2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お火焚神事のこと。 車折神社。お亥の子餅の銭幸餅さん。 | トップページ | Dr.中松「発明」に関連して、言葉の発明のこと。   ヌルテを焚いての実験のため、乾燥中です。  銀河直列のこと。   「大神道展」のこと、東京博物館。 »

2012年12月 4日 (火)

クニ(国家・民族)をどうやって立て直すか?  ホツマは、ヲシテ文献は、 近視眼的ではなくて、長期展望でのこと。 キング師、稲田朋美さんのこと。嘉田新党への疑問。

漢字国字化時代になってしまって以降、

1500年ほども経たでしょうか?

Kuromoji1

                  <クロモジには花芽が付いて丸く膨らんできました>

               ・

我が祖国は、「日本」は、大きく時代変遷が訪れました。

漢字国字化以降、大変に大きな変遷を経てしまいました。

でも、本来の「縄文文明」はとっても素晴らしいものなのです。

         ・           ・

『古事記』『日本書紀』の誤記の記述のままに、我が国の根拠を置いといていいのかどうか?

皇紀2672年では、Chinaに後塵を拝してしまったままです。6000年からの歴史があるのに、自虐的なダンピングですね。  成り立ちとしても、大和朝廷の武力征服の国家建国の国柄だとする、ひどい誤認のままで良いのかどうか? です。 大問題なのです。

例えて言えば、第二次世界大戦の敗戦から、我が国が始まったとしているような、戦後の風潮のままで良いのかどうか?

「縄文文明」からの我が国は文化・文明立国であった、だから、これほど長く国家運営が続いてこれたのだと、 本当の歴史を取り戻す事が大切だと考えます。  それは、記紀の原書の発見があって研究が進んできたから可能に成ってきたのです。

              ・           ・

この、大きな目的に対してどうしてゆくか?

志を同じくしてもらうと、同志と言う事になります。

記紀の原書が発見され、研究が進んできたから、

やっと、

我が国の歴史と、国語の本来の姿を取り戻す事が出来る!

この為の、「ヲシテ国学」です。

Photo

                                 <おでこの怪我も治りました>

「縄文哲学」

「縄文文明」

は大きな事ですから、解明についてまだまだ先が長く続けてゆかねばなりません。

解明と、提示・啓蒙のこと、仕事は山積です。

                                ・

鳥居礼くんのように、始めっから 「神道」にからめてしまっては、間違いということですね。完璧な路線の誤りです。それで、「ねずみ男」と言う訳です。

元の、初代クニトコタチさんの時代の素晴らしい「縄文哲学」が、

時代の降ることによって、

神憑りのものに搦(から)められていった。 その、高貴さの低下の歴史と見るべきです。

なにしろ、アマテルカミは、常にクニトコタチさんを尊敬して、かの時代を憧憬の思いに焦がれて居られていたのですから。

アマテルカミを尊敬申し上げるなら、

さらに、その先の、

クニトコタチさんこそをも尊ぶべしです。

        それは、

漢字文献の誤訳にまみれた、翻訳削除個所の頻出のズタズタの『日本書紀』『古事記』などに記述の「天照大神」や「国常立尊」などのイメージとは峻別をしてのことなのです。ですから、漢字表記はしてはマズイのです。

Nigakiohamite1

           <アマテルカミのご述懐です。

               「タミ(国民)のため、

             ニガキ(苦き薬草)をハミテ(常食して。長生きに務めたのだった)」>

Nigakiohamite2

Senguusinnden1

            <神宮の内宮のご遷宮も準備が整いつつあります>

Mimosuso

Jinguumomiti1

               <伊勢神宮の社叢の、綺麗な紅葉でした。

        下は、新造営の内宮さんのスグそばのミモスソカワ(五十鈴川)の所です。

                            参拝経路からの展望です>

Jinguumimiti2

               <マサカキもまた、生え出(いず)るかも知れません。

                 植えずしてマサカキが生えたのでした。

                  それで、アマテルカミは、ご自身のご寿命を悟られましたのでした。

                   往時には、悲しむタミを撫でられたアマテルカミでした。

                        フツーは宥められるのが逆なんですけど…。 

                             アマテルカミのお偉さで御座います。

                   今度、現在に、もしも植えずして生えてきたら、

                     初代クニトコタチさん伝来の伝統の復活です!

                  ヲシテ文献に拠る「国学」の再発進の予兆に成るのかも知れません>

Yuugohann1

      <ニガキを食みてとはまいりませんが…、 

                近所から頂きもののキクなど重なって大ごちそうです。

          納豆は混ぜただけ、油揚げは焼いただけ、キクは茹でてお酢だけ、

          コンニャクは炒めて七味振り掛け、シイタケは焼いただけ、

          カボチャとキャベツはコブを入れて茹でただけ、

          サバは塩焼き、シジミは味噌を溶いただけ、2分搗きご飯の、

                 だけだけ料理。 塩分3グラムあるかどうかです>

          ・               ・

マーティン・ルーサー・キング・Jさんの伝を見ました。

信念を貫く事は重要事項だと信じます。クリントンさんも、「我々が人道的な生活を、今に送れるのは、彼キング師のおかげだ」と、染み染み、こころから感謝していました。良識ある人が大部分なのですね。だから、米国はそれなりに信頼できます。信頼の醸成とは、かかることの積み重ねです。信頼の忘却とは、有りもしないことの言い立てです。キング師は、尊敬に思います。  我が国の近隣諸国に、そんな、立派な人が出現すればわたくしは、賞賛の祝辞を寄せることに成るでしょうね。

http://www.youtube.com/watch?v=6uqG4m7aWIg

米国の場合、暴力運動に堕落して、暴動の頻発になって、南北戦争の再発になってたら大変でした。クリントンさんの述懐も、もっともなことです納得です。何のために南北戦争で決したのか?  それを、また、戦争なんて…  、  です。

ヲシテ文献では、直訳偽書「秀真伝(しゅうしんでん)」族の「ねずみ男」にたぶらかされて堕落させられて、本当のタカラを失ってしまったら大変です。 わたくしは、信念を貫きます。

それはそうと、我が現状の国内事情では、稲田朋美さんのユーチューブ映像が隣に出ていました。管さんの横に並ぶお手上げ状態の顔々も思い出します。選挙区なら、当然、稲田朋美さんにわたくしは投票します。

http://www.youtube.com/watch?v=VDhFTrT1A1I

嘉田さんの新党は第ニ次民主党なのでしょうかね?  空手形乱発、China詣うでの。今度は、何人China詣でに行くのでしょうか? 前回は143人だったとのこと、お土産が何だったのか? 尖閣だったの?    それも、公約に明記してもらいたいトコです。

               ・

スメタナのモルダウを思い出しました、我が国のふるさと、彼の国での「モルダウ川」はヲシテ文献にあるのです。それも、ヲシテ時代早期に成立した「縄文哲学」「縄文文明」の確立にあるのです。

http://www.youtube.com/watch?v=lK_3WlXfm9o

我が国の本当の「モルダウ川」を再構築せねばなりません。

          

         ・          ・

 

     求めてか クニトコタチの

     良きトコヨ 願うる時の

     ことに任せん

               H24、12、4

                    池田 満

 

 

 

 

 

 

             ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« お火焚神事のこと。 車折神社。お亥の子餅の銭幸餅さん。 | トップページ | Dr.中松「発明」に関連して、言葉の発明のこと。   ヌルテを焚いての実験のため、乾燥中です。  銀河直列のこと。   「大神道展」のこと、東京博物館。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お火焚神事のこと。 車折神社。お亥の子餅の銭幸餅さん。 | トップページ | Dr.中松「発明」に関連して、言葉の発明のこと。   ヌルテを焚いての実験のため、乾燥中です。  銀河直列のこと。   「大神道展」のこと、東京博物館。 »