2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 現代語への直訳文を見てどうのこうのと言うのは、筋違いのこと。  大いなる過ちの、その根源のこと。 | トップページ | ウトウのこと、忙しいので映像を有り難く拝見のこと。 »

2013年3月 1日 (金)

女房のウタのこと。 ウー・クイスのこと。 (ウグイスの初鳴き)

校了に近くなりますと、ソワソワとか?

言わば、纏(まと)めての表現でしたら、情緒不安定になります。

あれこれあれこれ、あーでもないこーでもない、と、思い悩むわけです。

         ・

ウンウン唸ってましたら、

女房がウタの直しを、と言って来ました。

へー、? ウタの直しを乞われるようになったものか?

そして、

   ふとみれば ふきのとうこそ

   春の雨  はるかウグイス

   ういに鳴くとて

 と、ほんの一文字直しをしました。

でも、直しは、ちょっとした表現の技巧上のことだけです。

感性を、それを、

ちゃんと、解るようになって、ウタを詠(よ)みたいと、

それが、とにかく嬉しいことです。

           ・      ・

今年の初音のウー・クイス(ウグイス)は、

とっても可愛い鳴き声でした、

4~5日前から、やっと始まりました。

微笑ましいでした。

もう2週間もすれば、けっこう一人前の鳴き声になるのでしょう、ね。

それも、たのしみです。

             ・

「ウタのなおし」は、ウネビネの所に在りました。

正確には「ウネヒネ」と読むべきでしょうか?

そうだと、耳にどうもピンと来ない恐れがあります。

濁音のこと、どうするか? これも思い悩みの事です。

Utanonaosi

思惑を込めた場合もありました。

女房の場合は、純粋に「直し」だけでした。

 

 

 

 

 

            ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 現代語への直訳文を見てどうのこうのと言うのは、筋違いのこと。  大いなる過ちの、その根源のこと。 | トップページ | ウトウのこと、忙しいので映像を有り難く拝見のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代語への直訳文を見てどうのこうのと言うのは、筋違いのこと。  大いなる過ちの、その根源のこと。 | トップページ | ウトウのこと、忙しいので映像を有り難く拝見のこと。 »