2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月14日 (土)

後始末は大変な事です。   近郊の事と、国家の事。 国家千年の未来の構築。 ホトトギスの初鳴き。

福島原発事故は、幾つかのラッキーさが重なって、最悪の事態に至ることなく、不幸中の幸いであったと、こころ苦しくも、理解してます。

http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJP2011051401000952 ロイター報道。

大惨事の、プルトニウムやウランなど半減期の長い放射性物質が広範囲に飛散しての事故になっていたら?  と、思いかえしますと、心が・身がジンジン縮み痛みます。

                ・

とは言え、セシウムやヨウ素など比較的に軽い放射性物質の放散量は莫大なものでした。福島県の沿岸の海藻には高濃度の、放射性物質の汚染があることは現実問題です。http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/34718つまり、しばらく食品としては利用をしない方がよい。拡散の雲のありかは西北方向と海側の2方向に際立って赴いたようです。

それにしても、海洋関係の調査をグリンピースよりもしっかりとすべきだと思います。国家予算や、県の予算があるはずですね。福島県の漁師さんや海産業関係者もびっくりするほどの放置だそうです。自ら出来ないならば、グリンピースに国家予算をほんのちょっとでも委託した方が、人々の為になるようにも思います。 これって、やっぱり、ヘンな事ですよね。他にもいっぱい原子力関係の独立行政法人などあるのに、福島県の漁師さんや海産業関係者もびっくりするほどの、ほったらかし、とは? 何なのでしょうね?

下記は、福島県のサイトです。

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23692

下記は、厚労省です。海藻が入ってません。海藻は人だけでなくて、貝や魚の食糧です。海鳥も海藻を食べます。海の生態系の基本のひとつです。どのように、汚染が循環してゆくか? です。 ワカメやホンダワラの一種のアカモクもとっても美味しいものです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001a3pj-att/2r9852000001a3rg.pdf

グリンピースの人に協力して「測ってね」と、言った海洋関係者の気持ちを深く思いますですね。私もその立場であれば、おんなじことだと思います。

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/34755

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/coast_results.pdf

これから思いますに、

福島の漁業は、しばらくのところ沿岸ではなくて遠洋に特化してゆくような感覚がフィットしてと、このように思いますです。いかがで御座いましょうか? ここに、力が湧くと思いますです。シロートの私には、ホント、ちゃんとは解りかねますが、遠洋サンマやシャケなんかどうでしょうか?  何十年か待てば、あの、美しい浜通りは大丈夫になります。 半減期30年のセシウムが消えてゆくまで、じっと待たねばなりませんです。

           ・           ・

   追記、5月16日。

海藻や貝類の放射性物質汚染の調査を、福島県が、今日から始めたそうです。

良かった良かった、です。

わたくしなどは、海藻と貝を多く食べますので、気が気ではありませんです。

海藻は、昆布を毎日と、他にもいろいろ。貝類は、2日に一度は食べてます。

こんな食事情ですから、海藻と貝類を止められては…。

昆布は、昔からの骨董の友達の昆布屋さんの三好屋さんです。大阪は伝統的に羅臼昆布(らうす)が多いです。うちは、これです。

京都は尾札部(おさすべ)昆布を使うのが多いですね。この真昆布はさわやかの味です。美味しいです。 風味がいいですね。

大阪・京都、味の基本的な違いは昆布にあると、前々から思っていました。いまだに誰も、賛同者・同意者はみつかりませんけど。

昆布の主なる大産地の、北海道での汚染はありません。

岩手県も大丈夫です。

宮城県は、最南端の部分で危うそうです。 調査が待たれますですね。昆布だけでなくて、南の方は、ワカメやアカモクなどとっても美味しい海藻が採れます。三陸のワカメはとってもとっても美味しいものです。しっかりとしていますね、三陸ワカメは。

福島沿岸での海藻の放射性物質汚染は、重篤なようです。ここしばらく、福島沿岸産の海藻は食べないように、なさって下さい。

福島県もやっとのこと、調査を始めてくれたようです。

毎日海藻の、わたくしからしましたら、

   「何と云うほっときか!  二か月も!」

  毎日海藻ですから、わたくしは。

  あの、福島原発の近くに居住していたら、間違いなくわたくしの食事情では明日をも知れぬ被ばくであったはずです。

 政府のひどい発表に危機感を覚え一言声を上げまして、ここ、2か月ほど、原発対策に終始してました。冷静な目を置いておくことは大切だと思います。特に、日本のように空気のような雰囲気で大勢が決せられてゆく社会にあっては、「静かな目」をちゃんと作って置く。   です。

 福島の原発事故は、政商の暗躍による間違いが、主原因であると、分析できます。付け刃出ない立て直しをすべきだと考えます。

根底からの、立て直しです。

納豆、味噌など、放射能物質の身体からの排泄を早めてくれるそうです。

http://www.health-station.com/n145.html

                 ・

海藻や貝類の汚染調査の開始は、少しは、グリンピースのおかげかも?  わたくしも、グリンピースに単発ですが応援募金をしときました。わたくしは、クジラも食べませんので、グリンピースに極端に強い抵抗はありませんが、オーストラリアのカンガルーへのひどい扱いには、グリンピースも何とか言ってくれたら。 と、思いますですね。

カンガルーの赤ん坊を虐待するのは、とっても、わたくしには過激にこころに突き刺さりますです。カンガルーみたいに可愛い動物をお母さんのお腹の袋から引きずり出してのあかちゃんの撲殺までしての虐待です。びっくりしますです。可哀そうなカンガルー。  クジラを何で、殊の外に守護するなんて、ちょっと、わたくしには理解が出来ませんです。

カンガルーも、クジラも、わたくしは食べませんからね。 と言うことでしょうか。

文化の違いは、大きいものですね。

われわれ日本人が、当たり前と思っている食糧としてのお米も、イノチ(生命)あるものですので、ベジタリアンの信念に厳しい人には、簡単に食するなんて辛いことのようです。

                 ・

         ・                ・

 原発事故の後始末についてもそう言うことですが、

千数百年前に起きた、国字を漢字に替える施策の事がありました。

この事態も大きな大事件でした。古くからのヲシテ(日本固有文字)があったのに、これを捨て去って漢字を国字とした政策です。

これにより、ズバッと過去からの伝統はちょん切られました。 これが、本来の「日本」の価値を半分以下に低下させた原因であると、わたくしは考えております。

さて、

この、現代に来て、

40年ほどの事ですが、やっと、本来の日本語の源流を解き明かせるヲシテ(日本固有文字)と、その膨大な文献が発見されました。処々研究の成果として『日本書紀』『古事記』の翻訳前の原書であることが判明いたしました。

このことなども、過去の経緯においての行き違いの発見です。

        ・           ・          ・

 原発事故についても、安全だとの、国家的な理解のもとに進んできた理論(ロジック)に錯誤がいくつかあった事が判明したのです。大きな陥穽でした。 で、直さねばならないということです。

 また、過去の漢字国字化政策では、ヲシテ文献の忘却と、漢字文への抜け抜けの事態と大誤訳が、見つかったのです。

この、二つの事は、ちゃんと、根底から見直すべきであると、わたくしは考えます。

                   ・

 この、考えて、どの様にしてゆくべきか?

時間を稼ぐ上において、浜岡原発の一時停止は、貴重な事であると思います。地震予知にどれほどの予算を注ぎ込んできたか? その成果で、まもなく東海地震発生が予測されてます。これを、無駄にしてはもったいないです。

この、限られた時間のうちに、今後のエネルギーの方向をしっかりと考えて国家の千年の未来に向けて展望をめぐらしてゆかねばなりません。

          ・         ・          ・

ヲシテ文献の、この、用いてゆくべき先先は、もっと遥かな未来に向けての根底であると考えております。

 ここを、ヲシテ(日本の縄文時代からの固有文字、そして、膨大な文献)を、

 しっかりとやって行くことが、わたくしの仕事だと思っています。

郷土の事とか、近在の事とか、よりも、  ちょっと、  ちょっと、

  もうちょっと視点を広げての事にと。  ぜひ是非に、念願を致しますです。

国家の先行きとか、世界の先行きについてどうする?  とか。  ですね。

いっぱい、やるべきことが、山積です。

とても、

郷土のこと、近隣の事などは、まだまだあとあとの事だと思います。

国家千年の未来の構築ですね。

            ・

 兎にも角にも、わたくしのテーマはお金儲けではありませんで、

千年先・10000年先のためにどうするか?

「トのヲシテ」がどのように活躍できうるか?

クニトコタチさんの理念の有効性を研ぎ澄ませるのが、仕事です。

      ・            ・

 ヲシテ文献が『古事記』『日本書紀』に漢文訳されて、誤訳混入が起きたのです。その上に千何百年も乗っかっていたので、今回のような原子力行政にも誤謬が混入したのです。 本来の我が国の良い姿を取り戻す必要があります。 このため、ヲシテ文献は、「訳してポン」だなんて安直な扱いは決して駄目なのです。

            ・

今、ホトトギスの初鳴きです。(平成23年5月15日、明け方4:12)名乗りの鳥です。

原発事故を恐れて来ないのか? と、不安にもなってました。

ちょっと、遅かっただけですね。

      みずからに 思うことこそ

      おおしきの ホトトホトトと

      問いしトリ来て

       ・        ・

 追記、16日。

今日も明け方、まだまだ暗いのに4:08、かの鳥は鳴きますのでした。

おもしろいトリです。 昔から、友とする人の絶えなかったはずですね。

少し明るくなってきた4:30ころに、

カラスと、ウクイス、タヒバリ、ケラ(キツツキ)仲間のアオゲラなど鳴き始めまして、 そうこうしましたら、ホトトギスも鳴きますですね。ホトトの強い声は頼もしいです。

カラスも良い声です。

コジュケイの「ちょっとこい」は、この後です。 4:40頃、だいぶ明るいです。ほぼ30%程度です。 「ちょっとこい」 とは、漢語由来(一寸)ですので古来には馴染みませんですね。どう聞いていたのか? コジュケイは昼ごろにはもっと元気になって「ぢょっど こい」とも聞こえます。  漢語の渡来前の事には、どう?  聞いていたんでしょうね?

まだまだ、解らない事だらけです。

   と、 思いましたら、カラスが変な低音の声を発しました。

悪いことでもした覚えはありません。 他の理由なのでしょう。 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »