2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »

2012年7月28日 (土)

食物のこと、動物は本来的に悲しいものですね。 

食物のこと、食物連鎖のことですが、

われわれヒトなど動物は、基本的に後世生物ですから、一次生物の事をちゃんと感謝をしないといけないと思います。

Hituki

「ヒ・ツキ」のエネルギーから、生命のいろいろは養われているわけです。

一次生命体の定義ですが、これも、結構にむつかしいです。

植物は一次でしょう、藻も、植物プランケトンも、海底火山の熱水噴出孔に住む硫黄細菌も一次じゃないかと思います。ではミトコンドリアは、どう考えるか? 細菌類、ウィルスなどは? クリプトスポリジウムなどの原始動物は(寄生生物としては二次でしょうが、エネルギー獲得から言えば、発生的に一次的でもあるようです)?  などなど、一概に即断は難しいです。 追記 『辺境生物探訪記』(長沼毅、光文社新書)をみてましたら。 「独立栄養生物」と「従属栄養生物」と分けるやり方もあるようです。「いのち(生命)」の定義も難しいですね。

Photo

ニュー・ハウンドランド沖の植物プランクトンです。  

Terra/MODIS
2012/209
07/27/2012
14:45 UTC

Phytoplankton bloom off Newfoundland

下はアイスランドです。 Photo_2

              ・

シェールガスの有用利用が有り難いことに実現されつつあります。

頁岩の薄い粘土に挟み込まれた動物や植物の身体の有機物が分解されたガスが溜まっているのがシェールガスですね。薄い頁岩の層を割り砕くことで有機性ガスの収集が有用に出来得る、溜まってた、ストックの恩恵ですね。もとは、生命であり、遡れば「ヒ・ツキ」のフユ(賜り物の恩恵)です。

それにしましても3000m地下を垂直掘りから水平掘りに曲がって掘りゆく技術は、驚きです。革新ですね、世界は広いと思います。

その、広い世界に、わが民族が何を提供し得るのか?  が、本当のテーマです。勝った負けたかじゃなくて、どれだけ寄与でき得るか? です。

ここが『古事記』の世界感との、決定的な相違点です。だから、ヲシテ文献で定礎からの立て直しが必要なのです。「われが、我が、 ワシがワシが」の世界観は、ソサノヲの「アメのミチ」を悟る以前の醜い状態です。アマテルカミが、悟りの以前のソサノヲの派遣をためらわれたのは当然のことであると思います。

 どれほど多くの生命が、細菌や植物や動物など、在ってきてのことかと思います。それらの根底は、一次生物にあるわけですね。地球の岩盤の奥深くに長く生息している原初生物や細菌類は基底の生物ですね。地球の大変革のあとにも、また、タネを齎してくれます。

 「ヒトのミは  ヒ・ツキのフユに

 やしなわれ メクミしらせん」

 の事々をしっかりと、伝え直してゆきたいと思います。

この事、縄文日本の根底の哲学ですね。

              ・

 しかしながら、

未だに解らないのが、ヒトと、その以前の生命との敷居の値のことです。閾値(しきいち)ですね。原人からのことや文化や文明の事も含めるとさらにむつかしいです。ヲシテ時代にも、色々と悩んでいた記述を散見します。

     追記

「マサル」のこと。穴居生活時代はヒトとしての認識でよいか?

用例を掲げます。

Masaru_2

Anani 

Kokoroha

          ・     ・

高い敷居のようにも思える反面、

原生動物の精緻さを知ったりしますと、

サルやシカなどは、生物の仕組みとしてわれわれヒトとどれほど違うのか?

と思います。生命の仕組みにとどまらず、理解の程の事も、ヲシテ文献での「ミヤヒ(意識の働き、みやび)」の事を思ってですね、意味深い事柄です。 

そういえば、一昨日、若い離れサル(猿)がウチに迷い来ました。

クワ(桑)の木に登って、そこから屋根の上に行って、こちらの騒ぎを見て何処かに去って行きました。

彼と、どれだけ違うのか? 

サルじゃなくて、ヒトに生まれて良かったと、ほっと思いました。

アマテルカミの事で、前世が良い生き方だったから…、

と言うのにも、思いは移ります。

              ・

ヲシテ文献の、生まれ変わりのミチの事を思います。

Mitiwasuru

           ・        ・

冷泉家の

おウタのお題が、「すすき」です。

もう、秋の雰囲気ですね。 この暑さのなかにも、少しのアキ(秋)を感じます。

ススキのこと、検索しときます。

Susuki

15-40と28-63は「マサカキ」のことですね。

29-12と38-17は勿論、除外の用例です。

 

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2012年7月27日 (金)

「ほつま」は簡単でないので、時間を掛けて、ゆっくり、じっくり、本物の尊さに理解が至ってから…。

漢字かな交じりの現代文に直訳 したら、それで良いじゃないか?

そういう人は、此れまで、ゴマンと居ました。

人覚えの悪いわたくしに、さらに記憶にほとんど希薄になりますが、それは、余りにも多かった事がさらに忘れさせる原因と考えられます。

悲しくも、彼ら彼女らは

すべてがすべて、消え失せての討ち死にです。本当に多くの人たちが、眼前を過ぎ去り消え行きました。

とりいれくん、鳥居礼くんや、鏑邦男、などなど、あまりにも多くあったので、

名前も忘れてしまいます。(彼自身が「取り入れ」だと、言ってたと仄聞しました。そう言えば、わたくしの書籍を出す尻から、パクってたのを思い出します。正確にコピーするのなら、まだ、マシなのですけどね。今になって、良く解りました。「取り入れ」の件は、結構に信用の置けるデータベースです)

戻りようの無い人はともかくも、もしや他の人々は、思い直して悔悟して、本来の道に戻ってもらえるならば、と、思って願っております。

              ・

わたくしの立場は従前から、変わっておりません。

ちゃんと、同志としての訣願の人には出来る限りの尽力はさせてもらっています。

『よみがえる日本語』の出版に関わる諸々には、少なくとも3回は上京しましたですね。その他いろいろ、多くの努力をしました。これからの事にも、さらに、本論の上梓に向けて、日夜の取り組みです。為しゆくべきことは、多く有るのですが、能力や、時間や、アイデアがなかなかに、思うほどには出て来ませんのが残念なところです。

         ・          ・

「ほつま」あるいは、もっと適切に言うなれば「ヲシテ文献」の尊さの意味合いは、

そんな簡単な事ではありません。

訳してポン!   、だ、なんて、あんまりにも大切さが解っていません。

ヲシテ文献の「ヰ・クラ、ム・ワタ」を「五臓六腑」と訳すようなやり方が、訳してポン! ですね。幼稚だと思います。我が文明の尊さについて、ちょっとも、理解が為されていません。

それは、「日本」のこれからの世界における役割に、理解なしのことも大きいでしょうね。 

              ・

本当の意義がわかってくれば、

「ヲシテ文献」のですね、

訳してポン!  のレベルは、ワケ無しもいいとこです。

ヲシテ文献の意味合いは、

訳してポン!  では、あまりに酷(ひど)くて、

そんな事では無いのです。 もっともっと、とっても大きい仕事なのですね。

漢字国字化時代以降の歴史についての、すべての見直しをしようと言うことになります。

だから、訳してポン!  では、訳が解ってないと言うことの表明なのですね。すなわち、漢字での訳文は一切が意味を成し得ない、構図です。

訳すというのは、漢字国字化時代にエールを送る。追認してしまう事です。つまり、China麗讃なのです。China麗讃で良いの?  です!  この、基本構造が理解(わか)りますと、「秀真伝(しゅうしんでん)」の方向は間違いだと、心の奥底から、マトモな人だったら気がつくはず、だと思うのです。マトモなヒトだったらね?  です。

クシミカタマさんの事を、櫛甕玉命だなんて、漢字国字化時代以前なのにおかしいです。こんな変な当て付けをやって平然としてるのは、無視してくださいね。全くの時代把握も無しの人ですね。

訳してポン! じゃ、まったくの意味なしです。

現代語でもコンピューターの機械翻訳では、

ひとつひとつの単語を、辞書で引くよりはマシでしょうけれど、あんまり良くは分かり兼ねますね。直訳は、  それなりの、ことです。

         ・        ・

この事を、言い続けて、

もう40年余りになります。

「秀真伝(しゆうしんでん)」と、

わたくしの立場との間を取り持つだなんて、おかしっくて、何にも意味を為さない言葉だと思います。

「秀真伝(しゅうしんでん)」の方向は、どう考えても、「ねずみ男」の道筋だと言うことですね。

             ・

記紀の原書の発見があった訳です。

まじめに取り組んで、この大きな仕事をどうしてゆこうか?

と、真摯に努力しているわけです。

             ・

とにかくも、ヲシテの文字

(ホツマ文字、ホツマ文字なんて言うのは特殊文字の使い方も分かってないレベルですね)

も、まともに読めない人が、ごちゃごちゃやってますので、

ご用心下さいませ。

信用できますのは 「日本ヲシテ研究所」のHPに掲示してます。

わたくし以外の書籍もちゃんと掲示してあります。

此処にないのは、過ぎ去った過去のものか眉唾モノとご判断を願います。 

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2012年7月22日 (日)

ムカツヒメさまのご陵墓の場所は何処か? 

アマテルカミの正皇后になられたムカツヒメさん、

ホノコ様の事ですが、ミコ(皇子)のお世継ぎのオシホミミさまをお産みになられます。

Photo_2Photo

後に、ミコ(皇子)のオシホミミさんは、

オモイカネ、ワカヒメ(ヒルコヒメ)の叔母夫婦に育てられることになりました。

それは、揉め事が起きて、の事があった事。

さらには、ムカツヒメさんが早くにお亡くなりになられたこと、が理由ではなかったか?

と、推察されます。

Photo_4

また、そうしましたら、既に、ムカツヒメさんのご陵所の事、この時点に定まった可能性が濃厚です。

ムカツヒメさんの所縁(ゆかり)は、

お父上がオオヤマツミさんですから、富士山の南麓や三島の辺りが色濃いです。

また、滝の事もありました。

Photo_6

「朝」は『朝日神紀』です。溥泉さんの著作中に引用のある『ミカサフミ』逸文です。龍谷大学に所蔵されてます。

この記事からは、

佐久奈度神社(大津市大石中町) が近いのかと、考えられます。

また、

広田神社のことも、

アマテルカミの晩年に接点があります。この時期は、当然のことに、ムカツヒメさまはご存生ではあるはずがありません。

Photo_7

と、しましたら、

ムカツヒメさんのご陵墓は、

イサワの近辺か、イセの近辺か、琵琶湖の下流域か? タガの近辺か?

のあたりが、最も考えられる場所となります。

六甲山と言う選択肢は、非常に薄いと言うべきですね。ツ(西)のスケキサキのアキツヒメさんの由緒の深い所にご陵所を築くとは、わたくしには想像できません。ホノコさまの思いは、オシホミミさまのご健勝にあったと想像されますからです。

なお、

神社のこと、耳タコの『延喜式』や国史に典拠のある「国史見在社」の事は当然の常識です。

さらに、加えても、

地誌(郷土史)のこと、も参考にすることも大切です。それらに全く記載がないことを言うのは問題ですね。UFO研究家と思われちゃいます。

そもそもが、江戸時代の墓記の石記の文字なんかでも、まともに読めるものは本当に少ないです。岩に記された文字なんて、100年でもあやういです。 もう、ぼろぼろになって、刻まれた字なんて、ほとんど認識でき得ません。100年でもです。(amaneku)フ泉さんの墓碑の探索でも実感しました。石材の質に依っても左右はされますね。花崗岩は、経年変化に脆弱です。  とは申しましても、いくらそれが良い石材だとしても、事も突拍子もなくびっくりの2万年前だなんて …  …  ? ??  です。  そもそもの、構図が、まったくの所において成り立ち得ないと思います。

わたくしなどは、骨董の世界に少々接点がありましたから、その手の贋作の巧妙さにつきましては、勉強済ですから。 

壺の碑のように大切に守ってあれば、話はちょっと違うのでしょうけれどね。

                ・  

『大日本地名辞書』など、下記に引いてあります。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-fcde.html

兎にも角にも、

漢字文献時代の初め頃に煙も見えない、

中世もですが、  さらに加えて、

時代が、ぐぐっと下がって、 江戸時代や、明治など、

そんな近世の頃にも、ナーーーンにも、ひとつもだに煙もないモノは、

いささか持って、 余りにも、危ういことです。

偽書製造族のかおりが濃厚に漂います。『古事記』にだけの独自文は極めてあやしいですね。それは、除去してゆくべき記述です。まともな「国史」の再構築には、  の事です。

ただし、一例だけ例外があります。

Sotomi

この箇所だけは、『古事記』は詳しいです。『定本ホツマツタヱ』でご確認下さいませ。

 とはいえ、どれだけ信用の置ける記述であるか? に、つきましては、今のところ何とも評価を下す術がありませんが。

               ・

おかしげの人達のこと、

まともな、折角の、尊く奇跡の出現の「タカラ」のものを、

オカルトに染めようとする人達のことですが、

桑原、クワバラ、桑原、クワバラです。

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »