2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『秦漢律令研究』広瀬薫雄さん、とっても面白い | トップページ | 「まこと」の言葉、ヲシテ時代に遡及しての、「やまと ことは」での真相。 »

2011年2月 6日 (日)

ソヲの霧島山のこと、 新燃岳。

ソヲのタケは、霧島山です。

Photo

NASAのTerraからの映像です。アイスランドの火山の昨年の噴火と大体同程度の噴煙のようです。

この噴火が長年にわたって続いてくると周辺地域は本当に大変な事だと思います。

『ホツマツタヱ』24アヤの32ページの、

Photo_2

 「キミはツクシの タカチホそ(ぞ)」

とサルタヒコが進言した意味は、

 「どうか、あの、噴火の災害に打ちひしがれているタカチホ(霧島山)の所にお行き願えませんでしょうか? どうぞ、かの地の人々にお力添えを!」

と、言う気持ちが本意だったのではないでしょうか?

霧島山の新燃岳の今回の噴火が何時になったら収まるのか?

そして、さらに、それから初めて復興に手を付ける事が出来るのですね。

                  <ソヲの用例のリストです。25アヤ以降に霧島山関係が出ます>

Photo_3

ヲシテ時代の時のこと、ニニキネさんは、ソヲのお山を墓所と定められたのでした。それは、復興に向けて努力する人々への力添えのためだったのでありましょう。

 記紀に言う、「天孫降臨」はどう見ても錯誤ですね。記紀はわが国の歴史を辿る根拠の書物としては、何段階か下げてみるべきです。

 (『日本書紀』は、12代景行天皇の条の57年以前についてのことです)

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『秦漢律令研究』広瀬薫雄さん、とっても面白い | トップページ | 「まこと」の言葉、ヲシテ時代に遡及しての、「やまと ことは」での真相。 »

コメント

本当にそうですね。。。
私も、
火山の噴火によって土が荒れたからとは思っておりましたが、
今回の先生のご説明にて、ニニキネさまの御心までが、
具体的に伝わってくるような気が致しました。

いつもながら、ありがたく思っております。

 
 
 
 
 開聞岳の開聞神社もそうですが、付近にも、サルタヒコさんを祭る神社が多くあります。
サルタさんの、この地域との関わり合いをもっと詳しく究明したいところです。
 また、ニニキネさんの土地改良・新田開発の詳細な検証作業も仕事の一つとして、あります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『秦漢律令研究』広瀬薫雄さん、とっても面白い | トップページ | 「まこと」の言葉、ヲシテ時代に遡及しての、「やまと ことは」での真相。 »