2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月27日 (火)

女性「宮家」のことなど。 『ホツマツタエ』などヲシテ文献から見ての事々。

宮家の事など、皇室のことがいろいろと言われてます。

もっと、

本質からの見つめ直しをしてからの事で、 と、 思います。

            ・

『日本書紀』や『古事記』など、漢字文献で見ますと、

神武天皇の征服王朝説にと、なってしまっています。

今現在の状況、震災や原発事故の後の対応など、

征服王朝説では、我が国の国柄は説明不可能ですね。

これは、そもそもの征服王朝説は大間違いだったことが、ヲシテ文献で明瞭になりました。先ずもって、これを直さねばなりません。

征服王朝説は漢字文献からの誤訳などでの由来の大誤りで、本来は、恵み柔しの「トのヲシテ」理念を根底にしての立国だったと。

       ・        ・

また、皇位の継承につきまして、

過去の国難の事を、ヲシテ文献でひも解いてみましょう。

6代目オモタルさん、カシコネさんの御世の末期に、

クニ(国家)が乱れました。作物の減収と、お世継ぎに恵まれなかった相互の悪影響からでした。

7代目には、北陸地方の名君で名高いアワナギさんの、ご長男のタカヒトさん(後のイサナギ)。 と、東北・関東で名君のタマキネさん(トヨケカミ)の娘さんのイサコヒメ(後のイサナミ)とに、皇位を継いで戴くことになりました。イサナギ、イサナミさんは全国各地に教え導きの巡行をなさいまして、国家を立派に再建なさいました。

拠って、イサナギさん、イサナミさんは、特にフタカミと尊ばれて呼ばれます。

                ・

わが国の伝統とは、縄文時代の前期の頃に、「トのヲシテ」を建国の理念として国家の樹立を成し遂げた事実だと思います。その後の経済状況の変化など社会の構造変化を、「トのヲシテ」の理念のもとに、これを実に意識に登ることなく知らずに国家運営をしてきていたのでした。

         ・             ・

武烈天皇のあと、

混乱した世の中をどうするか?

26代継体天皇は、遠い血筋をたどって,

ご即位の事を、お願い申し上げたのでした。

それで、普通の時期ではないため(大混乱のため)、

何年も都にはお入りになるのを躊躇(ためら)われられたのでした。

ですが、継体天皇はちゃんと時節を踏まえ、ミチをお立てになられましたのでした。

                ・

わが国の伝統とは、本来このようにあるのだと思います。

思えば、

2代目アマカミのクニサツチも、

ヱのミコトの後を受けて、弟のトのミコトが皇位を受け継ぎました。

皇位とは、 お仕事なんだと思います。

この、本質を見極め知ってからの、お話だと思います。

          ・          ・

また、追加して言うなれば、アマテルカミもご心配をしておいでになられました。

サルタヒコに、

カンタカラを授けて仰っておられたことなど、

諄々と思い返すばかりの事柄で御座います。

単純な決め事のマニュアルの様なことでは、返って変てこなことになる杞憂を恐れるばかりです。

マニュアルは最低限の決め事でして、

そんなものは、原発事故に遭遇して、まったく役にも立たなかったのでした。

安定ヨウ素剤の配布のような簡単な事でさへも、90%出来得ないのでした。

これが、現実です。

ですから、

そんな事であろうかと、

お見通しに、なられておられた、アマテルカミは、

サルタヒコにも、お託しになられたのですね。

            ・

民主主義の本来の原点に立って、

どうあるべきか?

その、理由をみんなに解ってもらってから、

そのあとに、

国民の審判を得るのが、 もっとも、ちゃんとした進め方だと思います。

「トのヲシテ」は本来の、二人称から発生した原則に基づくものです。

本当の意味での「民主主義」の根底原理なのだと考えます。  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

2011年12月26日 (月)

放射能への人体の防御機能につきまして。 武田邦彦先生、「ガリレオ放談」。

放射能から、人体の身体を自己防衛する機能について、

武田邦彦先生が解り易く解説して下さってます。

小学館「ガリレオ放談」

自己防衛機能(ホルミシス効果1)

自己防衛機能(ホルミシス効果2)

自己防衛機能(ホルミシス効果3)

自己防衛機能(ホルミシス効果4)

自己防衛機能(ホルミシス効果5)

              ・

考えなくてはならないことが多いです。

その基本の定礎の在り処(か)の所を、ヲシテ文献での定め直しです。

その為には、解明をじっくりと進めなくてはなりません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

2011年12月21日 (水)

築島裕先生の二本使い、のこと。 国語の遡及解明のこと。

築島浩先生は晩年に大著を出されました。80歳代での大著です。

『訓点語彙集成』(汲古書院)

よくぞこんなにと、思ってました。

それは、やはり特技をお持ちだったようですね。

『汲古』誌(汲古書院の宣伝誌、60号)の築島浩先生追悼号で、沼本克明さんが仰ってますように、

「先生のお仕事は早かった。後で仕事量を調べてみると大抵常人の三倍から四倍の調書が完成していました。時間外には自由勉強の時間を貰いましたが、先生は青と赤の鉛筆を二本握られ手品の様に指の中でくるくる入れ替えながら猛スピードで朱点墨訓の移点が進んでいきました。始めて見たときびっくりし、まねてみようとしましたが、私はとうとうその技術を習得できずに終わりました」

と、特異の技術が駆使されていたのですね。それは、そうっだったのですね。謎が解けました。納得です。

その外、奇行も多く、

築島先生は、乗り物の切符の収集を喜々としてなさって「三歳児の児戯だ」と仰っておられたとのことです。何でも、係員のいなくなるのを見計らって、身体半分まで改札券捨て箱に頭から突っ込んで探し拾いをしている事もよくあったそうです。

天才気質のお人だったようです。

               ・

我が国語の解明作業は、築島先生のご活躍など、

訓点を究明することによりまして、平安時代がよく解って来ました。

さらに、漢語の弊害が多かった時代の奈良時代や飛鳥時代を大変な思いでこれから潜り抜けて、漢字国字化時代以前の「やまと ことは (本来の我が言語、訓読みの言葉)」の活力の潤沢な時代の言語にまで遡及して解明を進めなくてはなりません。我が国の精神の源泉が、本来の国語の、そこにあるからです。 

Photo

今年は、クロガネ・モチの実が沢山付きました。

鳥モチの粘りの樹脂が樹皮から採れるのでモチの樹なんですね。

Photo_2

モチ・ハナです。頂き物です。

クロモジにお餅を花に飾ってます。

山間のクロモジは、新芽の膨らみも小さいです。

うちの庭のクロモジは、日の光をいっぱい浴びております。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

2011年12月20日 (火)

老いとは何か?  価値創造の事。 明治書院『悩んだ時に読みたい 日本人の名言』

 

昔、小学生の時の事ですが、近くに 寿荘というアパートがありました。

今では、そんな、小さな部屋で! とも思いますが、マンガの常盤荘も同じようなものですね。寿荘で「ことぶき・寿」の言葉をわたくしは知りました。

いよいよ、私も、そんな言葉を意識し始める事になったのか、と、思います。

気持は20代なんですけど、 ね。

ヲシテで見ますと、清音の「ことふき」が本来です。

Photo

長寿の事、尊ばれているのが伝統的なヲシテ時代の事です。

でも、それは、知恵の蓄積や判断の事例の蓄積に対しての尊敬であって、単なる自己保全のような、小さな利己心の事がぬぐわれていなくてはならない矜持が前提だと思います。

                ・

 それぞれあれこれの判断は、過去にあった事例の蓄積が根底になりますが、初心に立ち返る勇気が無くては、単なる自己保全のような詰らないものに泥(なず)んでしまいます。光を見つけたらどうするか? 

「ことふき」の言葉は、語源解明の途上ですけれど、オジン臭いものではないと思います。経験をいろいろ多く積み重ねてそれを肥やしにして、更なる価値創造にこころを尽くすのが、麗しい事だと考えます。

尊敬すべきとのニュアンスを込めた尊称として「ヲキナ」の語があります。用例を掲げます。

Photo_2Photo_7

ペタペタ近世語貼り付けの「秀真伝(しゅうしんでん)」は、偽書作り作品ですから、それは、除去して下さいませ。 「言霊」なんて言葉で考えようとすること が、そもそもの大間違いです。

                        ・

明治書院『悩んだ時に読みたい 日本人の名言』立石優、なかなかに、含蓄のある言葉が挙げられています。面白いです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年12月14日 (水)

ホツマツタエに本来のミソギ(禊ぎ)を知ること。 ほんの、考え始めのこと。

『ホツマツタヱ』などヲシテ文献は、我が国の漢字国字化時代以前の姿をつぶさに知る根拠を私たちに与えてくれるものです。

と言いますのも、漢字文への翻訳がされた後の『古事記』『日本書紀』は、どうしても漢字文化の色に染まってしまうからなのですね。 ミソギとは何か? と、問うた場合、「禊」の文字の意味から解き明かしゆこうとする、根本的間違いに陥ってしまうのです。構造上の問題が『古事記』『日本書紀』には包含されているワケです。

では、さて、ミソギ(禊ぎ)の本来の事とは何か?

それを、探るには、先ずはヲシテ文献の用例にあたりましょう。

Photo

Photo_2

「ミソキ」は、以下です。

Photo_3

これらの用例を俯瞰しますと、「みそぎ」だったか「みそき」だったか、

俄(にわ)かには即断が難しい様に思えます。ただ、「みそぎ」にと中一点の濁点の用例が少しは多くて優勢ですので取り敢えず「みそぎ」として当面の記述に用いてゆきます。 が、「みそき」と清音の「コトハ(語彙)」として、ヲシテ時代での認識されていた語であった可能性もかなりの処濃厚であったかも知れません。今後の事に、語源の考慮に根拠を得るべきであると考えます。

『フトマニ』の「ふ・ねせ」の項目などは、「ススカのフミ」での心のミソキ(禊ぎ)ですものね。色々なことで御座います。

            ・       ・

本来のヲシテ時代の早い時期に立ち返って考えるならば、

「ミソギ」とは、

「ミ(成り出ずる)もの」が、「ソ(備わり固まる)」の、「キ(来る)」の意味に由来する」と思われます。濁音の「ギ」には原初的な意味を今の処取り難いようです。    

さて、伝統の禊ぎも上賀茂神社では手の禊ぎでした。http://www.genji.co.jp/yukari/aoi/saiin.html

http://www.genji.co.jp/yukari/aoi/misogi.html

このあたりの事情に、真・行・草の、程度の違いを見てもらうべきかと思います。

               ・

さて、現代には「禊ぎ」と言いますと、物忌み的な極端な白衣(しらは)精進潔斎の荒行的な行事が思い起こされます。山伏が寒ごりをする荒行の雰囲気ですね。

それも、それは、確かにそうではありますが、  何事にも、真・行・草の程度の理(ことわり)があります。 挨拶やお詫びにも、土下座をする ・ 90度のお辞儀をする ・ 会釈をする、そんな、真・行・草の事があります。

日常生活でも、ちゃんと出向いてお話をする、きちっとした手紙を書いて封書で出すや・ハガキを出す、電話かメールでやり取りする、そんな、真・行・草のことがあります。

 それは、「みそぎ」でも同じで、

何人か集まって行事的にやるには「草」のやり方。

思いを強く決して、ひとりでやるには「行」のやり方。

最早、死にゆく覚悟での思いで際立っての「真」の方法。

          ・             ・

お茶の事にも、真・行・草はありまして、茶杓は最もわかり易いかと思います。幾分、いろいろアレンジはありますのでおおよその事としてご理解願いますが…。

竹で作られたものなど、

節が真ん中ほどですと普段使いの「草」の位置です。

節が端の手元の近くに作られますと「行」のことです。

でも、節が完全な端だったり、無しに作られたもの、象牙などに多いですがこれは「真」の扱いになります。

                 ・

極めがどの程度であるか?

これを、測って色々やって来ていた訳でした。われわれ我が民族はですね。

最早死ぬほどか?

早晩にも死ぬほどか?

来年ぐらいまで大丈夫か?

現代は、過去千年来にないほど豊かな安定の時代を迎えております。

それで、危機判断の基準がここ100年来の事に混乱を来たしているだけなのです。

つまり、豊かに繁栄を謳歌している現代の今は、歴史的に見ての飛び抜けての恵まれた時代なのです。

          ・             ・

さてさて、

「みそぎ」のこと、真・行・草の区別のレベルに付きましても、ご理解が頂けたかとも思います。ヲシテ時代での「真」のミソギはトヨケカミのヤチクラのミソギですね。また、イサナギさんのミソギですね。ミコ(皇子、お世継ぎの子)のご誕生を、国家千年の未来への祈願として「シラハ(白衣)」を、ずーっと着続けていたら着染めの色でサクラ色(桜色)に染まったのでした。

Photo_5

「シラハ、着 、染みて  サクラ・イロ(色)」 でした。外二点の濁点は、除去して考えるのが、やはり良いですね。

Photo_4

そんなこと、

また、

明治期に作られました「禊ぎ作法」の幾つかなどは、漢字国字化時代以降のさても衰亡期の所作ですので真の意味での活力に乏しいわけです。「トのヲシテ」の精神が最も希薄になって落っこちた時代の象徴と言えましょう。我が国の本来を取り戻さねばなりません。

漢字文献に根拠を得ることを根拠としていたら、最早の事に時代遅れと言うほか無いのですね。何故ならば、漢字文への翻訳・誤訳の以前の文書が発見されたからです。 とは言いましても、ヲシテ文献の真の解明の作業は難航です。

そのうちに、「みそぎ」の事、詳細について考え述べたく思っております。 

一つの「ことは(語彙)」にも、深く深淵な歴史が込められていますので、

そのこと、どうかご理解をたまわりたく存じます。 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年12月 8日 (木)

「むね」の言葉。 久しぶりの上京にて。

久しぶりの上京でお堀の植木のモミチ(紅葉)を国立公文書館や憲政記念館などから拝んできました。イチョウの黄色とハゼの赤色とクロマツの常盤のグリーンのコントラストが良いです。色々な色があって相乗効果でさらに麗しさが際立ちます。
曇りだと予想がありましたが、晴れました。ほとんど満月に近付いて、イチョウのモミチ・ハ(紅葉)にも似合いま
す。

Photo

思いの外に奇麗に拝見できました。あたかも、思い悩んでました「むね」の言葉の原意・語源のほのかに解け来るのと似たような、そんな心地良さでした。旧暦の11月13日のお月さまは、ネの月のソミカともヲシテでは表されます。根っ子になる季節のモチ(満月)のもうちょっとだけ手前です。ミヤ(国家の中心のありよう)が成り良くなりゆくのを願うばかりです。

 (とけゆかぬ むねとみなもと
 みやのほり ねのそみつきの
 てらしきたりて)

「むね」とは何か? どう言う意味合いか?
「索引」で検索しますと、結構多くの用例に出くわします。

「むね」には幾つかの語彙があります。
道理・原則を意味する「むね(旨)」と、
人体の部分を表す「むね(胸)」のニ語です。建物の「むね(棟)」もありました。

これらの語は、一見違うようにみえても、古くの語源からのヲシテ文字形のイメージからの「ことは(言葉)」の発生の狭間を考えますと、原理原則に共通項が見い出せるような…、 そんな語源遡及を試行して悩んでます。

Photo_2

Photo_3

Photo_4
どの様な語源で発生してどのように変化発展してきたか?
「むね」の言葉がですね、これを、思い悩んでいたのでした。
あれこれ考えててヒントが見つかったような? また、ダメかも知れませんが。
            ・
そんな調子ですので、まだまだ教科書作りの段階には至り得てないですね。多くの駿才の出現が待たれます。
         ・     ・
憲政記念館の尾崎行雄(咢堂)は60年間の議員生活だったそうです。ヲシテへの道は、もっと長々と掛りそうで
すね。老いてはいられません。それで、毎朝、お茶と納豆なのですが、お茶を小分けして出る時に冷蔵庫から出そうと思っていたら、忘れていました。茶筅と茶碗は入れといたのですが、しょうがないことでした。旅先で、ネットへの入力が出来るなど、世の中は進んできてますね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »