2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

2011年2月 8日 (火)

「まこと」の言葉、ヲシテ時代に遡及しての、「やまと ことは」での真相。

わたくしの尊敬してやまない富永仲基の、分析に、

インド、中国、日本の三国の文明の趣きを分析し論断した説論がありました。

Photo

    『出定後語(しゅつじょうこうご)』(富永仲基) 第八節

「幻」は、竺人・インドで、抽象的な纏(まと)めに趣く。

「文」は、漢人・中国で、文飾に走って纏めてゆくのです。

「絞」は、東人・日本で、真実を的確に把握しようとする。

  「絞」は、いわば「まこと」に極め行く事と、言い換えることが出来ると思います。

  ここが、要諦です。

   「日本」は、この意味で「まこと」を尊ぶ国柄です。

  「まこと」とは、「真実・本質」とも重なる概念です。

この、三文明の趣きの方向は、矢張り、知っておかねば雪を降らす厚い雲の暗闇の中に入ってしまったら、五里霧中になってしまいます。

         ・

では、

漢字以前の時代の、「日本」では、「まこと」とは? どのような意味合いであったのでありましょうか?

それは、

ヲシテ文献にある、典拠を、

地道なるのことではありますが、しっかりと、見て下さいますことが、

大きなしっかりした礎石を築く事になるのではないか?  と、思いますです。

ヲシテ文献の、用例を、下に掲げます。

どうか、原文に、あなたの目で、本当に実際に当たって見て下さいませ。

これで、ここに、根拠がやっとひとつ生じます。

根拠と、言うは一言(ひとこと)ですが、これが、これこそが本当に大きな一歩なのですね。

Photo_4 Photo_3

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2011年2月 6日 (日)

ソヲの霧島山のこと、 新燃岳。

ソヲのタケは、霧島山です。

Photo

NASAのTerraからの映像です。アイスランドの火山の昨年の噴火と大体同程度の噴煙のようです。

この噴火が長年にわたって続いてくると周辺地域は本当に大変な事だと思います。

『ホツマツタヱ』24アヤの32ページの、

Photo_2

 「キミはツクシの タカチホそ(ぞ)」

とサルタヒコが進言した意味は、

 「どうか、あの、噴火の災害に打ちひしがれているタカチホ(霧島山)の所にお行き願えませんでしょうか? どうぞ、かの地の人々にお力添えを!」

と、言う気持ちが本意だったのではないでしょうか?

霧島山の新燃岳の今回の噴火が何時になったら収まるのか?

そして、さらに、それから初めて復興に手を付ける事が出来るのですね。

                  <ソヲの用例のリストです。25アヤ以降に霧島山関係が出ます>

Photo_3

ヲシテ時代の時のこと、ニニキネさんは、ソヲのお山を墓所と定められたのでした。それは、復興に向けて努力する人々への力添えのためだったのでありましょう。

 記紀に言う、「天孫降臨」はどう見ても錯誤ですね。記紀はわが国の歴史を辿る根拠の書物としては、何段階か下げてみるべきです。

 (『日本書紀』は、12代景行天皇の条の57年以前についてのことです)

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »