491)
ホ26-35(5613)
ホ26-44(5649)
ホ27-6(5711)
ホ27-23(5780)
ホ27-28(5802)
ホ27-32(5816)
ホ27-38(5842)
ホ27-39(5845)
ホ27-60(5929)
ホ27-62(5936)
ホ27-63(5939)
ホ27-64(5945)
ホ27-65(5948)
ホ27-79(7011)
ホ27-80(7015)
ホ27-86(7038)
ホ28-15(7135)
ホ28-22(7165)
ホ28-27(7185)
ホ28-54(7289)
ホ28-54(7291)
ホ29-14(7572)
ホ29-26(7621)
ホ29-39(7672)
ホ29-61(7762)
ホ29-63(7767)
ホ30-28(7904)
ホ30-33(7924)
ホ30-35(7934)
ホ31-2(7948)
ホ31-5(7961)
ホ31-21(8024)
ホ31-22(8031)
ホ31-33(8074)
ホ31-47(8130)
ホ32-9(8394)
ホ32-12(8406)
ホ32-38(8509)
ホ32-49(8556)
ホ33-8(8640)
ホ33-15(8670)
ホ33-36(8757)
ホ34-7(8806)
ホ34-13(8830)
ホ34-21(8863)
ホ34-29(8894)
ホ34-32(8906)
ホ34-48(8972)
ホ34-49(8976)
ホ34-58(9011)
ホ34-61(9024)
ホ34-62(9026)
ホ34-65(9038)
ホ35-24(9146)
ホ35-26(9154)
ホ35-35(9188)
ホ36-8(9230)
ホ36-13(9249)
ホ36-17(9266)
ホ36-24(9295)
ホ36-32(9325)
ホ37-4(9378)
ホ37-5(9382)
ホ37-8(9392)
ホ37-11(9404)
ホ37-41(9525)
ホ37-48(9554)
ホ37-57(9590)
ホ38-44(9770)
ホ38-64(9848)
ホ38-68(9864)
ホ38-79(9910)
ホ38-88(9944)
ホ39-50(10194)
ホ40-13(10445)
ホ40-14(10449)
ホ40-15(10455)
ホ40-35(10533)
ホ40-49(10590)
ホ40-62(10643)
ホ40-69(10669)
ホ40-72(10680)
ホ40-75(10692)
ホ40-81(10717)
ホ40-96(10777)
ミ0-3(10797)
ミ0-12(10831)
ミ1-2(10849)
ミ1-8(10871)
ミ1-10(10881)
ミ1-15(10900)
ミ4-11(11209)
ミ4-15(11228)
ミ5-1(11268)
ミ5-11(11307)
ミ5-14(11320)
ミ6-3(11348)
ミ6-10(11378)
ミ6-12(11387)
ミ6-13(11390)
ミ6-13(11391)
ミ6-32(11465)
ミ7-1(11469)
ミ7-32(11592)
生-11(11599)
春1-25b(11890)
春2-25b(11924)
フ0-3(11938)

「ヒコ」

ホ0-15(57)
ホ1-23(188)
ホ4-29(562)
ホ4-46(627)
ホ4-48(637)
ホ5-2(650)
ホ5-7(671)
ホ5-7(673)
ホ5-24(738)
ホ6-9(801)
ホ6-13(816)
ホ6-23(854)
ホ6-27(873)
ホ6-28(875)
ホ6-35(905)
ホ6-36(907)
ホ7-4(923)
ホ8-71(1431)
ホ8-73(1437)
ホ8-97(1535)
ホ9-11(1578)
ホ9-36(1676)
ホ9-36(1679)
ホ9-37(1681)
ホ9-38(1684)
ホ9-38(1686)
ホ9-39(1691)
ホ9-44(1709)
ホ10-7(1755)
ホ10-9(1763)
ホ10-10(1768)
ホ10-11(1773)
ホ10-15(1785)
ホ10-16(1787)
ホ10-17(1791)
ホ10-18(1797)
ホ10-19(1799)
ホ10-20(1805)
ホ10-21(1807)
ホ10-41(1888)
ホ10-43(1897)
ホ10-47(1911)
ホ10-47(1912)
ホ10-52(1931)
ホ10-52(1932)
ホ11-22(2024)
ホ13-1(2117)
ホ13-1(2120)
ホ13-16(2177)
ホ13-19(2190)
ホ13-22(2204)
ホ13-27(2221)
ホ13-31(2239)
ホ14-1(2352)
ホ14-5(2365)
ホ14-6(2369)
ホ14-6(2372)
ホ14-8(2378)
ホ14-15(2408)
ホ14-40(2506)
ホ14-42(2515)
ホ14-44(2521)
ホ14-45(2527)
ホ14-46(2530)
ホ14-47(2533)
ホ15-39(2699)
ホ16-4(2767)
ホ16-43(2922)
ホ16-95(3131)
ホ17-16(3195)
ホ17-98(3522)
ホ19A-10(3668)
ホ19A-22(3719)
ホ19B-6(3746)
ホ19B-24(3818)
ホ19B-26(3824)
ホ20-2(3833)
ホ20-4(3840)
ホ20-11(3868)
ホ20-12(3871)
ホ20-12(3872)
ホ20-13(3876)
ホ20-13(3878)
ホ20-14(3881)
ホ20-15(3885)
ホ20-15(3886)
ホ22-1(4235)
ホ22-2(4241)
ホ22-19(4307)
ホ23-87(4710)
ホ23-89(4719)
ホ23-91(4727)
ホ23-92(4730)
ホ23-95(4744)
ホ24-31(4884)
ホ24-37(4909)
ホ24-67(5026)
ホ24-71(5045)
ホ24-109(5195)
ホ25-1(5224)
ホ25-8(5255)
ホ25-9(5257)
ホ25-22(5309)
ホ25-22(5310)
ホ25-42(5388)
ホ25-45(5402)
ホ25-45(5403)
ホ26-13(5525)
ホ27-3(5701)
ホ27-8(5722)
ホ27-20(5767)
ホ27-26(5792)
ホ27-27(5795)
ホ27-64(5944)
ホ27-69(6970)
ホ27-69(6971)
ホ27-71(6978)
ホ27-91(7060)
ホ28-45(7254)
ホ28-67(7343)
ホ28-67(7344)
ホ28-90(7435)
ホ28-93(7447)
ホ28-96(7458)
ホ28-102(7483)
ホ28-104(7492)
ホ28-105(7496)
ホ28-108(7508)
ホ28-109(7512)
ホ29-1(7520)
ホ29-13(7569)
ホ29-14(7574)
ホ29-15(7576)
ホ29-37(7666)
ホ29-39(7673)
ホ29-42(7684)
ホ29-45(7697)
ホ29-46(7700)
ホ29-50(7718)
ホ29-57(7745)
ホ29-66(7782)
ホ30-5(7809)
ホ30-29(7908)
ホ30-33(7925)
ホ30-34(7930)
ホ31-2(7951)
ホ31-5(7963)
ホ31-9(7976)
ホ31-32(8071)
ホ31-37(8090)
ホ31-42(8109)
ホ31-48(8135)
ホ31-49(8138)
ホ31-50(8143)
ホ31-55(8161)
ホ31-55(8163)
ホ31-63(8195)
ホ31-64(8199)
ホ31-68(8215)
ホ31-69(8218)
ホ31-70(8221)
ホ31-71(8226)
ホ31-75(8241)
ホ31-86(8285)
ホ31-87(8291)
ホ31-89(8299)
ホ31-90(8302)
ホ31-95(8321)
ホ31-96(8326)
ホ31-101(8345)
ホ31-102(8348)
ホ32-2(8364)
ホ32-6(8381)
ホ32-7(8386)
ホ32-7(8387)
ホ32-8(8390)
ホ32-29(8474)
ホ32-29(8475)
ホ32-30(8478)
ホ32-35(8498)
ホ32-37(8505)
ホ32-43(8535)
ホ32-49(8559)
ホ32-58(8593)
ホ32-58(8595)
ホ33-2(8617)
ホ33-4(8624)
ホ33-6(8635)
ホ33-7(8636)
ホ33-37(8762)
ホ33-38(8764)
ホ33-39(8769)
ホ33-39(8771)
ホ33-41(8776)
ホ33-41(8777)
ホ34-1(8784)
ホ34-2(8787)
ホ34-3(8792)
ホ34-7(8809)
ホ34-8(8810)
ホ34-9(8815)
ホ34-9(8817)
ホ34-10(8818)
ホ34-26(8883)
ホ34-27(8886)
ホ34-32(8907)
ホ34-36(8922)
ホ34-48(8972)
ホ34-53(8991)
ホ34-58(9010)
ホ35-2(9056)
ホ35-6(9074)
ホ35-14(9105)
ホ35-14(9106)
ホ35-15(9108)
ホ35-25(9147)
ホ35-25(9148)
ホ35-30(9167)
ホ35-30(9169)
ホ35-30(9170)
ホ36-6(9221)
ホ36-6(9223)
ホ36-7(9225)
ホ36-26(9300)
ホ37-3(9372)
ホ37-5(9383)
ホ37-6(9385)
ホ37-29(9479)
ホ37-30(9481)
ホ37-32(9489)
ホ37-42(9529)
ホ37-45(9540)
ホ37-46(9546)
ホ37-56(9585)
ホ37-56(9587)
ホ38-1(9599)
ホ38-3(9607)
ホ38-5(9614)
ホ38-14(9648)
ホ38-17(9660)
ホ38-18(9664)
ホ38-18(9665)
ホ38-19(9671)
ホ38-21(9679)
ホ38-23(9685)
ホ38-23(9686)
ホ38-60(9834)
ホ38-60(9835)
ホ38-67(9860)
ホ38-80(9912)
ホ38-88(9947)
ホ38-89(9949)
ホ38-96(9978)
ホ39-13(10048)
ホ39-18(10067)
ホ39-20(10074)
ホ39-21(10078)
ホ39-22(10082)
ホ39-28(10107)
ホ39-33(10125)
ホ39-37(10143)
ホ39-37(10144)
ホ39-39(10149)
ホ39-57(10222)
ホ39-58(10225)
ホ39-58(10226)
ホ39-69(10269)
ホ39-72(10284)
ホ39-86(10339)
ホ39-89(10352)
ホ39-94(10370)
ホ39-99(10390)
ホ40-13(10446)
ホ40-14(10448)
ホ40-30(10512)
ホ40-34(10529)
ホ40-34(10531)
ホ40-35(10535)
ホ40-36(10538)
ホ40-52(10603)
ホ40-54(10609)
ホ40-66(10659)
ホ40-68(10667)
ホ40-73(10684)
ホ40-90(10755)
ホ40-91(10757)
ミ0-8(10815)
ミ1-8(10871)
ミ1-10(10881)
ミ2-1(10979)
ミ4-1(11172)
ミ4-2(11174)
ミ4-18(11240)
ミ4-23(11257)
ミ5-11(11306)
ミ5-16(11326)
ミ5-16(11328)
ミ6-2(11345)
ミ6-2(11347)
ミ6-13(11390)
ミ6-32(11466)
ト-1(11661)
朝3-38a(11804)
朝4-36a(11835)
フ-26-イヰサ(12109)

                 ・

また、

「ヒコ」「カミ」と熟語を為しての言葉には、

『ミカサフミ ワカウタのアヤ』にある新知見の言葉ですが、

「カミ」とは、

縦棒の「繋がり来たり」、「ア列」母音の「茫洋として」。

「ミ」の「生じてきているもの」の、

ヲシテ文字からくる原初の意味合いを強く示しているようです。

Kami_3

「カセ」(繋ぎ齎しのカする事を為す、カゼ、風)の、

さらに、結実化の作用の働いた場合が「カ・ミ」ですね。

               ・

やっぱり、ヲシテ文字のイメージに立ち戻って考えるのが、

正道だと思います。

「神」の漢字に直訳はダメダメですね。我が大文明を、China風に叩き売ってはなりませぬ。

我が国の、漢字以前、「縄文文明」は高度なるがゆえに、

どうしても、ヲシテ文字の醸成されてきた原初の哲学の理解をベースとしなくては成り行かないと思います。

Yaesakura

             <ハルの嵐でダメかと思っていましたが、

            幸いにも、残りました。 今年も、ハナを塩にして、

                      桜茶を作れそうです>

               ・

時代は、変わりゆくものです。

ヲシテ時代の言葉の「カミ」を、「神」に当てたら誤訳だと、

常識になる時も来ることでしょう。

そういえば、この頃は禁煙車の方が多くなったようです。

かつては、新幹線の1号車と2号車だけが禁煙自由席で、端っこまで、

テクテクよく歩いたものでした。当初、禁煙車が出来た時は嬉しかったですね。

息を止めて、煙の立ち込めている車両を渡るのは、疲れます。

この頃は、ラクになりました。

                 

 

 

 

 

 

 

 

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 漢字頼りを、どうやって?  撤廃して、距離を置いてゆくか?  鞍居モモの開花です。 | トップページ | 奇跡の書、その事のこと、『ミカサフミワカウタのアヤ』の事。    『アワ歌で元気になる』の宮崎貞行さん新著のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢字頼りを、どうやって?  撤廃して、距離を置いてゆくか?  鞍居モモの開花です。 | トップページ | 奇跡の書、その事のこと、『ミカサフミワカウタのアヤ』の事。    『アワ歌で元気になる』の宮崎貞行さん新著のこと。 »