2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

現代語への直訳文を見てどうのこうのと言うのは、筋違いのこと。  大いなる過ちの、その根源のこと。

耳タコのことですけれど、何回言っても、世間に認知されにくいので、

また言わざるを得ません。

             ・

直訳文を見てどうのこうのと言うのは、

筋違いの事についてです

漢字かな混じりの直訳文は、

既に、現代語がいっぱいの組成比で構成されています。

それが、ヲシテ時代語への意訳ではなくて、近世語や現代語に直訳だから不都合千万なのです。「ねずみ男」と呼ぶ所以です。

過去、印刷に掛かっただけでも「鳥居・秀真伝」や「吾郷・秀真伝」また「鏑・秀真伝」などなどなど、ゴミどものいろいろ、

金華山なんて、江戸時代から流行(はや)った場所、「言霊」なんて江戸時代に流行った概念に当てるなんぞの事事です。根本的な大間違いをやってても「完訳」だ! なーんて、言っちゃってる「ねずみ男」。

数多(あまた)に偽書製造が為されてきました。さらにもっと低レベルのモノは、他にもたくさんたくさんあります。どうして低レベルかと言うと、投資・出費も掛けてないから、公(おおや)けのランクが低いからです。形はどうであれ、その内容は、レベルを共有してます。すべてがすべて、全部が全部、十把一絡げでどうしようもないものばかりです。

現代語直訳や、江戸時代語への単なる直訳だと、偽書製造だからです。

ヲシテの原文で読むと、折角の、本当に美しい真書なのに、直訳にして偽書に貶(おとし)めてしまって、偽書作り。

それから、どうのこうのと、議論しても、直訳偽書にと既にねずみ男に齧(かじ)られちゃって、すでに土台が狂ってますから、どうしようもないのです。

ねずみ男が悪さをしてのことです。ようやく広まってきた鬼太郎のイメージをパクって、インチキ・オモチャを売りまくって、クレームが殺到した事象と重なります。

それは、やり口が、ハナから間違った道筋なのですね。

取り組みの仕方の、根本的な間違いです。

           ・       ・

アマテルカミのご使用なさっておられた文字を、文章の様式を無視しては、本来の尊さに行き着く事の出来るわけがありません。

原著作者の使用していた文字を読めないで… ?  ですものね。

どうかしてると思います。

ハナから、Chinaに色メガネを掛けさせられたまま、の、そんな事なのですよ! 私などは、尖閣で思いを新たにしてます所です。そんな事、直訳なぞをやるのは、回し者か? と思っちゃいますね。的屋六兵衛も、ハリスのスパイでは? と、茶坊主が言ってるそうです。 (「日経新聞」の「黒書院の六兵衛」の的屋六兵衛http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post.html)

ヲシテ文字、ヲシテ文献の文体・文章、そして、当時の語彙をきちっと遡及して理解してゆくこと、その上にたって、初めてマトモの議論に成り得ます。

つまり、ヲシテ文字も読めない、ヲシテ文献の文章も読めない、… … 、では、始めっから論外だということです。

「ねずみ男」の作った直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」などの酷い最低のものを根拠にして、云々と、論を展開するのは全くのお門違いも甚だしい限りです。

China語風に翻訳してからどうのこうのと言うのは、おかしい、と言うわけですね。千年来、我が国の尊さがかなり変に染められてきちゃってたのです。

これを直さねばならないのです。

       ・       ・       ・  

そう言うことなのです、

根本的な直しの作業ですから、

何方様(どなたさま)であられましても、入門なさるに付きましては

王道は、近道は、抜け道は、此れらは一切に於きまして有りません。

  1、 ヲシテ文字の読み書き

  2、 ヲシテ文献の素読・暗唱(1~7アヤまでは必須)

  3、 ヲシテ時代の原文の読み書き

これは、現代に生きる私達には、どうしても必須なのです。

  本当に、どのようなお方さまであられましても、上記の3項目は変わることは一切におきましてあり得ません。

ヲシテ文献への入門は、これほど極めて困難なのです。

             ・

さて、

大体のところ、ヲシテ文献の文章が読めてきたら、

次には、漢字文献類との対比比較のこと、その評価を自分自身で判定をしていってもらうことが必要です。記紀との対比比較の、その、評価をしてゆくことです。

ご自分自身の判断で、漢字文献類との決別を、きちっとして頂く必要があるのです。

『古事記』はおかしい、という、認識ですね。

これが、はっきりと理解されて来ましたら、そこそこです。評価を致します。

とにかく、大変に粘り強い根気と、極めて強い祖国愛によらねば成し得ないことだと思います。

ただ、思いますと、

こんなに大きな仕事が、

眼の前にあることは、とっても、千載一遇の事でもあります。

それだけに、困難の事の大きさは、想像にまさるほどの凄まじいものであるわけです。

                ・

また、

ヲシテ時代の文章には、

何重にも意味を掛けて込めて綴(つづ)られています。 

例えば、藤の蔓(つる)を言う「フシ」と、藤の花を言う「フチ」の使い方です。

「添意」と名付けてます。こころを添える表現方法です。ジャズなんかのアドリブに似ています。下記に詳しく記しています。

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/page9.htm

直訳したら、添意もちょん切りになるのです。

ちょっと分り易いからと、直訳のうす汚い偽書を振り撒(ま)く、

ねずみ男の「甘言(かんげん)」に騙(だま)されてはなりません。

ちょっと見の、綺麗さ、

ぶら下げの肩書き、などに騙されてはなりません。

「七年見よ」と、勝海舟は言っていました。箴言だと思います。

              ・

わたくしは、逃げません。

筋を通しての「諫言(かんげん)」を、常に諭(さと)し述べます。

               ・          ・

過去におきまして、

私の反省としまして、

ねずみ男の目を覚まさせたいものだと、

思い込んでいたのが私の大いなる過ちだったと、思いを新たにしました。

ゲゲゲの鬼太郎も、吹っ切れる時を得てこそかもしれません。

千年来に解らない人には、やっぱり、わからないようです。

此処の敷居のことです、

どう越えて来られるのかどうか?  です。

 

 

 

  

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月20日 (水)

水尾神社の修理の竣工のこと。 もう、修理の竣工だとのことです。   ドナルド・リチーさんを悼んで。   『よみがえる日本語』の増刷のこと。

去年の1月に、大修理をするから、

と、

水尾神社から、お便りが来ました。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-4418.html

もう、一年になりますか。

早いものです。

Ume4

   <ウメ(ヲシテ時代はムメ)が咲いたのは、

                 河口湖と比べて早いそうでした。

                  今日のあけぼのはピンク色でした>            

Photo   

         <ムメの用例です。

           検索リストですから、違う語彙も混ざってます>        

Mume

            ・  

昨年の暮れから、

新発見で大発見の『ミカサフミ』に没頭していましたので、

月日の流れるのを忘れていました。

            ・

重要な神社の水尾神社、

 やっと修理完成の

竣工のお祝いにと、こちらにも、上がりたいものです。

ご案内を頂きました。

しかし、今、わたくしは、

『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の事、上梓に向けて最後のひと踏ん張りに、

その期日までに終わるかどうか?

あと数日、様子を見てから、判断を致したいと思います。

水尾神社は、とても重要なところです。

出来れば、ぜひ、是非とも参列したいです。

とは言え、

喫緊の、

『ミカサフミ アワウタのアヤ』の書籍の上梓に関わる細かい詰めは、さらに息せき切って重要な所です。もう、目がショボショボです。

目処がつくと良いですが…  。

               ・

印刷屋さんが、とっても良いので、

上手くゆくような流れにはあると思います。

不確かなことは、極力抑えて考えての事々です。

だいたいは、7割ぐらいの成否において、参列できそうに思っています。

          ・         ・

なお、ドナルド・リチーさんがお亡くなりだと聞きました。

ご冥福をお祈り致します。

かつて、

「ジャパン・タイムス」に紹介記事を書いて下さいましたことを思い出します。

Mr_donald_richie

                                                            「THA JAPAN TIMES」 MAY20,1997

多くのお方々様の、ご支援を賜りましてのこと、

改めて深く感謝を致して居ります。

さらに、重々、その尊きご期待に沿わねばならないと、

こころを新たに致しております。

               ・

『よみがえる日本語』の増刷が届きました。

初版は、もうすぐ無くなります。

3年ほどで初版の完売は、有り難いことでございます。

今は、1500部程度の刷数ですので、どうしても、高価な価格設定になってしまいます。でも、その価値をお認め下さいましてのこと、長く歴史に残ると思います。

次期の、国語の縄文遡及編の各論篇を、

やってゆかねばならない、のです。

なかなか難しく、難航です。

それだけに、我が国の国語の根幹は難しいということです。

今回発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』で、新展開にかなり、理解が進みました。開明的な革命の事項だと思います。

さらに、考慮・熟考の歳月が必要に思います。

今回発見の『ミカサフミ ワカウタのアヤ』は、我が国の漢字以前の歴史・国語を考えなおす上に於いての、大きな転換点だと言う事だと思います。

何しろ、根幹の所の理解が、随分と変わるからです。

 

  

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月13日 (水)

何が何とあっても。信じることは曲げないこと。

何十年来と、まじめに、

「ヲシテ文字」に原字原文での根拠にたって、きちっと、読みを定めてゆくこと。

ここの事の大切さを、

言い続けて来ましたら。

はじめの30年ほどには、直訳偽書の「秀真伝」ばかりでしょうがない事でした。

大変も大変のことばかり…。

                  ・

でも、

筋を曲げないで、愚直に真面目にやってきていましたら、

多くの理解してくださいますお方が、

徐々に出て来て下さいます様になってきました。

             ・         ・

ヲシテの原文を読んでの感動を、が、あたり前のことですね。

それを、何にも他には変えようもありませんです。アマテルカミのお使いの文字ですからですね。

現代の言葉や、近世の江戸時代頃の言葉に当て付けする、へんな人たちがいっぱい出て来てましたが、もう、仮面は剥がれたようです。

                   ・

我々には、もっと、高度な「縄文文明」の真価を問うてゆくべき本来の仕事が課せられています。きちっと、やるべきことに、為しゆくべきこと事に、力を注力してゆかねばなりません。  

 

  

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月 3日 (日)

「サコクシロ」の言葉は漢字国字化時代の以前に遡ります。「ゴ」と濁るのはおかしいです。

なぜ?

濁りの音にするのか?

「サコクシ」の言葉を検索してみます。

Sakokusi

たったのひとつも、「ゴ」とやってる濁音の例はありません。

現代語的に、否定の意味の「ズ」など、区別しないと分かり難い例ならまだしもですが、

アマテルカミの、その、哲学に迫る重要なお言葉が「サコクシ」なのに、どうして? 「ゴ」と濁らせるのか? これを、貶め族と言わないでどう表現できましょうか?

              ・

可哀想なハナコさまに、

一点濁点の「ゴ」が付されていたのは、その意味に解る気がします。

Hanako1

Hanako2

濁るのは、濁音にするのは、ひっくり返す意味が含まれているのです。

仏教じゃあるまいし、モトに還るのを邪魔する意味になる「サゴクシロ」の「ゴ」の濁りの濁音は、どう見ても本来の意味からの逸脱です。縄文哲学の素晴らしさを消し去ろうとする、そんな、邪悪な行為だと思います。

                 ・

かく、申しまするのは、

アマテルカミを深く尊敬申し上げ、

我が文明に強い愛情を抱くが故の事で御座います。

 

 

 

 

   

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月 2日 (土)

『すべては今のためにあったこと』修養団の中山靖雄先生の著書のこと

長年お世話になっております、修養団の中山靖雄先生の、

とっても良い著作が出ました。

『すべては今のためにあったこと』(海竜社

 Subeteha_3

 人生に対する見方がスキっとする本だと思います。

お手元に、置いて頂くと、より良い味方になると思います。

記事になってました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130128-00000065-minkei-l24 

 

   

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2013年2月 1日 (金)

『ミカサフミ ワカウタのアヤ』脱稿しました。 おかげさまの、多くの重なりの、その多くの多くの事々のお力の重なりの事。 感謝・感謝の他ありません。

こんなに早くにも、脱稿に至る、とは思いもよらない事でした。印刷に掛けちゃうのです。つまり、大きな費用を投資してまで、この文献は印刷物のきちっとした体裁によって、万世の未来にまで時を超えて行き至って欲しいと念願したのでした。

ひとくぎり(一区切り) です。

暮れからの、悩み悩みの五里霧中の中に、どうやるか?

  でした。寝ても覚めても、   です。

ヲシテの文字の筆記の初心のお方の記録だったのが、この写本でした。江戸時代、おそらくは中期の頃でしょうか? 書写の時代の詳細を特定出来る決定的なそのカケラもまだ見つかっていません。全体的理解での、おおよそは、江戸中期の事は間違いないと思います。

昨年の暮の発見から、びっくりの解明進展が起こりました。

内容が、ヲシテ時代に遡るオリジン(源流)のテキストで、しかも、飛び抜けて貴重な理念・概念を解き明かしている「アヤ(文献)」だったのです。そして、江戸中期にも遡る写本です。

ほんの、言うなれば、本当に一重のような、

一筋の細い糸の、

その、フワフワになってしまった柔らか写本からの、ちゃんとヲシテ時代の原書のテキストへの遡及再現の仕事です。

むつかしいことです。  何とか、こなせる事が、少なくも為し得たかな?  と、口幅ったいですけれども、  そんなことだと思いますです。

今にもまだ、目がチカチカしてます。幾つもの予備のメガネを取っ替え引っ替えしてます。ちょっとも、治(おさ)まりません。

少しは休養と思いますが、気は休まりませんです。動悸がなかなか収まりませんです。

内容についての解釈がそれで良いのか?

編集の作業のことは、それで、読者の皆様に解りやすいのか、どうか?

印刷に掛けるべきの、表現のバリエーションとして文字体は、ゴチックが良いか? 明朝が良いか? もう一寸、バリエーションを効かして、古文体の雰囲気を負荷できる書体にしたらどうか?

などなど、本来の我が国の美しさをどう現代に再現できるかです。

気を使う所はそういうところですね。

印刷の完了をもって、

年貢を納める覚悟をするということで、御座いましょうか?  もう、覚悟の時ですか。 わたくしにとりまして、決断の時なので御座います。良しも悪しきも、選別の対象になります。苦しい苦しい日々で御座います。これで、良いのかどうか? 夜にもまたまた、夢見に責めの事もあります。  何か? 何か? 更にさらにもっと良い修正を為して出来るタネが、他に有るのかも知れないかも?  の、その思いばかりです。

イサナギさまの、「アシヒキ」のそのオココロが、

目の前に見えてくるようで御座います。

 

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

『群書類従』の電子化の事。  八木書店さん

『群書類従』の正編・続編・続々編まですべて電子化をするとのことです。

八木書店さんの事、ぜひぜひ、応援したいです。

             ・

塙保己一さんの心血を注いだ事業です。

「日本」をしっかりとさせる仕事です。

私のミチ(道)も同じ路線の上にあります。 

 

            ・

八木書店さんからのメールです。

転記します。

      ∞       ∞       ∞

 

2014年夏、群書類従(正・続・続々)を電子化。全文検索を可能に!

小社は、2014年夏配信を目指し、「群書類従」133冊(正・続・続々)を
電子化し、Web配信にて販売をいたします(予価100万円)。書籍紙面の
画像閲覧はもちろん、全文検索を可能にします。鋭意製作進行中にて、
ご期待ください!

 

 

 

 

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »