2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月18日 (月)

生きるとは、生物のリ・モデリングのこと。 社会も国家も、同じような。

 ひと頃前までは「新陳代謝」と言っていました。

ヒト(人)が身体を健康に維持してゆく働きの事です。

少し前に、「動的平衡」なんて言葉も流行りました。

今には「リ・モデリング」の言葉が、一般的になりつつあるようです。「リ・モデリング」とは、最も言い表し得てタエ(妙)のように感じられてきます。

           ・

 どのようにしていったら、健康状態を上手く健康に若返りつつ維持してゆくことができるか?  再びのモデリング、ですね。

それには、三つの要点があると思います。

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力)

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます)

       ・     ・      ・         

 1、の「どうあるべきか?」の障害は、生物でのり・モデリングで言いますと、遺伝子に起きた深刻な壊滅です。

 どう直してよいか? 不明になってしまったら、どうにもなりません。強烈な放射線を外部被ばくしたようなものです。設計図の取戻しからになります。

            ・

 2、の「作りゆく力」は、食物を摂取し消化吸収してこそ、り・モデリングのツイエ(費え)になり得ます。植物では光のエネルギーもこれに当たります。

            ・

 3、の「害毒の事」は、種々恐ろしいものです。強烈な放射線は生物の設計図も壊しますし、「作りゆく力」も錯乱させて機能不全にしてしまいます。毒物には、放射線だけでなくて、物質的な害毒もありますし、または見えにくいヒトから及ぼされる悪意なども含まれますほどに種々あまたにあります。

        ・        ・

 美しく生命を保つという事は、あまたの困難の克服の上に咲く花だと思います。

社会や・国家にしても、

おおよそ同じな事ではないかと思います。

どのような形が望ましいか?

それが、言葉を変えると「憲法」とか、規範とか謂われるものです。

しかし、その前提とする状況が変わることがあれば、結論としての規範も、

土台が変われば、変わらざるを得ないのですね。

   土台が、変わる、

 その場合にどうするか?  の話なのです。 ヲシテ文献は。

それなので、難しいのです。

      ・      ・      ・

 『古事記』『日本書紀』など漢字文献類は、とても大きな錯誤の果てに作られていたのでした。ここを雪(すす)がなくてはなりません。

 先の、三つの要点の、

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力)

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます)

 主に、1、と3、とを直し行くことにあるわけだと思います。

先は、とにかく長いものだと思っています。

                       /

   追記

あとで気が付きましたのですが、

上掲の三つの要点は、

「ミクサタカラ(三種の神器)」の原理にも沿っていますですね。

 現代に、活かしてゆくべき何かがあると思います。

 

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)は、  「トのヲシテ」。

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力) は、 左に位置する春の伸び行く力。

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます) を防御するには、 右に位置する秋のまとめ正す力。

     ・       ・       ・

  追記:写真

ある日の机の横です。

Photo

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »