2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

「ホツマ」などヲシテ文献をふまえての、大きな三つの国難のこと

我が国6000年来の歴史を踏まえまして、大きな三つの国難を上げますと、

1、カミヨでの「ハタレの騒乱」(8代、アマテルカミの時代)

2、漢字国字化の始まった頃の混乱

3、第二次大戦の敗戦に至った混乱

の、三つになろうかと考えます。

          ・         ・

国難のこと、全国的に多くの国民に直接被害が及ぶことで、国家の根幹にまで大きな変化が生じるような事態を意味するとしましての、三大国難のことを掲げました。

               ・

地震・津波被害では、貞観地震(869年)とほぼ同様であることに付け加えまして、富士山の大噴火が貞観の時(864年)には起きていました。地震の5年前での、富士山大噴火でした。

大化の改新(645年)で、耕す土地のない人にも、移住先を用意して殖産を図る良い政治になったのでしたが、富士山の貞観噴火と貞観地震で、国史の編纂もままならないようになってしまいます。自然災害による国力低下ですね。

今回の災害は福島原発事故も重なり、他の原発への安全性の不信感が強まって大きな影響を及ぼしています。6000年来の歴史を見渡しての三大国難に入るか? と、問われましたら、NOと言うべきかと思われます。

ヲシテ時代のカミヨにも、富士山噴火も、大津波も、大地震も起きています。

        ・                 ・

1、カミヨでの「ハタレの騒乱」

  皇太弟のソサノヲが首謀者になったクーデターの騒乱に発展しましたから、国難と言うべきだと考えられます。7アヤ、8アヤと、『ホツマツタヱ』のカミヨでの多くの分量に記述されています。

2、漢字国字化の始まった頃

 自国の文字の放棄と、隣国の文字を国字にすることは、国家の根幹に係るものです。おそらくは、対外戦争での敗戦が理由で、自国文字の放棄になったと考えられます。神功皇后の韓半島への進軍です。おそらく、敗戦の憂き目をみられたのでありましょう。帰国に際して、香坂皇子、忍熊皇子、(ともにヤマトタケさんの孫)が拒む戦を起こしたことが、状況証拠だと思われます。 国字を放棄して、外国語に翻訳した歴史は、国語の根底を失って根無し草になり、幾度となく改竄されてしまいました。国家の根幹の揺るがせです。

3、第二次大戦の敗戦に至った混乱

 これを、三大国難に挙げるのは、言うまでもなきことだと思います。

        ∞     ∞    ∞

 日経新聞の連載小説「等伯」を読んでまして、どうにも、

唸ってしまう一節がありました。 掲げます。

Photo

Photo_2

詳しい文脈は、もうちょっと前から、通してご覧ください。

「日経新聞」最末尾のページです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年7月24日 (日)

『古事記』などの除染の方法

 まず初めには、『古事記』の良し悪しをはっきりと、価値判断するところから、が、

初めの一歩になると思います。

 放射能汚染の除染の方法に照らしましたら、初めのスクリーニングです。何処に高濃度の汚染があるか?

何がどう悪いか? ヲシテ文献の『ミカサフミ』『フトマニ』と、漢字文献との該当個所の比較をしたら、これに拠って解ります。

どう踏み出すか?  には、我が国の根底に付きまして、 把握をきちっとして置きたいものです。

変てこに「神懸かり風に」踏み出したら、また災難を招くだけです。

基礎や根拠の確実性の確認と、それに定礎の定め直しをどうして為し行かなくてはならないか? これが何故に必要なのかを、きちっと見直しましょう。

      ・      ∞       ・

同じ内容の記述個所の比較で、

どれ程の翻訳に誤訳が入り込んだのか? 

翻訳にあたって、どれ程バッサリとちょん切っちゃったのか?

それが、われわれの歴史の記述においてどれ程の悪意が及ぼされるのか?

  これらが、判然とします。

             ・

 かわいそうに、『古事記』が良いものだと思って信じている人が居ますが、もはや、時代遅れであることになりますね、ほおっておくに限ります。宣長病ですね。 彼ら彼女らが気が付くのには、100年程度は掛かってしまうかも知れませんから、ですね。 距離を置くのが一番だと思います。そんな人に限って『古事記』の原文も読んだことない場合が多いのですね。とても、とても、残念な事です。

 記紀の原書の発見があったという事に、無反応では致し方は無いです。

お可哀そうなことで御座います。

        ・           ・

 さて、

『古事記』こそ、特に、ひどさが激烈ですのでわかり易いことだと思います。

何がどのように良くないか?

ヲシテ文献と、『古事記』と、『日本書紀』とを内容比較して分析してみるのが根拠になります。また、思いのほかに、面白いです。 こんなにひどいひどい誤訳をやっつけて来ていたのか!

おぞましいと、言う表現が適切なような感じです。

ヤマトタケ(日本武尊)さんの記述では、立派な人格を、さも乱暴でかつ泣き虫に仕立て上げられていました。この改竄は、わたくしには許せません。

判断するには、どちらが先行文献であるかを、見て下さいまし。同内容の記述の個所の比較で、どっちが先かが、合わせて解ります。

           ・

驚くなかれ、1200年来の間違いだったのでした。

恐ろしいことで御座います。

   『古事記』汚染の代表的なモノ → 「因幡の白ウサギ」のこと

        ・     ・

   ほととぎす トのミチ告げて

   ととのえる 来る月日に

   すべき事々 

    ∞     ∞     ∞

追記

電力の事、参考になる記事がありました。ロイター日本です。http://president.jp.reuters.com/article/2011/07/19/8C255BF8-ABB7-11E0-AD7D-DBB93E99CD51.php

http://president.jp.reuters.com/article/2011/07/19/8C255BF8-ABB7-11E0-AD7D-DBB93E99CD51-1.php

  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年7月18日 (月)

生きるとは、生物のリ・モデリングのこと。 社会も国家も、同じような。

 ひと頃前までは「新陳代謝」と言っていました。

ヒト(人)が身体を健康に維持してゆく働きの事です。

少し前に、「動的平衡」なんて言葉も流行りました。

今には「リ・モデリング」の言葉が、一般的になりつつあるようです。「リ・モデリング」とは、最も言い表し得てタエ(妙)のように感じられてきます。

           ・

 どのようにしていったら、健康状態を上手く健康に若返りつつ維持してゆくことができるか?  再びのモデリング、ですね。

それには、三つの要点があると思います。

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力)

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます)

       ・     ・      ・         

 1、の「どうあるべきか?」の障害は、生物でのり・モデリングで言いますと、遺伝子に起きた深刻な壊滅です。

 どう直してよいか? 不明になってしまったら、どうにもなりません。強烈な放射線を外部被ばくしたようなものです。設計図の取戻しからになります。

            ・

 2、の「作りゆく力」は、食物を摂取し消化吸収してこそ、り・モデリングのツイエ(費え)になり得ます。植物では光のエネルギーもこれに当たります。

            ・

 3、の「害毒の事」は、種々恐ろしいものです。強烈な放射線は生物の設計図も壊しますし、「作りゆく力」も錯乱させて機能不全にしてしまいます。毒物には、放射線だけでなくて、物質的な害毒もありますし、または見えにくいヒトから及ぼされる悪意なども含まれますほどに種々あまたにあります。

        ・        ・

 美しく生命を保つという事は、あまたの困難の克服の上に咲く花だと思います。

社会や・国家にしても、

おおよそ同じな事ではないかと思います。

どのような形が望ましいか?

それが、言葉を変えると「憲法」とか、規範とか謂われるものです。

しかし、その前提とする状況が変わることがあれば、結論としての規範も、

土台が変われば、変わらざるを得ないのですね。

   土台が、変わる、

 その場合にどうするか?  の話なのです。 ヲシテ文献は。

それなので、難しいのです。

      ・      ・      ・

 『古事記』『日本書紀』など漢字文献類は、とても大きな錯誤の果てに作られていたのでした。ここを雪(すす)がなくてはなりません。

 先の、三つの要点の、

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力)

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます)

 主に、1、と3、とを直し行くことにあるわけだと思います。

先は、とにかく長いものだと思っています。

                       /

   追記

あとで気が付きましたのですが、

上掲の三つの要点は、

「ミクサタカラ(三種の神器)」の原理にも沿っていますですね。

 現代に、活かしてゆくべき何かがあると思います。

 

  1、どうあるべきか? (設計、理想の蓋然性)は、  「トのヲシテ」。

  2、作りゆく力。 (設計、理想のように直してゆく力) は、 左に位置する春の伸び行く力。

  3、害毒のこと。 (毒物での阻害は、設計図をもむしばみ、直してゆく力も削ぎます) を防御するには、 右に位置する秋のまとめ正す力。

     ・       ・       ・

  追記:写真

ある日の机の横です。

Photo

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年7月16日 (土)

「あな たま はや み」のタマ(宝石)の出現か?  秋津遺跡のヒスイ玉。 纏向遺跡のモモの種。

奈良県立橿原考古学研究所の付属博物館で、

縄文時代晩期後半(2800~2500年前)のヒスイの管玉(エンタシス、太鼓型)が、

発見・公開されまして、早速、見に行ってきました。美しいモノですね。

http://www.kashikoken.jp/museum/tenrankai/tenrankai.html

毎日放送の映像は削除になってました。以下、佐賀新聞をご覧ください。

一番綺麗に再現されていると思います。

http://www.saga-s.co.jp/news/global/photonews.0.1988090.article.html

現物の展示では、両端の穴からグラスファイバーの光が透過されてきてまして、

透明感にほとびる美しさが出されていました。おそらく、日光の強烈な光線をきらめいて輝かせるタマ(宝石)だったと思われます。

透明感と言い、緑色の様子と言い、穴の開け具合と言い(固い鉱物ですので穴を穿つのは大変な作業です。X線写真での調査もしてあって、良く解りました)、素晴らしいモノです。

アメワカヒコのタマにも思いが重なります。 この、ヒスイの管玉の出土物の時代は、もっともっと遡るわけですけれど、ちょっと見に見間違えたと言うのは、タマの個性がそれなりに強烈に人々に認識されていたのだと考えて良いと思われます。

        ・       ・       

「たま」の単純検索でのリストに出る数は、ヲシテ文献に501にも上ります。

あんまりにも多いので、おおよその分類をしておかねば、

ややこしいです。

           ・

1、ココロの源の魂(タマ・シヰ(yi))の本体の「タマ」

2、宝石のタマ

3、丸い形状を表す形容詞的な「タマ」

    などなど

Photo  

タカヒコネのタマのミスマル(宝石のネックレス)は、

秋津遺跡のヒスイ玉のような優れものだったのかも知れません。

独特な色や透明感で、見た目もソレと解るヒスイの色と形、良く似てれば、ちょっと見た目に、

「あ! 同じ!」

と、同じに見てしまう。

色、艶、白さの混ざり具合など。

8年もたってれば、「あの人だ」と早見で間違い見ても当然。 そんな、装いのシンボリックなモノが「タマ(宝石)」。

     タマ送り 同じミスマル

     ミスマルに 駆け寄る人に

     思わずも さがりおののく

     タカヒコネ 見た目にたがえど

     こころ射てれば

     ハスなるは ハを為すいとの

     かおりたつ ハスのハスケの

     ミツもおとりて(踊りて)

     ∞      ∞      ∞

 纏向遺跡ではモモ(桃)の種が、2700粒以上発見されました。

今回、実物を見ました。ネズミの齧(かじ)った痕(あと)のある種子もありまして、当時の現実を目の当りにしましたです。生物学的な究明としましては、原種にどれ程に近いのか? など、鞍居桃との比較研究が待たれますが、

モモは8世紀ごろからの渡来物であると、先般にあった頑強な通説は、すでに崩れ去りましたです、事は明らかですね。

実際に出土しましたモモの種を見ますと、大小や、溝の表れ方など、それぞれ2700個以上につきまして、個性が強くあります。これも、とても面白いことだと思います。

             ・

 どうしても、解らなくって困っていることは、

天の香具山が何ともなだらかな事です。

カクのヤマ(富士山)を映すなら、耳成山か、畝傍山の方が雰囲気に近いと思うのです。 どうしてなのか?  ずーっと前からの疑問です。

今日は、甘樫丘(アマカシノオカ)に登ってみました。

暑い中、女房は大変そうでした。 何とか元気のようです。

北から東の方を見てみます。

Photo_2

             <左が耳成山です。右のなだらかなのが天の香具山です> 

Photo_8

天の香具山の右の方に、飛鳥坐神社(あすかにます、かみやしろ)があります。

             ・

西か西北の方を見てみます。ウネヒ(畝傍山)です。

Photo_3

                             <甘樫の丘からの、畝傍山です>

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年7月12日 (火)

もうすぐ本当のミナツキの払い(水無月の祓い)です。 ハスの花の美しさ、大賀ハス。

今は、まさに乾いて暑さの極みのミナツキです。「やまと ことば」(日本古来からの言葉)のミナツキに対して、漢字訳の水無月は、これは殊に珍しくも原意に近い訳ですね。

今日は、旧暦でミナツキ(六月)12日です。あともう半月ほどで、本当のミナツキの払い(水無月の祓い、大祓い、6月の末の日)。 つまり、茅(ち)の輪(わ)抜(ぬ)け、をする行事の本当の時期。 ハスの花の終ろうとする頃なのでした。

Photo_2

良い香り、大賀ハスの拝見をしてきました。 かぐわしい香りを添えられないのが残念です。写真、を掲げます。2000年以上の昔のそのものの香りです。検見川遺跡(けみがわ いせき、千葉市花見川区朝日ヶ丘町(東京大学検見川総合運動場内)から発掘されたハスの種からの、よみがえり。それが大賀ハスです。 ヲシテ文献に重なる雰囲気に、しばし、ひたります。

Photo

仏教以前のハスです。さらにもっともっと古く、我が国の建国時代のふるさとの時に遡る、漢字渡来以前のハスの香気です。

Photo_8

レンコン(ハスの根)はかなり細くて真っ直ぐの品種だそうです。現在の食用のハスよりも、もっともっと原種に近いのですね。

Photo_3

ハスのヲシテ文献の出典は、下記をご覧ください。2例あります。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-e759.html

Photo_4

Photo_6

三重県久居市の蓮蔵寺のお庭です。

http://www1.ocn.ne.jp/~renzouji/hana/hasu/hasu.htm

門前にはアオギリの花にハチが沢山寄っていました。

Photo_7

プレーンのキリは、花の色がムラサキかアオ色でして、新暦の5月の連休頃に咲きます。 が、

アオギリは、幹の色が青いのですね。古木になると、アオさが薄れてきます。近隣の品種でもずいぶんと雰囲気が違いますものです。プレーンのキリなどと、秋の結実も、それは、もう大違いの形状です。ムマ(馬)の色目の区別も難しいのと、まったくに同じです。

それは、白い白馬を「アオコマ(アオムマ)」と呼ぶのです。不思議です。ですが、事情を理解して解ると、さもありなん、なのですね。

「キリはシロ」とも、ヲシテ文献に出典します。

Photo_9

つまり、こういうことです。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a71a.html

物事は、そうは、簡単に単純にはいきません。

漢字渡来以前に、真面目に真の理解を進めようとしてますので、

そんな、簡単な事では有り得ないのです。

安易な安直・単純化は、クニを過つものでしか有り得ないのが、本当に難しいことで御座います。

             ・

わたくしからの、ひとこと、

 「ヲシテからの国家再建」 だけです。  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2011年7月 3日 (日)

『古事記』の世界観が大間違いの元でした。 神懸かりの迷妄を去って・・・。  ホツマ、ヲシテ文献の爽やかな世界観へ!

『ホツマで読むヤマトタケ物語』にても、言及しました。

ヤマトタケさん(日本武尊)を記載した記述の対比だけでも、漢字文献の恣意的誤訳のひどさが解ります。

『古事記』なんて、ほんとうにひどいものですね。

『古事記』の記述の内容が翻訳削除箇所が多い事と、誤訳のひどさについての事があります。

Photo

               <伊勢神宮、外宮にてフウの実です>

外宮さんの祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)とされていますが

『古事記』にて調べると、豊宇気毘売神になっちゃって、おかしくなってきてしまうのですね。 あれ程の立派な偉人が、おかしげな神懸かり料理人にされてしまいました。

ヲシテ文献で見れば、トヨケカミのことでして、アマテルカミの厳祖父のことであらせられるのです。イサナミさまの、お父上ですね。

どれほどに立派な人でも、あれこれ重箱の隅を突いたら、ほんの少しのほこりも出ます、よね。 生まれ来てから、一切もすべて罪は無い! なんて人は、これまで、お目に掛かったことも寡聞にしてか、まったくありませんです。

ちょっと、すまなかったな。

あの時、こうしていれば。  なーんて、ことの連続ですね。

毎日、毎日、悔悟の念の無き日はありませんでした。 わたくしには、ですが。

              ・

我が国の本当の精神とは、『古事記』を読めば読むほどわからなくなるはずです。

それは、『古事記』に誤訳の重なりがひどいためでした。翻訳削除個所がとても多いためでした。恣意的でおかしげな挿入文が悪影響を及ぼしていたからでした。

恣意的でおかしげな挿入文の代表選手が「因幡の白ウサギ」の物語です。

何を根拠に言うか!  と、おっしゃいます向きも多くおありかと思います。

『定本ホツマツタヱ -日本書紀・古事記との対比-にて、詳細な内容比較を公開しています。詳しく、そちらをご覧願います。

Photo_2  

まいまいが、クワ(桑)の幹を降りて行ってます。

樹上の上方のまいまいも降下し始めです。

Photo_3

雨が上がったからでしょうか?

まいまいも、どこが眼だか、鼻だか、漸くに退散のようです。

神懸かりの雰囲気から、足を地に付けた地道なしっかりした哲学の雰囲気に戻してゆかねばなりません。

うるわしいヲシテ文献を、事もあろうに「『古事記』読み」するのは、いけません。原発事故の遠因は此処にありましたのでした。

はたして、第二次世界大戦の前哨戦の中国侵攻が起きてしまったのも、元はと言えば「『古事記』読み」に起因するものであろうと考えています。諸悪の根源は「『古事記』読み」にあると言っても大きな間違いはないと思います。

              ・

天地開闢の理解について、哲学的なヲシテ時代の世界を知ることが、大きな前進になります。天地開闢についての新作の日本歌曲を『ホツマで読むヤマトタケ物語』にて添付しました。「天地創造」です。 『古事記』的世界からの脱却の一歩です。

歌の旋律をリコーダで入れたものは、下記でお聞きになれます。

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/

Photo

上記の「天地創造」のところをお開き下さい。

新作歌曲の「天地創造」の歌詞は下記の通りです。

    池田 満 作詞。
   

  1
ふわふわと ふわふわふわと
ふわふわと こころ力(ちから)の
息の波 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも ふわふわふわと
ふわふわと 息吹く風は
火(ほ)を生みて

火(ほ)を生みて 
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

  2
ぐるぐると ぐるぐるぐると
ぐるぐると こころ力の
息の波 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも ぐるぐるぐると
ぐるぐると 風(かせ)、火(ほ)の力
物質(もの)生みて

物質(もの)生みて
果てない宇宙(そら)に
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

   3
こりこりと こりこりこりと 
こりこりと 中に向かえる 
渦巻きの 
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも こりこりこりと
こりこりと 物質(もの)は集まる
地球(くにたま)に
 
地球(くにたま)に
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

   4
あつさむの あつあつさむの
あつさむの 波を放てる
ふたひかり
果(は)てない宇宙(そら)の
果(は)てまでも あつあつさむの
あつさむの 極み集まる
太陽(ひ)と月(つき)に
 
太陽(ひ)と月(つき)に
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ
果てない宇宙(そら)に 
形(かたち)成(な)しつつ

             ・

歌の専門家のバリトンの声で『ホツマで読むヤマトタケ物語』にCD添付してます。

 Photo_5

ユズの実は雨上がりから元気です。

タチハナの近隣種です。

酸っぱい種類はスダチで、「酸いタチハナ」の「ス・タチ」なのでしょうね。

Photo_2

大賀ハスです。検見川遺跡の出土のハスの実からの復活です。

2000年以上前の弥生遺跡発見の実からですね。

もう、爽やかな高貴さの香りが立ち昇ってます。

『ミカサフミ』に「ハス」は出典があります。

Photo_3

「ハス・ケ」「ハス・ヰヰ」ともに、「ハスのご飯」です。

ヤマトタケさんのお祖母さんのヒハスヒメさんも、ひょっとすると「はす」に因んだお名前であったかもしれません。

Photo_4

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »