2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月25日 (金)

勾玉、つまり「まかり・たま」のこと。

池上曽根遺跡の大玉の「勾玉」が展示されてるので、

久保惣美術館へ行ってきました。Photo

写真の中央はメタセコイヤです。実が付いていました。

下は、玄関の日当たりの良い位置のメタセコイヤの実です。

Photo_2

弥生時代ですと、ヲシテ時代の中期に相当します。

池上曽根遺跡は以下アドレスにてご覧下さい。

http://www.ioctv.zaq.ne.jp/ikegamisone/4tenji/4_01.html

展示の「まかり・たま」は兎にも角にも立派なものでした。

透明さはないヒスイ大玉の「まかり・たま」です。

Img025

見ごたえがあるものでした。

長さ6.3cm。120g。弥生時代での最大との事です。

(『装身具-日本・中国・朝鮮 よそおいの美-』 和泉市久保惣記念美術館)

尻尾のあたりがちょん切れてるのも、何か意味があるのかも? 切れたか、切った後を、それは丁寧に綺麗に磨いてあるのです。此処が注目すべきのポイントですね。

つまり、これは、ツワモノヌシさんと、ココトムスヒさんの「たま・かえし」との関連も想起されます。実に何と言いますか、面白いものですね。 ちょん切れ「まかり・たま」の此処からの出土の事です。

Photo_15

その意味には、ヲシテ時代、ヲシテ文献からすると、カナサキさんか? ツワモノヌシさんの関連の依拠だった可能性が強いです。『延喜式』に記載のある神社の泉穴師神社(いずみあなしじんじゃ)がすぐ近くです。カナサキさんから、ツワモノヌシに、ナカクニのカミが譲られて交代しているからです。ただし、泉穴師神社は、ツワモノヌシさんを祭るはずであるべきです。『延喜式』の信頼出来得る部分は、社名の掲載の事実のみであると云う事に思いを新たにしますです、ね。

Photo_17 

今、私の疑問・難解の苦しんでおります処は、

「まかりたま」のこと、

これの本意が「トのヲシテ」のこと、

そのあたりの事情・意味合いが、もうひとつ、納得し得ていません。

Photo_3

「まかり・もち(ふと・まかり)」にも関係してますし。「まかり・さし」とも何かしら関与があるのかも?

複雑です。

                 ・

山々のモミチが色付いてきてます。

Photo_4

ついでに、

「まか」の検索を掲げておきましょう。

Photo_5

Photo_6  

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_14

Photo

Photo_2

ちょん切られないように、気を付けてまいりましょう。「ゆき・き のミチ」は、そう言うことで実際のものだと考えるべきだと思います。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年11月20日 (日)

明日からは、寒さが一段です。 「み・いき」の初めは「は・いき」。

冬将軍の本格がいよいよ明日からです。

5度程にも気温が低くなります。 マフラーやコートなどが必需品のようです。

Photo

上記のグラフは、「日本気象協会」です。tennki.jpから入れます。

http://tenki.jp/

とても便利ですので、体調の維持に気候の情報をお役立て下さい。

四国は暖かです。あんまり、気温の低下もありません。

Photo_6

東京は寒そうです。

Photo_7

コートやマフラーを必要としそうです。

              ・

ヲシテ文献解明と、普及は、これからが長い長い道のりの果てしない旅です。

一朝一夕にはまいりません。何がどう進んだ? との、紆余曲折の渦の停滞の中に、未来何千年来への萌芽が芽生えてくるようなものでありましょう。

それには、体調維持が最も重要なベースです。

ヲシテ文献にも、

「ミイキ」の諭しがあります。

 「は(わ)・いき」

 「あ・いき」

 「ひと・いき」

の、みっつでミイキです。

何より重要なのが「は(わ)・いき」つまり自らの健康維持です。

Photo_2

Photo_3

この季節、体を温めるカキ(蠣)や納豆などを積極的に食してください。

カキ(蠣)を食べるのは、めぐりめぐって震災応援にもなります。

牡蠣礼讃』 (文春新書) [新書]畠山 重篤は、実に新鮮に今も思い出します。

カキにそんなにも多くの品種があるのかは? オリンピア種など。   まったくもって、畠山さんのご著書から初めて知り得ましたものです。カキの養殖は絶えざらしめむべき重要産業だと思います。有用の産業です。畠山さんのこと、本物の足取りだと思います。畠山さんの取り組みには、遠い地ながらも、復活と、大きな更なるもっと敷衍的なる発展を祈っています。 そこへのちょっとの応援の、私の出来得る限りのほんの、一思いがカキを食することになりますですね。広島カキでも何処産でも同様で、あれこれ巡り巡っていますので、震災復活のカキ応援になります。

昨日は、志摩産の浦村カキの上等を求めました。

すばらしいものですね。3分の一づつ、毎日と、言っています。

とにかくにも美味しいです。ありがたいことです。

  ― 追記、 3分の一と言っても何の事だか? ですね

こちらでは、円盤牡蛎(私称)です。

Photo_8

いっぱい入ってます。 写真は、すでに昨夜の食した後でも、

溢れんばかりです。

            ・

世の成り行きも、迫ってきてます。

ヲシテの形になりそうなクモの成り行きです。

Photo_9

それに、追いついてない、準備状況が急(せ)かれます、  です…。 

              ・  

Photo_4

Photo_5

それやこれや、

国家の数千年先の先行きの事についてのことが、

本来の私の仕事なのですね。

と言いますか?  ボーダーレスになりつつありますので、

その先の時代への仕事ですね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 
 

2011年11月16日 (水)

考えて考えて、価値創造の事。 『ホツマツタエ』の解明は緒についたばかりです。

いろいろと、これから考え出して作ってゆかねばなりません。

それは、ヲシテ文献への道は端緒についたばかりです。

考えて考えて、いろいろ試行錯誤を繰り返して価値創造が命題です。

Photo

    <クサキの花です。どの書籍を見ても臭いとなってますが、

                どんなに嗅いでも臭くありません。不思議です。

                       若葉も臭くなくて、美味しいです。

                     わたくしだけ鼻が悪いのかも?

                   長年の疑問です。漢字当て付けにダマされるのでは?>

例えば、服飾史一つ見ても、一からの縄文時代からのヲシテ文献に拠る見直しが必要です。食物史だってそうです。「まかりもち」一つとっても全体像からの考察を考えて考えて、食物史の見直しからのモノを作らねばなりません。

Photo_2

沢山の仕事を、考えて考えて額に汗して残してゆくことです。ちょろっと読んでどうのこうのしても、浮草ではしょうがないです。根拠を定めて、地道に努力をして価値創造の仕事を残してください。

「玩具でもつくったらどうでしょうか?」   「玩具でも」、だなんて根性は違う路線だと思います。お軽く扱う、ここに「秀真伝(しゅうしんでん)」族のこころのおごりがあり、間違いの根幹があるのですね。我が国の歴史と国語の根本文献を、何と心得るか? という事です。

             ・

きちっとした仕事を作ってゆくにつきましては、微力ながら協力もさせて頂きます。このような気持ちでやってきてまいっております。これからもそうです。

Photo_3

      <コウジ蜜柑です、筑波山の日本固有種のミカンです。

          香り良く、カゼ払いに最適です。

                   「カクの実」です。

           カクカコ(カクの実の籠)とは、どんな感じになるのでしょうか?

                  朝日に輝くカクの実のカコ(籠)の幟(のぼ)り、とは>

Photo_4

クニのちから(力)とは、人口の多寡も云わばそうで無いとは決して言えませんが、

どれほどの文化力か? にこそ大きな掛け算の要素がこれからの世界には必要とされてくる時代になると思われます。

もはや、識字率のことの区別は全世界的に無意味になってきています。

焦点は、その次の段階に進んでますです。

          ・

とは言いましても、

現在の我が国の事を、翻って考えて見まするに、

ヲシテの識字率だけは、どうしても、引き上げてゆかざるを得ないと思考します。何故ならば、縄文時代からの国家の建国の基本がヲシテ文字の形状から発生したイメージに、現代の所謂“憲法”の理念の原理の根拠があるからです。

一口に言いますと、

我が国の国家建国の理念は、ヲシテ文字の概念を用いなくては理解が難しいと、  そう言うことなのです。

それで、ヲシテ文字を覚えて下さいと、 何十年来と言い続けてきてまして、

実現の日までは、決して、私には口の渇くことはありません。

ヲシテは、我が国の最も大切なタカラなのですから。

国家にとっても、民族にとっても、本当の礎石は

長い間において流浪してましたけど、やっとわかったのです。

ヲシテこそが、本当の礎石であると。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

2011年11月 9日 (水)

「ホツマツタエ」に拠る再構築の事。 簡単そうで、本当は実に高度である事です。

私たちはどの方向に向かうべきか?

Photo

                    <アオサギが、岩の上に佇んでいました

『ホツマツタヱ(ye)』や『ミカサフミ』が『古事記』『日本書紀』の原書だと、だんだんと解ってきますと、さて? どう進めてゆくべきか?

           ・

岩の上に立って、じっくりと考えを巡らしたくなります。

それは、とても困難なミチ(道)であるのです。

わたくしが生きてる内にどうのこうのとなるかどうか?

後世の人に託さなくては時間軸として成立しないか?

とは言いましても、国家1000年の事業で、全世界的に考えましても文明についてのその根本から問い直してより良くしてゆくことのできるタカラが秘められています。今はどうのこうのとならなくても、きちっと、遺してゆくべき事々は遅れ怠たることなく進めなくては死んでも死に切れません。

出来れば、世間への展開の事も見てゆきたいものですが。

        ・      ・

先ずもっては、漢字仮名交じり直訳の誤訳の「秀真伝(しゅうしんでん)」を除いてゆくことが、ひとつに在ると考えています。

次は、原字のヲシテ文字の原文で、古典の基礎を作ってゆくことにあると思います。我が国の、外国文字の渡来前の、本当の「やまと ことは(訓読みの言葉)」はヲシテ文字の字形のイメージで根底から築かれていたのでしたから、ここを抜いたらフワフワ漂う浮草になってしまうのです。

その後に、基礎工事をしっかりと据えた後に、多くの学問的な花開きが起きてゆくべしの事であると、常に常に遠くをわたくしは見ております。 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年11月 1日 (火)

「序文を暗唱をしました!」  最も、もっとも、うれしい事です。

もう、諳(そら)んじました。

この言葉ほど、心丈夫のモノはありません。嬉しいです。大きな大きな礎(いしすえ)です。

Photo_3

       <今日の夕方の宇治橋に、5日(旧暦)の月が鳥居の上に、

               写真が見えにくくて、すみません>

古典は暗唱から始まります。これが、大きな定礎になります。

序文の暗唱は、大きなものです。

      ・      ・

ヲシテ文献の入り口は、大変です。

初めには、文字を覚えて下さい。

    (これは、一年生ですものね。ほんと、大変です)

次に、文章を暗記してください。言葉が古い時代なので、心に沁みて解ってくるには暗記からの辿(たど)りがどうしても必要になってきます。

    (これも、小学生ですものね。ほんとほんと、大変です)

Photo_2

       <リンドウの原種に近いものは、きりっとしてます>

こんなにもの難関、大難関です。ヲシテ文献への入り口は、どう言っても困難のきわめの極みです。

すぐに、いいカッコ付けの漢字直訳のChina的に、さも、おシロートさん幻惑の誘惑に陥(おちい)り易いものです。何重もの難関の関所の突破は、正確に表現しまして、いわば、現代の奇跡と申せます。

奇跡のこと。 この事は、わたくしにはどうにも認定いたすことに、拒否はどう考えても為し得ざるモノと考えます。つまり、ヲシテの正確な位置での認知は、奇跡と言うべきです。本当の「日本」のあり方の源泉からの再発見の事です。

アマノコヤネさんも、微笑んでおいででありましょうことで、これが、国家の行く末を安寧に導く本当の基礎なのだと、わたくしも思います。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »