2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »

2011年10月18日 (火)

森みの里、女房の陶器展。 柳桜園さんのお店でも案内状を掲示してくださいました。

女房が、京都の祇園で、個展です。一力亭(お茶屋)さんの道向かいで、通りがかりの人も見に入ってくれるそうです。

Photo

お向かいは一力茶屋さん。

_edited1

階段を上りますと。

Photo_2

アブラ・ドウダン・ツツジです。

Photo_4

下のも、アブラドウダンです。こっちの品種の方が、より艶っぽい品種です。微妙な違いです。ちょっとの違いに楽しみを見出すことも大切です。

モミヂ(紅葉)の色付き具合が、移り行きの美しさの時のハナです。

Photo_3

メインの辰砂(しんしゃ、銅の還元炎の発色)の大鉢のヤマ・シャクヤクの象嵌(ぞうがん、はめ込み文様)です。  

Photo_6

Photo_7

左の面です。

Photo_8

掛け花は、ミツバ・アケビです。

Photo_9

珍しいです、ミツバアケビは。

サルトリ・イバラです。

Photo_26

お米文様の象嵌の蓋物です。

Photo_28

  ブドウ文様のひょうたんです。ヲシテ時代では、ブドウはエヒ(エヒカツラ、えびかづら)でして、魔物避けです。

Photo_29

Photo_30

エヒ・カツラとは、酔う・蔓(かずら)の意味でしょうね。ブドー酒です。だから、魔物の足取りも遅くなる。

外二点の濁点は、後からの伝承時代にくっ付けられたと、見れますね、ここでも。

Photo_12 

上は、ムクロンジュの花入れです。洋花の名前は、すみません忘れました。

ムクロンジュは、硬い実です。

アブラ・ドウダンの枝ぶりも良いです。

Photo_10

ジョウロウ・ホトトギスです。この時期、いっときの珍しい花です。

ジョウロウは上臈でして、高貴なお方の事です。

Photo_13

ジョウロウ・ホトトギスは花期が短いのです。ふつか(二日)で色が落ちたそうです。 めずらしい茶花です。

  ハナは、また、幾つか見直して入れ替えるそうです。

蓋物と鉢の象眼模様です。

Photo_14

さくらの文様の象嵌の蓋物です。

Photo_15

紅葉文様のまがたまです。

Photo_22

秋のお米文様の象嵌の鉢です。

Photo_24

春のわらびの文様のまがたまの蓋物です。

Photo_25

スイセンです。

Photo_23 

  お菓子のお皿です。 センニンソウの象嵌です。

Photo_17

コスモスのちょっと変わった珍しい花です。サルトリ・イバラも色付き始めてます。花入れは、ビナンカズラの象嵌模様です。

Photo_18

             ・

何時ものお茶の柳桜園さんで、茶筅(ちゃせん)を求めました。

Photo_31   

官休庵の茶筅は、煤竹(すすたけ)で使い古しをイメージしてしっとり落ち着いた事を旨にしておられます。茶筅の穂先は、使い始めるとすぐにカーブを描きます。

柳桜園さんは、お店に個展の案内を飾って下さるそうです。

              ・

京都の小笠原家にもご神前にお参りをと、思いましたが、あいにくお留守でした。

小笠原道当さんのご子孫で、立派なご神像姿の道当さんの像をお祭りなさっています。学問上では問題の多くある道当さんですが、ヲシテ文献の伝承における成り行きの功績はピカ一であるのです。  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »