2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2011年7月 3日 (日)

『古事記』の世界観が大間違いの元でした。 神懸かりの迷妄を去って・・・。  ホツマ、ヲシテ文献の爽やかな世界観へ!

『ホツマで読むヤマトタケ物語』にても、言及しました。

ヤマトタケさん(日本武尊)を記載した記述の対比だけでも、漢字文献の恣意的誤訳のひどさが解ります。

『古事記』なんて、ほんとうにひどいものですね。

『古事記』の記述の内容が翻訳削除箇所が多い事と、誤訳のひどさについての事があります。

Photo

               <伊勢神宮、外宮にてフウの実です>

外宮さんの祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)とされていますが

『古事記』にて調べると、豊宇気毘売神になっちゃって、おかしくなってきてしまうのですね。 あれ程の立派な偉人が、おかしげな神懸かり料理人にされてしまいました。

ヲシテ文献で見れば、トヨケカミのことでして、アマテルカミの厳祖父のことであらせられるのです。イサナミさまの、お父上ですね。

どれほどに立派な人でも、あれこれ重箱の隅を突いたら、ほんの少しのほこりも出ます、よね。 生まれ来てから、一切もすべて罪は無い! なんて人は、これまで、お目に掛かったことも寡聞にしてか、まったくありませんです。

ちょっと、すまなかったな。

あの時、こうしていれば。  なーんて、ことの連続ですね。

毎日、毎日、悔悟の念の無き日はありませんでした。 わたくしには、ですが。

              ・

我が国の本当の精神とは、『古事記』を読めば読むほどわからなくなるはずです。

それは、『古事記』に誤訳の重なりがひどいためでした。翻訳削除個所がとても多いためでした。恣意的でおかしげな挿入文が悪影響を及ぼしていたからでした。

恣意的でおかしげな挿入文の代表選手が「因幡の白ウサギ」の物語です。

何を根拠に言うか!  と、おっしゃいます向きも多くおありかと思います。

『定本ホツマツタヱ -日本書紀・古事記との対比-にて、詳細な内容比較を公開しています。詳しく、そちらをご覧願います。

Photo_2  

まいまいが、クワ(桑)の幹を降りて行ってます。

樹上の上方のまいまいも降下し始めです。

Photo_3

雨が上がったからでしょうか?

まいまいも、どこが眼だか、鼻だか、漸くに退散のようです。

神懸かりの雰囲気から、足を地に付けた地道なしっかりした哲学の雰囲気に戻してゆかねばなりません。

うるわしいヲシテ文献を、事もあろうに「『古事記』読み」するのは、いけません。原発事故の遠因は此処にありましたのでした。

はたして、第二次世界大戦の前哨戦の中国侵攻が起きてしまったのも、元はと言えば「『古事記』読み」に起因するものであろうと考えています。諸悪の根源は「『古事記』読み」にあると言っても大きな間違いはないと思います。

              ・

天地開闢の理解について、哲学的なヲシテ時代の世界を知ることが、大きな前進になります。天地開闢についての新作の日本歌曲を『ホツマで読むヤマトタケ物語』にて添付しました。「天地創造」です。 『古事記』的世界からの脱却の一歩です。

歌の旋律をリコーダで入れたものは、下記でお聞きになれます。

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/

Photo

上記の「天地創造」のところをお開き下さい。

新作歌曲の「天地創造」の歌詞は下記の通りです。

    池田 満 作詞。
   

  1
ふわふわと ふわふわふわと
ふわふわと こころ力(ちから)の
息の波 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも ふわふわふわと
ふわふわと 息吹く風は
火(ほ)を生みて

火(ほ)を生みて 
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

  2
ぐるぐると ぐるぐるぐると
ぐるぐると こころ力の
息の波 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも ぐるぐるぐると
ぐるぐると 風(かせ)、火(ほ)の力
物質(もの)生みて

物質(もの)生みて
果てない宇宙(そら)に
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

   3
こりこりと こりこりこりと 
こりこりと 中に向かえる 
渦巻きの 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも こりこりこりと
こりこりと 物質(もの)は集まる
地球(くにたま)に
 
地球(くにたま)に
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

   4
あつさむの あつあつさむの
あつさむの 波を放てる
ふたひかり
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも あつあつさむの
あつさむの 極み集まる
太陽(ひ)と月(つき)に
 
太陽(ひ)と月(つき)に
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

             ・

歌の専門家のバリトンの声で『ホツマで読むヤマトタケ物語』にCD添付してます。

 Photo_5

ユズの実は雨上がりから元気です。

タチハナの近隣種です。

酸っぱい種類はスダチで、「酸いタチハナ」の「ス・タチ」なのでしょうね。

Photo_2

大賀ハスです。検見川遺跡の出土のハスの実からの復活です。

2000年以上前の弥生遺跡発見の実からですね。

もう、爽やかな高貴さの香りが立ち昇ってます。

『ミカサフミ』に「ハス」は出典があります。

Photo_3

「ハス・ケ」「ハス・ヰヰ」ともに、「ハスのご飯」です。

ヤマトタケさんのお祖母さんのヒハスヒメさんも、ひょっとすると「はす」に因んだお名前であったかもしれません。

Photo_4

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »