2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水尾神社の修理の完成のお祝いの事。250年ぶり。  追記、女房のウタの事。 | トップページ | 松本善之助先生のご逝去から、もう10年です、 か。 »

2013年3月15日 (金)

元にと、見直すこと。 岳山のこと、長田神社のこと。 縄文建国のこと、その再認識のこと。

水尾神社の修理完成の事から、我が国の縄文建国の事、思い起こしていました。

今では継体天皇の胞衣塚(えなつか)の看板表示もされていて、すぐに分かるようになりました。えらい進展ですね。

みなもとを考えましたら、

長田神社の事ですね。重要なことは。

Dakeyama0

長田神社の、入り口と、岳山とはセットの写真になります。

送電線や電塔が気になりますが、現代では致し方有りません。

Dakeyama2  

サルタヒコ由来の長田神社、

Nakata

そして、

サルタヒコこそが、クニトコタチさんの直系のご子孫。

この関係について、

じっくり考えてみますると、重要さがさらに増して感じられるのであろうと思います。

水尾神社は、イワツクワケさんのご在所で、住所地名の「拝戸」とは、クニトコタチさんの伝統のサルタヒコ由来地を拝する意味の地名です。

Nagata1

サルタさんの事、一冊の書籍にまとめとく必要がありそうです。

岳山は、縄文建国の時代の最も重要なお山のようです。

Dakeyama1

三角の白いところがトレードマークの岳山です。

水晶の取れる所の白い崖です。

               ・

ウカワ(鵜川)の白鬚神社は、カリヤの位置関係ですね。

Ukawa

Dakeyama4

昨日は、鳥が多く飛んでいました。

Dakesann5

ウ(鵜)でしょうか?

湖中の鳥居も、水が満ちています。

Dakeyama6

Dakeyama7

比良の山の上には雪が見えます。

縄文建国の精神のこと、どう、現代・未来に活かしてゆくべきか?

これが、本当のテーマだと思います。

この、最重要の視点が無かったら、しょうがないと思います。

 

                  ・

 

『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の方は、下記のような所です。

だいぶ進みました。

Mikasahumiwakautanoaya3

 

 

 

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 水尾神社の修理の完成のお祝いの事。250年ぶり。  追記、女房のウタの事。 | トップページ | 松本善之助先生のご逝去から、もう10年です、 か。 »

コメント

原文のうつくしさを感じます。訳ではわかりませんですね。短い言い方の深みが分かるまでには至りませんですがとてもたのしいです。ミカサフミワカウタ楽しみにしております。

 
 
 
 
        ・
われわれは、国家の根幹、本来の歴史と本当の国語の立て直しを目指していますから、直訳文を良しとするのでは根本が違うわけです。
初学の初めの頃はしょうがないこともありますが… 、 骨董品でも、贋作がかなり多くて何回か泣きを見てから気がついてくるものでありますね。 
それ自身には、悪意のない贋作もありますから、真贋の見分けは厄介です。いわゆる、「習作贋作」というもので、作者は習作のつもりで真面目にやっててても、世間に出回るうちに用いる人が「真作」のように扱うと、時代が狂わされて結果「贋作」になるような感じです。茶碗などは、時代付けに、茶渋の紅茶漬けが多くの場合されまして、シロートには見分けが付かなくなりましてやられちゃいます。作者は悪意ないのですがねー 、…。 
紅茶での時代付けは、焼き物の嵌入(かんにゅう、ヒビの入り方)の多さ大きさなどで違いはありますが、1週間程度漬けてると100年ぐらいの時代が付くようです。 「ズブズブの秀真伝(しゅうしんでん)」に1年漬かってしまうと、汚れの払いの塩抜きに相当の努力が必要になってしまうようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水尾神社の修理の完成のお祝いの事。250年ぶり。  追記、女房のウタの事。 | トップページ | 松本善之助先生のご逝去から、もう10年です、 か。 »