2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011年10月27日 (木)

『フトマニ』の解説書の改定版の事。 国家としての中期展望、長期展望のこと。 近々の目先のような事々など。

『フトマニ』に記され包含せしめられている大きな哲学は、相当の長い年月の先に於いて、一般に普及されてゆくべき高度な内容だと思います。

              ・

何より、 8代アマカミのアマテルカミに拠る、ご勅撰と、ご推敲の128首のウタです。大自然の移り変わりの流れに、どのように向き会ってゆくべきか?

その、時の流れに対しての対処法策を考えるためのモノ。 それが『フトマニ』です。天然自然・大自然・大宇宙の生成からの今に至る歴史を踏まえての事です。大宇宙の生成と、今ある私たちの世界、その現実を踏まえてこれからどうしてゆくと良いのか? その、指針を見出すのが「うらない」です。自然哲理の原理と、今までの成り行き、そして今後の有るべきより良き姿へ近付ける為めの方策を模索するのが「うらない」です。「うらない」の語彙・語源・意味はヲシテ文字に戻って考えてみると良くよく理解が進みますものだと思います。

へんてこな、神懸かりのそんな程度に位置を見るべきものでは、断じて、有り得ません。オカルトの段階とは、まったく異なる数段高貴な縄文哲学の世界です。断じて神懸かりでは有り得ません。この意味であるからして『フトマニ』は尊いものです。卑俗的な低俗な評価に係るものでは、断言して言い有り得るものではあり得ません。そんな低俗・卑俗に捉えてしまうのは読み手の、私たちの理解度があまりにも低いが故の、理解不足に拠る低評価が為せる業であると思います。他のヲシテ文献でもそうですが、ヲシテ文字の成り立ちにまで還流して立ち戻ってこそです。我が文明の尊き深淵を形造る深い縄文哲学の深奥に思いが至りますと、なるほど! と 、納得が次々に発見されるからです。 ここには、現代語・近世語の漢字文直訳の誤訳を除去してこそです。ヲシテ文字の文字形の成り立ちにまで、思いを馳せなくては、たったの一歩もまともな歩みは踏み出せません。この事だけは、わたくしは、断言いたします。

        ・             ・

『フトマニ』の解説は、とても骨の折れることで御座います。

ずーっと、疑問に思い抱いて40年のはてに、解答を見出したウタも少なくありません。

やっと、ここに上梓の作業中です。 お届け出来る日を楽しみに、日夜作業を続けています。

                ・ 

 我が国の事、動揺が甚だしくなってきております。世界も同様です。

確固たる定礎をどう築いてゆくかのあたりが、キーポイントになると思います。

中期的なスタンスではどうなのか?

長期的なスタンスを、どうみてゆくか?

とは、言いましても直近の目先の視点もほっとく訳にはまいりません。

大きな定礎を、  この、礎定のことですね。

どうしてゆくか?

縄文建国に翻り戻っての事が、どうにもこうにも、今の全世界・地球にとって必要であるのではないか?

それには、

8代アマカミのアマテルカミに於いての大宇宙・大自然の哲学理解の事、ここを、私たちが再認識してゆくことが、とっても大きな現在素因にクローズアップ為されるわけです。アマテルカミはどういう風に、世界を、大宇宙を理解なさっておられておいでであられたか?

とはいえ、つたない、わたくしの解説です。せめて一石の係留の寄すなになればと思います。

                 ・                ・

また、タイ国の大洪水など、日本と肌身で接することの多い時期に至り来ています。アマテルカミの、教えのおウタが思い起こされます。

Photo

とかく、外国では恥の脱ぎ捨てなんて気持ちが起きる隙が出来やすいです。多くの震災支援を頂いた国々です、タイ国にも常にお礼の気持ちが涌き出ます。心して、とお願い申し上げます。わたくしに、もうちょっと力が有りましたら援助など申し出たいところでありますが…。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

それが、わたくしの常の思いです。

2011年10月24日 (月)

『ホツマツタエ』と『古事記』などとの大きな違い、舞台設定のこと。  現実世界か? 雲上世界か?

良く見もしないで、 は、 いけません。

Photo

          <ヒオオギが、今朝も咲きました。すばらしいお花ですね。

                  真っ黒な実のつややかさをご覧願いたいです>

         ― 以下引用  ―

「ホツマ」と「古事記」「日本書紀」は三書比較がなされておりまして、基本的な違いはないとのことですが、

神々の系図では決定的な違い(順番が違うだけですが!)がみられます。
              ・
だ、なーんて言ってる人もいるようです。
Photo_2
                    <サワ・クルミを拾ってきました>
カミヨ(神代、上代)での、8割ほどもの漢字翻訳した際の削除についてどう思ってるのでしょう。2割ほどにも満たない漢字文翻訳、その誤訳の羅列の事。『古事記』はひどいものです。ヲシテ文献の現代語直訳でもあんなにひどくはなり得ません。そして、『日本書紀』にも全く無い「因幡の白ウサギ」の長い空想的な小説的寓話のおかしげなモノをほおり込んでおいてある『古事記』です。いったい、「基本的な違いがない」とは、さてものびっくりの事で、どうやって斜めに見ても、逆さまにまでして見ても料簡違いの見方です。小さな相違は、置いとくとしましてもの事です。

 

そして、大きな違い・小さな違いをパッと見で検出して解るためです。
ワケが解らない人と言うのは、困ったものですね。
こんなにも大きな違いが、見えないのかな?  かなー ?
クルミの実と、ヒオオギの実の違いが判らない? かなー?
Photo_3
                      <クルミが実ってます>
 また、最も違う個所は、舞台の設定の違いです。
『古事記』では、『日本書紀』でもそうですが、雲上の世界に居るのが初発の神々です。
やっと、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(唱え名・ににぎのみこと、『古事記』)、『日本書紀』では瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)になってから下界の現実世界に天下ったというのです。ヲシテ文献での、10代アマキミのニニキネさんのことです。それ以前については、天上世界におわしますのだというのです。  全くの大きな違いがありますよね。完全絶対の渡れざる相剋です。反物質の世界と、物質の世界の相剋です。 「基本的な違いがない」とは?  いったい、お目めが何処にあるのか?

と、私は思ってしまいましたです。

Photo_4

                       <キフネ・キクです>

キフネ・キクまでも、首を傾(かし)げてます。

それはそうでしょうね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年10月23日 (日)

ローサットの人工衛星の落下の事

ドイツの人工衛星の落下が、予測されてます。

http://www.facebook.com/mextjapan

午前九時半ごろに、日本上空を通過のようです。

落下予測時間が、グリニッジ標準時の10月23日02時31分(日本時間10月23日11時31分)(誤差±3時間)ですと、まったく、ドンぴしゃりかもわかりません。

    ― 文部科学省のコメントです ―

総理官邸内危機管理センター内の「ドイツ人工衛星落下に関する情報連絡室」より、以下の通り、発表がありましたのでお伝えいたします。

平成23年10月23日06:30
情報連絡室

...
ドイツ人工衛星に関する情報について


 ドイツ航空宇宙センター(DLR)の情報によれば、ドイツのX線観測衛星(ROSAT)は、世界協定時の10月22日23時30分から23日05時(日本時間10月23日08時30分から23日14時)に大気圏に再突入すると予測されています。
また、米国戦略司令部の統合宇宙運用センター(JSpOC)の情報によれば、ROSATは、グリニッジ標準時の10月23日02時31分(日本時間10月23日11時31分)(誤差±3時間)に大気圏に再突入すると予測されています。
ROSATの予測される軌跡図試算は別紙の通りです。
 
 日本上空において大気圏に再突入する可能性は完全には否定できませんが、ROSATは、23日09時30分頃に南西から北東にかけて日本列島上空を通過する見込みです。

 今後、再突入の2時間前に予測情報が更新されることとなっており、その都度情報提供をいたしますので、政府からの情報に注意してください。
      

         ・         ・        ・

ローサットは、南西の方角から来ますので、そちらを注意して下さい。

以下、

コピペで、人工衛星落下時の避け方を掲げます。

            ・

<よけるのは可能>

人工衛星の元のスピードは秒速7.9kmくらいなので、とても速いです。
しかし、流星は秒速数十kmなので、流星よりは、はるかに遅いです。
有名な「はやぶさの大気圏再突入」の速度は秒速約12kmでした。
人工衛星は、地球の丸みに沿うような軌道を通って落下します。

したがって、流星のように一瞬で地面に激突するわけではなく、はやぶさより少し遅く、長い距離を光りながら飛んでくるわけです。だから、目で確認してから、よけることも可能です。(よけきれるかどうかはわからない)


<自分のところに落ちてくるときの見え方>

まっすぐこちらに向かってくるので、明るい光が完全に止まって見えます。尾は真後ろにあるので見えません。

したがって、空に見える明るい光が完全に止まって見えたらすぐに逃げてください。(自動車などに注意してください。)

木造の家の中に入るくらいでは防げません。なるべく落下地点から離れることです。


<本当に危険かどうかの見極め方>

全く動いて見えない→危険

ゆっくり動いて見える→ほぼ安全 

速く動いて見える→安全

尾を引いて見える→安全

             ・

ちなみに、わたくしは時間が今日は自由になりますので、

図書館に一時避難します。

今現在位置は、下記アドレスで解ります。

http://www.n2yo.com/?s=20638

                             /

追記。

9:30頃はまだ落ちませんでした。

あと30分ほどで推定落下時間の中心時です、11:04。

下の図は、10:30の時点です。日本上空からおおよそ一時間後の位置です。

Photo_2 

何処でしょうね? 日本直撃はなさそうです。いずれにしても、大きな災害にならないとよろしいですが…。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »