2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「黒書院の六兵衛」時節柄の良い小説。浅田次郎さん。 | トップページ | 国家のあり方を、原点に立ち返って見直すこと。『古事記』ではダメで、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の尊さについて。 »

2012年8月 3日 (金)

勝海舟、『氷川清話』の「きせん院」の行者のこと。 「ほつま」の広まる3段階。

あらためて、勝海舟のこと、『氷川清話』を読み直しました。

本所の「きせん院」の行者がキーポイントの海舟の心の師匠だったとのこと、

よくよく、理解できてきました。

恬として恥ずべきの無いことが、それは、つまり、ウタの出来る生成の間際の「まこと」と同じ意味だと言うこと、その様な感じかと思いましたですね。

               ・

恬として、という、意味合いはヲシテ文献の時代にはどう言うことだったのか?

「アメのミチ」と呼ぶ事と近いのかも知れません。

Amenomiti1

よくよく、考えなくてはなりません。

まだまだ、まだまだ、先は長いことで御座います。

なお、「カミノミチ」の言葉は、ヲシテ時代の中期に遡れるのはアマノコヤネさんのお言葉のたった一例だけです。

Kaminomiti

         ・          ・ 

また、副島隆彦『そもそも仏教とは何者か? 隠された歴史』(PHP)も、

そこそこ、面白いものです。富永仲基を見てたら、驚くこともないですがね。

1000年はもとより、何百年なんてちょっとも、ちょっとも、ですね。

             ・

なお、高取正男さん『神道の成立』1979 平凡社選書
も、見ておくと良い本ですね。当然のこと、『大言海』は勿論、同様の認識です。下記に引いときます。詳しくは、ご自分でお調べ下さい。

Sinntou

漢字渡来以前に我が国は文明国だったことを、ヲシテ文献で判明しましたから、さらなる「縄文日本」の構造の解明と、顕彰・普及を目指しているわけです。

その故に、「神道」なーんて、漢字渡来以降の物事に心を奪われてはなりません。もっともっと、我が国の根底にはさらに尊いタカラが秘められているからです。

           ・       ・

さて、ヲシテ文献の名称を使い出して10年は過ぎました。「ヲシテ」の言葉は、怪しげな人達対策で商標登録はしてあります。

と、申しますのも、過去の、広めゆく時代には、大きな区切りがあったことを思い出します。

「ギアー ギィアー」と、鳴く声があって、

今、女房が、アオサギの翔びゆく鳴く声だと、教えてくれました。優雅な飛翔の姿だったとの事でした。

ひどい人達がこれまでとても多くて、だいぶ痛い目に遭わされ続けたのでした。わたくしも知らぬ間に防御の事を勉強しました。何でも勉強とは言え、そんな事は…  、 ですが。

                 ・

①、第一期は、他の怪しげ「神代文字」と味噌もクソもごった煮の状態。「古史古伝」とごちゃごちゃ状態の、ひどい名称。

      吾郷清彦にはじまり、鳥居礼の時まで。

Toriikosikoden_2

   「古史古伝」か、あるいは、オカルトの範疇のひどい時代。

   Okaruto_3

  国史の範疇に入れなくてはならないのに、どうして?

   「超常現象・オカルト」なの? 

      これは、とても信 んじる事など100%出来ない仕打ちです。

   おとしめも、いいとこですね。  此処まで来たらかえってあきれかえって笑えます。彼らは、『古事記』も何もかも混合です、特に、重んじるのは『古事記』のところですね。どっちが原書で尊ぶべきか? も、ヲヲヤケの立場に立って解ってない。 天照大神を『古事記』根拠に絵に書くのですから  …  ね。外宮さんの遷宮記念館の絵にはびっくりです。 鳥居礼くんは『古事記』のお絵描き画伯と称するのが最も適切です、 ね。  そう言えば梅原猛さんの学研M文庫の『古事記』にも鳥居礼くんが表紙をやってました。

Umebarakojiki

私なんぞには、絶対に話も来るわけもありませんが、 万が一にも大金を積まれても、『古事記』教の頒布への加担へは、まず、するわけが無いです、  ね、 。

でも、彼らは完璧な相違を呈するようです。 いわば、人種の違いと言うべきかと思います。民族とか国家よりも、もっと相剋の深い何か違う原理で動いている人達のような気がします。『古事記』大好き人間のところなのでしょうね。何故に? 『古事記』的なアマテルカミを絵にするのか? です。驚きもいいとこです。

それで、せっかく見つかった奇跡の大発見の宝物の本物をコケ(虚仮)にするのですね。売られて損するのは、我が「日本」の縄文からの大文明です。そして、未来の人類の幸せです。

その気持は、ヒトとして最も大切なところを、渡来人に売り渡して何とも思わないような事々ですね。何しろ『完訳ホツマツタヱ』だ、なーーんて、「我こそは! 」  と、大上段で振りかざしてたのは?  何だったの?  確信的な遣り口の解っててやってるのか、理由(わけ)もわからず、魂を売り渡してるのか? わたくしには即断が出来かねます、  です。 どっちにしても、酷(ひど)い話です。 

    

              ・

この意味でも、

まだまだ、神道記念館は、良いです。

せっかく行くならですね。 神宮文庫のお隣にありまして、原初からの我が国の儀礼が冷静に展示されてます。ついでに、神宮文庫もいろいろ、面白いものが多く所蔵されてます。徴古館(ちょうこかん)も、勿論お勧めです。農業館も、です。

Webで見といてよかった部類ですね。

せっかく見つかった、わがヤマトコトバの大文明が、

どうして? Chinaの許に組み従えられなくてはならないのか?

それは、間違ってるでしょう!

ということが、私の主張です。

 

                 ・

②、第二期は、漢字かな交じりの直訳偽書「秀真伝(しゅうしんでん)」の状態。漢字にかぶれての事が抜けないのですね。どうして、China卒業が出来ないのか? それは、記紀との比較対比をまともにやってもないし、見たこと無い不勉強のためですね。Chinaが好きなんでしょうね、彼らは、本質的に。

 尊いわが「縄文日本」の大文明を、Chinaまぶしに包める魂胆がけしからんと、わたくしは思います。美味しい安全な国産小豆のアンコを、どうして? China皮に包むのか!?  ?  です。  絶対疑問です、ね。

      鏑邦男のあたりから、今まだまだ、抜け切らない状態。

      鏑邦男は、直接に行くと難しいから、ちょっと曲がって、直訳でと、言います。

      それが、優しそうで、実はインチキ取り込めの詐欺まがいなのですね。

      根底の我が国のタカラのヲシテ文字を、また、消去しようという陰謀です。ヒト(人)をコケ(虚仮)にしようと企(たくら)む悪しき奴らです、ね。 漢字かな交じり文なんて、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」のコトですが、そんなモノを見たら、フツーの人は偽書だ偽書だ!と、判断するのが当たり前です。 貶め族の位置です、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」はですね。   

                 ・

③、第三期は、ようやく、ヲシテ文献は、本来のヲシテ文字の原字原文で読んでこそだ、と、いう段階。

      ここの、3段ロケットの発射をしようとしますと、2段目の切り離しをきちっと終えてからと言うことです。何時(いつ)になったらかなー、 と、点火準備は整えつつ首を長くして待ってる状態です。

この、3段目ロケットの段階に到達した書籍は、 「日本ヲシテ研究所」の推奨書籍の欄に掲載いたします。  首を長ーくして出現を待ってます。種々の良い書籍の出現を、です。  言っときますが、他の人の著作も、ちゃんと掲載してます ヨ。ヲヲヤケの立場にたって「日本ヲシテ研究所」の運営をしてゆきます事ですから。

 とにかくも、なにか変だな?  と、思ったら、「日本ヲシテ研究所」のページをご覧くださいませ。

こちらは、真面目に誠実に進めてきております。「きせん院」の行者に誓っても誠だと言えます。

勝海舟の思いは尊いと同感に思います次第です。

何故ならば、記紀の原書が発見されたから、本来の「日本」の精神に拠って、未来をより良くするためにあれこれと直してゆこうと言う思いなのです。

               ・  

さて、UFO研究家のこと、「うさぎ」さんなどなどのことなどですが、

有りもしないことを論(あげつら)うのは、これは、直訳の偽書製作の以前の問題です。

直訳偽書よりも低いえげつないレベルの事でして、何とも、表現方法に良い案が出て来ませんです。煙にも無い事を、付け加えて、其処を根拠と言い論(あげつら)うなど、言語道断です。此処まで来ると、どう言って良いか表現の言葉がひとつとして浮かびません。わたくしの能力が不足して語彙の処理能力が少ないからでしょうか?

わたくしの推奨します書籍は、 「日本ヲシテ研究所」の推奨書籍の欄に掲載いたしてます。 よくよく何十年もひどいめばかりに遭遇して参りました。

      ・        ・

此処は、置いておいて、気を取り直して、の、前向きにですね。

          ・   

冷泉家の「すすき」のお題でのウタです。

  

  みなつきの モチの夕(ゆう)へは

  切られても ススキも無きも

  またも穂は出つ

 

あと、10日程で、ミナツキのハライ(6月末の禊ぎ)です。

今年の暑さも、もう少しで越せそうです。

Minatukisue

 

  

          ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、間違った方向はマイナスですから、逆方向です。

ひどい人たちにつきましては直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

Sponsored Link

« 「黒書院の六兵衛」時節柄の良い小説。浅田次郎さん。 | トップページ | 国家のあり方を、原点に立ち返って見直すこと。『古事記』ではダメで、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の尊さについて。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「黒書院の六兵衛」時節柄の良い小説。浅田次郎さん。 | トップページ | 国家のあり方を、原点に立ち返って見直すこと。『古事記』ではダメで、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の尊さについて。 »