2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012年5月23日 (水)

ホツマツタエに遭遇して。 基本に返って考える。根拠は何か? 『古事記』『日本書紀』との対比比較の事。

やさしい入門書など見てみますと、

ヲシテ文献は高度な哲学書でもある事が、ついつい抜けて忘れ去られてしまいます。わが文明は縄文時代からの世界に冠たる大文明であった、と、言う事が、すっかり抜け落とされてしまってはいけません。 

とくに、ヲシテ文字も読めない著者、「ヲシテ文献・索引」を使いこなしてない著者、

そんな、「秀真伝(しゅうしんでん)」の人達の書いてる本などが多いのでご注意願います。アマテルカミのお使いだったヲシテの文字を読めなかったら、アマテルカミのお気持ちが解る道理がありません。

「日本ヲシテ研究所」で推奨書籍を掲げてますのでご参考になさって下さい。

                ・

「ホツマ」だけでなく、本当の漢字以前の「日本」の姿は、大文明であった真実の姿は、すべてのヲシテ文献をきちっと調べることです。「ホツマ」だけで解るはずがありません。 「ホツマ ツタヱ」は、ヲシテ時代でのNo.3の第三位の書物でした。第一位や第二位に尊い書物をほっといてどうして真相が解るはずもありません。第一番は『フトマニ』であり、第二番目は『ミカサフミ』です。本当のヲシテ時代の「日本」への入門としまして、ふたつの基礎の事を掲げます。

 1、ヲシテ文献の原字原文での素読。

 2、『古事記』『日本書紀』との対比比較をして、ヲシテ文献が記紀の原書である事を確認する。その内容比較をして、どの文献がどのように良いか良く無いかを判定して認識する。

そうしましたら、

『古事記』が如何(いか)にひどいモノであるのか。この認識が生じる事でしょう。

ヲシテ文献の読みについても、長らく怠けていた私の女房なども、この頃はちゃんとルビ無し本で原文を読みだしてましたら、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」にゾーッとする感覚が解ってきたそうです。30年ぶりの理解ですね。

『古事記』や『日本書紀』と同列扱いにして「ホツマ」を言うような人達は、まだまだ、入門以前の事ですね。

きちっと、『古事記』のひどさを認識する。此処(ここ)からが、初めてヲシテ文献に拠る国学の再構築への第一歩になると考えます。

だって、目を見開いて記紀との対比を見たら、一目瞭然でしょう? その差が格段なのを、同列扱いは大間違いです。あなたの目は、節穴か? と言うべきことになりますです。  なんで『古事記』はこんなにひどいんだ! と、気が付かないのは、どうかしてると思います。私のように凡庸人にでも解る事ですよ。

参考書籍として 『定本ホツマツタヱ』 も提供してます。気に食わなかったら、ご自分で比較してみて下さい。

読み解き書籍として、 『ホツマツタヱを読み解く』 も公開してます。

             ・

要するに、

記紀の原書の発見がありましたからどうしましょう?

という事です。

記紀と比較しましたら、

記紀はとんでも無くひどいのでした。

では、どうするか?  ですね。

『古事記』は面白いとか。 そんな変てこ言ってては、

また、原発事故の再発が起きます、 ですね。

「神懸かりの」拝み屋さんはもうよしましょうね。 福島原発事故で、こんなにひどい事であったかと、実感を、きちっとして置くのは大切な事であると思います。

福島原発の事故は、結局の悲劇の真因は『古事記』教にあるのであった、と、私は解析理解しております。これからの事ですが、未来への想像の想定としまして、あと2~3個の原発事故が起きれば、もはや、どうにもならなくなるのは必定であるように、私には思えます。 USAのNRCのレベルに安全のことをきちっとやっておいてもらわなければ、まともだとは、言い得ないと考えます。国土の廃棄を、今回の福島原発事故で、どれほどの広範囲においてしてしまったのか?  よくよく、考えなければならないと考えます。

その、ひどい神話を「原発安全神話」を垂れ流してきていたことの、その底流に『古事記』教があったと、わたくしは、分析して把握して此れを何とか除染しなくてはならないと、躍起になって進めていますのです。

表面的な事は、今は、それだけですが、

内実が、爛(ただ)れて病気の進行を内に込めていたら、

少しの先には、もっともっとひどい、羅病の震撼する症状が発生してしまいます。

これを、どうやって防ぐか? を、日夜、私は精進して解決策を見出すべく邁進しております。

        ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

2012年5月20日 (日)

「因幡の白ウサギ」は、『古事記』独自文で、最たる俗悪の極みの事。 日食の事。

国家のため、わが民族のためにと、

大きな視点があるのかどうか?

如何に大きなヲヲヤケを背負うのか?

             ・

郷土や地方史のことも、とっても大切です。

しかしながら、わが故国はどうあるべきか? 全世界に尊き、そのわが国の本来の精神の解明、そしてそれを活かしてゆくことこそが、今後の世界の未来にとっても有用であり重要な事だ。 そう、悟って理解してわたくしたちは一生懸命にやって来ているのだと思います。

それが、最も大きなテーマでは?

         ・       ・

この事に付きましてどうする?

どうしてゆくべきか?

このあたりの理解からの事であるのが、本当だと思います。

              ・

時に、憲法論議も賑わってきつつありますが、

その前に、わが国とは何か? と言う問いに対しての、まともな回答が為されていません。

先ずは、国家の成立に係る根拠確定が必要です。それで、わたくしは気張ってやってきているのです。

              ・

その様に大切な事につきまして、神経を研ぎ澄ませて日夜考え続けています。だのに、 「因幡の白ウサギ」の様なひどい事では甚だしい混乱の吸引・引き寄せでしかありません。住所確認で送った葉書を、勲章のようにとられては困ります。全く以って、困りモノですね。

困ったことですが、はっきりして良いのかもしれません。彼我峻別のときです。

        ・             ・     

直訳の「秀真伝(しゅうしんでん)」、さらにはひどくて根拠も無い事を仮託するUFO研究家たち、困ったことです。ヲシテ文献に「因幡の白ウサギ」は全くもって典拠はありません。絶無です。 よくぞこんなに汚くしてと、思います。 漢字国字化時代以降の、捨て去るべき『古事記』 固有の最も汚い話です。

みなさま、どうか、

ヲシテ時代のお方を、漢字表記にして当たり前のように、何とも思わない人たちに付きましては、くれぐれも、怪しいか? と、三回は眉毛をなぞってくださいませ。

ぽろっと、何か落ちたら、それは騙(だま)されている知らせかも?  です。

ご用心。 ご用心!

                            ・

金環日食の食が半分まで進みました。

Nissyoku

こちらでは晴れました。

紙二枚で出来ます。ボールペンの先で穴を明けた一枚と、

白紙のもう一枚です。

穴先から漏れた光を、適当な距離で白紙に映すとお日様の像が結ばれます。

何かしらの転換の時期なのかも知れません。

Nissyokuuta

桐の花が咲いていました。

今日は、良い香りに思えました。

Kiri1                

         ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »