2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011年3月 5日 (土)

ムメの香りを。 我が国とは? なにか? ですね。

あまり、音沙汰なしでも?

と、

ムメ(梅)の香りをお届は出来ませんが、写真を。

Photo

          <庭の枝垂れ梅の香りが、とても良いです。

               ハル(春)の 甘い、かおりです>

安岡正篤さんは、中国を「わがくに」と言っていたという事を、聞いた覚えがあります。

ちょっと、違う路線だな、と思いますですね。

             ・

山崎闇斎は、朱子学を基に据えての「神道」合流ですね。

やっぱり、違う路線だと思います。

             ・

ムメ(梅)のうるわしくも甘い香りに、

ほだされますです。小さな三畳の書斎は、一枝のムメにて充満で酔うようです。

やらねばならない事が、ムメの香りよりも一杯なので、

こちらにこそ酔いますですね。 迷うと言う事で御座いましょうか?

とにかくにも、時間は限られている事で御座います。

              ・

「春宵十話」のこと、岡潔さんのことで御座います。

わたくしも若いおりに読みまして、また、近頃に女房が言うものですから、

また、読み直しました。

『岡潔』(日本図書センター)の、

223pの「独創とは何か」のくだりはとても良いと思います。

さて、そうなると「ウタ」(ヤマトウタ、和歌)ですね。

ここに、も、

ヲシテからのきちっとした視点の照射は、どうのこうのとあっても、

やらねばならないモノで御座います。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2011年2月27日 (日)

座り方の歴史、『日本人の坐り方』矢田部英正さん

面白い本がありました。

この頃特に、正座が苦手になって来まして、昔はどうなっていたのか?

と思っていました。

そもそも、正座(せいざ)なんて、漢字読みですから、根が知れます。

千利休の肖像画の長谷川等伯(文禄4年)の絵でも、正座じゃないのですね。

「日経新聞」長谷川等伯の伝記小説が連載されていまして、ちょっと時の雰囲気があります。

胡坐(あぐら)でもないようで、安座(あんざ)と言う座り方だそうです。

また、立て膝(たてひざ)がオーソドックスの座り方であったようです。

           ・

さらに、時代を遡ると、貴人坐(きじんざ)と言うものもあるのですね。

また、踵坐(かかとすわり、しょうざ)と言うものも、良く為されていたようです。

踵坐は控えた坐り方です。

        ・           ・

歌膝(うたひざ)もありますね。

どういうようにして寛(くつろ)ぎ、想像的な仕事をするような、

そんな姿勢や仕草をとっていたのか?

そんなことは、ヲシテには記されませんものね。

創造的な仕事を為し行くにおいての、外面的な見地からの見方の参考の歴史です。

詳しくは、

『日本人の坐り方』をご覧ください。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »