2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2010年2月11日 (木)

『古事記』の誤謬、 神武天皇の征服王朝説のこと

「日本」とは何か?

『古事記』『日本書紀』を読むと、どうも、武力征服で国家建国をしたようにしか読み取れませんですね。

これは、誤訳の漢字文献に求めようとしていたから、おかしくなっちゃってただけの事でした。

「何地(いずれのといころ)にか坐(ま)さば、天下の政を平(たいら)けく聞(きこ)しめさん。なお、東行(ひがしのかたへ いでまさん)と、思(おほしたまふ)」

上が、『古事記』の神武東征の理由です。大した理由もなく、武力征服をする、これが『古事記』での主張です。

            ・

違いますね。

『古事記』『日本書紀』の翻訳前の原書のヲシテ文献では、

2朝廷並立の、兄のほうのアスカミヤ(当代はニギハヤヒ)に落ち度が度重なって、

世が乱れてしまったので、これを、正すためのヤマト討ちでした。非は、ニギハヤヒにあったのでした。

      ・           ・

原書を読めばすぐ解ると思います。

『定本ホツマツタヱ』では、3段組みで、各文献の詳細比較をしてあります。

解説なんかより、

実際にご自分の目で確かめになるのが、一番確かです。

           ・

『古事記』や『日本書紀』の神代の記述にはあんまり信用を置かないで、

その後の長い歴史の流れのうちに「日本」の独自の価値観を見つけようとする、

そんな人も出て来ました。 教条主義的な、捉われ方とくらべれば、よほど良いことだと思います。

でも、これでは、やはり説得力に欠けると言わざるを得ません。

ボヤーッとしか解らない。

神武天皇の征服王朝説について、なんにも、反論の一言もいえませんですね。

落語のこんにゃく問答のようですね、足場がグニャグニャの上に建築物を建てるようなモノです。

免震構造とかで、良いかも知れませんが、コンニャクですから、

大きな建物は支え切れません。

            ・

本当の「日本」の根底を定めるには『日本書紀』『古事記』に翻訳される前の、

原書のヲシテ文献に当たらざるを得ません。

これが、本来の「日本回帰」です。

ここまで、「日本」のなんたるかが不明瞭になって来ましたからには、

原点への回帰がどうしても必要ですね。

        ・          ・

ヲシテ文献は、「ヲシテ」の受け入れをしっかりとしてからでないと、

また、漢字文献のような誤訳の連鎖に陥りかねません。

ここが、はじめの敷居が大変です。

そして、ヲシテ時代語での読み書きですね。

「ヲシテ」が使えるようになっても、使用語彙がちゃんと、ヲシテ時代の「ことは(言葉)」にまで、遡れなくてはなりません。

現代語を、ヲシテで書いてくる人がいまして、これは、困っておりますです。

現代語だけにある音韻は、ヲシテ文字をフォントで作らなかった方が良かったか?

なんても、思いますが。

そうしましたら、自分の名前さへもヲシテで書けなくなる人も出てきちゃいます。

これは、可哀想です。

ちなみに、わたくしの「いけだ」の「だ」も、

ヲシテ文字として当時に存在したのかどうかも、微妙なところです。

最低、JISの第一基準の音韻は要りますね。

それで、

外二点濁点の点々の形状は、近現代的な形に作りました。

時代の区別を、少しは付けておきたいとの願いです。 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年2月 9日 (火)

押し売りは、やっぱり、良くないと思います。 需要家の本心からのニーズが熟すまでは…。

こんな田舎でさへも、豆腐の押し売りが来ちゃいますのです。

静かさが取り柄(え)の、こんな辺鄙な場所で…、

トーフなんて売れるのでしょうか?

         ・

それはともかくも、

一生懸命考えて考えてウンウンやってる、その、鼻先の耳許に、

「パーープー、パーープー」と、結構、長時間なので、

困りものです。 その、トーフ屋さんのものは、スーパーでも、わたくしは買う気がどうしても起きません。

困られるような事には、

ついぞ、なされませぬように、と、 お願い申し上げたく存じます。

      ・        ・

ヲシテ文献は、真実であって、事実ですから、

何時の日にかは、爆発的な事になるのは、確定していると思っています。

その時に、

ちゃんと、それなりの準備が整っているかどうか?

こここそが、重要であると、常々考えております。

           ・

とにかくも、怖いのが、

ヲシテ文献での場合は、押し売り的になると、「秀真伝」的な、

ひどい劣化コピーに色褪せさせてしまうバイアスが知ると知らぬとにかかってしまいます事です。

伝えた当事者は、顔も見聞きしてましてニュアンスもある程度は伝わりますが、

そのあとの、また聞きの2次、3次コピーに至っては、劣化がはなはだしく進行してしまうのでありますね。

やっぱり「秀真伝」になっちゃいます。

2~3次など、は、掛け算の鼠算ですから、

どうやって直したらいいんだ!  なんて、オウギョウな数になってしまって、ひどい事になりますですね。

           ・

押し売り的になるようなら、

その場合は、引いておいて、

ちゃんと、今現在のしかるべき仕事で、後世にも納得され得るようなモノを、

コツコツと積み上げるのが良いと考えます。

まだまだ、

整えてやり尽くしておく仕事は、ゴマンとあります。

つまらないことには、あんまり、時間の無駄をなさりませぬようにと、

お願い申し上げたく、

存じます次第で御座います。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »