2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

2012年4月28日 (土)

「索引」のこと、 デジタル・索引の活用の事。

昨夜は夜中の二時からやってまして疲れました。

解明困難な事にあれこれと行き詰まって、ウンウンやってましたら、

千葉の人で「デジタル・ヲシテ文献 索引」の使い方が上手くいったとの知らせが入りました。

それは、それは、またとない吉祥の事です。上々の慶事の事であります。

ヲシテ文献の深奥の世界への扉の、「開けーゴマ」、の宣言・宣誓です。

油灯のライトから召使の大男が、御用を聞きに来てくれます事でしょう。

こんな、嬉しい事は、またとありませんです。

アマテルカミやトヨケカミの時代へと、もっともっと根源で根底の時代のクニトコタチさまの時への「開け-ゴマ」です。此れこそが、本当の「岩戸開き(祝う「ト(トのヲシテ)」の開き)」ですね。

わたくしは、今日は作業で疲れたこともあり、これにて、祝杯にて休息の事としたいと思いました。ひとりが幾ら頑張っても、大したことありませんけど、100人がその気になれば大きな「トのヲシテ」の実現になります。 ほっとしたことで御座います。

            ・

「索引」の縦横無尽なる使用こそが、今現在の段階の、最も優れたツールです。解明においての。これは、40年来に於いて変ってはおりませんが、そのうちには、変化も訪れるかもしれません。そうある事を願っています。

これ程大変なる作業で「デジタル・ヲシテ索引」の製作・完成を成し遂げて下さいました大阪の平岡さんには甚深の感謝あるのみで御座います。

            ・

思い起こしましたら、ここ、ほんの10年程の間の短い時間のうちに、

びっくりの多くの素晴らしいお方々が、ご出現くださいましたことで御座いましたです。

こちら私の、進みは牛歩か蝸牛歩の様なものですが…。

Photo

もともとの ミチあかしてそ(ぞ)

ひのもとの もとなるみちの

きわめつくすと

      ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

原文を読みますと、本当に麗しく、感激します。

でも、一端、漢字仮名交じり現代文に直訳しましたら、偽書になってしまう。

何故ならば、言葉の経年変化の時代性を無視するので、誤訳になるからです。

1300年来の誤訳です。

1300年来の事、この間に、国語は大幅な変化を経て来ております。

1300年来の、国語の変化を無視して直訳するから、偽書になるのです。

(本来のヲシテ文字)も読めない人の言う事は、無視してください。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

現代訳はありますか? なんて言う、いかれた魂胆が偽書の始まりです。

そんなあなたは、偽書を求めて、そして「偽書だ!」「偽書だ!」と騒ぐのです。

ちゃんと、原字で原文でお読みなさいよね。わたくしは、当たり前のことを言ってます。

古典は、元々の原字原文で読むべし!    わが国の古典ですよ。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

ホツマの名称の事は、こちら。

         ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

            ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」も「偽書」の一連と同等です。

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »