2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

2010年12月23日 (木)

「モ(喪)」の考え方の事。形式的な長い日数は、この際省いて実質に回帰すべきかも? 

モ(喪)と言いますと、一年がおおよその、今の通り相場のようです。

          ・

でも、本来の実質に回帰してみるのも、ヲシテ文献の再発見からくるひとつの考え方です。

Photo

ヲシテ時代の、その相対的に古い時代では、「やひ・やよ」なのでした。8昼夜ですね。

それが、

段々と服喪の期間が延びてゆきますのでした。

48日とか、さらに、一年とかです。

             ・

でも、

ここで、解るのだと思います。

どうして「モ(喪)」と言う考え方が生じて来てきたのか? ですね。

 ヲシテ文献で、この、本当の根拠が現代にやっと明らかになります。

身内など、日常に濃厚に接していた人が亡くなると、それは悲しいものです。

とても、お祝い事なんて出来ませんよね。

これが、本来の姿ですね。

気持ちです。それで、「モ」なのです。

Photo_3

   「ま(舞い来る)」「み(実になる)」「む(群れ生じる)」「め(目にも見えくる)」

の悉(ことごと)くが、「も(生じることの固まる)」。

でも、

何時までも、1年たっても、10年たっても、さらにさらに30年たっても悲しいからと、結婚式をしなかったら、本末転倒です。故人もそれはやめてくれ! と、悲痛に叫ぶはずです。

        ・           ・

悲しむ日々を、いつまでのあたりにと思うか? です。

古くのヲシテ時代は、「やひ、やよ」でした。

 8日ですね。

そして、さらに「よそや(48)」になってゆきます。

さらに、「としめくるひ」の事にもなってゆきます。

際限なく言いだしつれば一年が100年にもなりはつるのですね。

               ・

やはり、ここで、わたくしの提唱したく思いますのは、素朴な時代の「やひ、やよ」であるのです。華美に走って行きましたら、行方はまさに知るとこなしです。本当の所は、故人に対しての感謝の事の思いの事の真心の深さの事だと思うのです。真実に、まことの尊敬と感謝を捧げるべき故人でありましたら、一念黙祷(もくとう)の1分(1min)で故人は納得感謝の念を抱いて下さると思いますのです。

この、忙しい時代に、「やひ、やよ」の真実の黙とうの方が実質としましても、本当に功績をお立て下さいました故人のおこころにも適うのではありますまいか? と、思います次第でございます。

わたくしの時には、8秒ほどの黙とうを戴けましたらば、幸せの至高の幸いでございますです。

48や、アワなどの用例を掲げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 15_2 16

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年12月22日 (水)

ケーキの事、 しっかり本物は、持ち重みがすごいでした。

いつも毎年、買ってましたバターなし・牛乳なしの、

豆乳ケーキを、

今年は買わないでおいて呉れと、女房の曰くでした。

          ・

それで、女房が注文して来ましたのがこれです。

Photo

持ち重みの感触にびっくりしました。 とっても重いのでした。ずしっとくる。

量りましたら、電子重量計がエラーです。 1000gを越えていました。

見た目はパンの一個分ぐらいの嵩(かさ)なんですけれど。

        ・         ・

女房のお母さんの時代からの昵懇の、日本画の矢谷長治先生の、展覧会をこの間からして下さい始めました伊豆の画廊をしているのが、押見さんです。桑原宏さんの次女で、夫が押見さんで、パンやケーキを自作窯で焼いているのだとの事です。http://www.izu-kogen.jp/rosemadder/index.html

5mmほどに切ったケーキを食べて驚きしました。

世には「口当たりがやさしいの」とか何とか、水増しや、空気での見た目の増量の流行りが主流です。ショートニング使用なんて当たり前のご時世です。

 その潮流の中で、本筋に直進している気構えを感じました。小麦粉も、各種ブレンドをしておられます。この心掛けなら、多少バターが入っていても、低質で悪影響のあるような油脂類の混入はなさそうです。食べて見ての口残りの香りも大丈夫でした。

これは、来年からも、ここのケーキですね。

        ∽   ∽   ∽

  追記

仮眠をとりました後に、どうにも、喉の奥に違和感を覚えました。

ケーキに含まれるバターのような感じがします。油脂系の違和感です。卵黄も使用しているとの事で、その、品質やクオリティさのレベルにも疑いのモヤモヤを感じます。

ドクター中松の三日後の理論の事もありますが、喉のあたりの違和感はもっと早くに来ますようです。また、顔などにもバター臭がします。これが酸化してバクテリア分解の過程で加齢臭のような嫌なモノが発生するように思います。夜明けには、熱いお風呂に入りましょう。ユズ湯の残りもあります。三日ほどは続けざるを得ないようですね。毎日ユズ湯の入れ替えです。獣肉ほどの強烈さでもありませんから、三日ほどのようでしょう。落ち着いたら、衣類のクリーニングも一巡したいと思います。幸い、今日から封切りのお茶です、濃い茶を練りましょう。

ドクター中松の、三日後の理論は下記からご覧下さい。

http://dr-nakamats.com/nakamats_g/n_dr0912_wun158.html

http://www.dr-nakamats-shop.co.jp/nobel.html

喉の違和感は、あるいは、『フトマニ』の解明で苦しんで苦しんでの影響も多少は及んでいるかも知れません。しかし、疑わしきは、食べる事もないと思います。飢(う)えていれば、話は別になりますが。

             ・

冬至には、さっぱりで上品のモノが良いのでは?

水煮のしっとりカボチャに、上等の藻塩添え、オリーブオイル(エキストラバージンオイルの上等品、一瓶5000円)まぶし、なんてのが、

現代的にも、最も良さそうに思いますが、如何でしょうか? 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »