2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 根底のところからの、再建の困難さの事。 偽書製造の過程の、そんなような情けない事々のこと。「秀真伝(しゅうしんでん)」から本来の「ホツマ」などヲシテ文献へ。 | トップページ | 南雲吉則先生『50歳を超えても30代に見える生き方』のこと。 »

2012年2月11日 (土)

稲田朋美さん、「神武天皇建国」の事に付きまして。

一昨日、珍しく、国会中継などテレビで見ていました。

稲田朋美さんが質問に立って、『わが国は神武天皇の建国以来…  』と、言っていました。

これが、ダメなんですね。

どうしてダメなのかと言いますと、神武天皇の建国ですと、「武力征服国家」の記紀の恣意的誤訳の国家観を受け入れてしまったことになるからです。

記紀の原書のヲシテ文献で、わが国はもっともっと本質的に尊い国柄であったことが判明しました。縄文時代に遡る、「トのヲシテ」を建国の理念とした立憲君主のクニの形だったのです。ここを、直すればこそ、世界に冠たる国家になりますのですね。わたくしは、『ホツマ神々の物語』から、この事を主張して来てます。原典朗読のCDの増補をして再出版の『ホツマ縄文日本のたから』が、解り易いです。また、詳しくは『ホツマツタヱを読み解く』をご覧下さい。根拠確定には『定本ホツマツタヱ』を何回か繰り返してご覧ください。

                 ・

どうしてヲシテ文献なのか?

と言いますのは、国家の建国の恣意的な誤認を解くためなのです。

武力征服の国家では、どうにもつまらないですね。

そんな事だったら、しょうがないですが、

考古学で言う縄文時代に「トのヲシテ」での憲法を立ててのアマカミ(天皇陛下)がタミ(国民)を愛(いつく)しむお心で国家を運営する国柄だったのです。

この、国家観の根底の修正をしなくてはならないと、意を決したのが私でした。

この、根底の所を直さないと、どうにも未来が良い方向に開く訳がないと考えるからです。

                                  ・

そして、豁然としてその事について、認識して、ちゃんと肚をくくって進めてゆけるのかどうか? です。

それには、勉強をご自分の力でなさって下さい。恬然とした理解を得るためには、今の世間的な雰囲気の時点ではどうしても必要です。 

     ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

原文を読みますと、本当に麗しく、感激します。

でも、一端、漢字仮名交じり現代文に直訳しましたら、偽書になってしまう。

何故ならば、言葉の経年変化の時代性を無視するので、誤訳になるからです。

1300年来の誤訳です。

1300年来の事、この間に、国語は大幅な変化を経て来ております。

1300年来の、国語の変化を無視して直訳するから、偽書になるのです。

(本来のヲシテ文字)も読めない人の言う事は、無視してください。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

現代訳はありますか? なんて言う、いかれた魂胆が偽書の始まりです。

そんなあなたは、偽書を求めて、そして「偽書だ!」「偽書だ!」と騒ぐのです。

ちゃんと、原字で原文でお読みなさいよね。わたくしは、当たり前のことを言ってます。

古典は、元々の原字原文で読むべし!    わが国の古典ですよ。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

ホツマの名称の事は、こちら。

         ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

            ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」も「偽書」の一連と同等です。

Sponsored Link

« 根底のところからの、再建の困難さの事。 偽書製造の過程の、そんなような情けない事々のこと。「秀真伝(しゅうしんでん)」から本来の「ホツマ」などヲシテ文献へ。 | トップページ | 南雲吉則先生『50歳を超えても30代に見える生き方』のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 根底のところからの、再建の困難さの事。 偽書製造の過程の、そんなような情けない事々のこと。「秀真伝(しゅうしんでん)」から本来の「ホツマ」などヲシテ文献へ。 | トップページ | 南雲吉則先生『50歳を超えても30代に見える生き方』のこと。 »