2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

2010年2月 5日 (金)

「トのヲシテ」のこと。 カタカナではダメです。 ヲシテであるのみです。

便宜的に「トのヲシテ」と、カタカナにある程度はやむなくも、記載してますが、

これは、ほとんど誤謬です。

なぜならば、

カタカナの「ト」を逆さまにしてみても、どうにも、「ロ」にはならないからです。

ヲシテ文字で記述して初めて論が通ります。

          ・

結局のところ、ヲシテ文字の受容を、拒んでしまうと、

このように、何ともならない「秀真伝」に陥るのですね。誤謬の製造です。

せめて、ちゃんと解ってのことを踏まえてならまだしも、

誤謬の独り歩きをさせてはなりません。

これだから、

もうやめて下さいと、言いたいですね。

と言う事です。

ヲシテ文献の語彙はヲシテの字形によって意味合いが成立してくるわけです。

カタカナでは、やっぱり、漢字直訳と同じなのですね。

ダメ路線です。 祖国の光輝を貶めるだけ、アタ(仇)なすだけです。

ですが、このところ、数年間はある程度しょうがないかもしれません。そのうちには、断じて決別することを、お解りのうちに、使うということ。このような理解での事にて…。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年2月 2日 (火)

上梓の時の、集中で…。  ヲシテ文字を、 ヲシテ時代の文章をヲシテ文字で!

また、閑話休題のようなはなしですみません。 

何かを、新発見して、

死しての、のちにも、これは是非とも、何とか何としても残しておきたいと、

このため、

書物に編んでおくわけです、ね。  ですが、それなりに、多くの費用をかけますから、

いろいろ、気になり修正を繰り返し…  繰り返し…、   です。

そのおかげで、より良く、読み易く解りやすくにも、なるわけです。

          ・

次作も、だいたい80%まで行き着きましたでしょうか。あともうちょっとです。

とはいえ 、 これからが、またまた、これからが長い道中です。

まあ、もう少し、お時間をくださいますよう、お願い申し上げます。

      ・          ・

さてさて、

こちらは、日夜、日がな苦労をしてますが、そんな事に無頓着な人もいますですね。パクリのひどいひとたち。

ヲシテ文献は、ちょっと事を聞き齧(かじ)ったぐらいで、どうかこうかしようとか、 は?

どう見ても、変だと思います。

第一には、漢字の壁を超えなくてはなりません。

第二には、奈良朝以前の時代の言葉である、大きな一線を遡及して乗り越えて、真の復古に差し戻さなくてはなりません。ここが、このところが、とっても、重要なのです。 残念なことですが、お解り下さるおひとはほんとに、少ないです。

「秀真伝(しゅうしんでん・インチキ誤訳族)」に過ぎませんですね。かつて、ひどい人たちがいっぱいいました。ヲシテ文字も読めないのに、いっぱしの解説者面(つら)で論断を言うのですね。ヲシテも読めもしないで、何を言ってるの? あほかいな? ですね。彼らは、すべてゴミのようになり果ててゆくようでしょうね。 歴史として、学んでくださいね。 もう、聞きかじりは、やめておいて貰った方が、よっぽどマシです。パクリは、やっぱり、どうやって塗り諂(へつら)っても馬脚を現してしまうようです。ヲシテ文字も満足に読めないで、能書きをたれて言うのは、どう見ても痴呆でありましょうね。

「秀真伝(しゅうしんでん・インチキ誤訳族)」の連中は、要らぬ混乱を作るだけ。 ちょっとも、プラスになりません。ヲシテ文字も満足に読めないでは、100%ダメです。

 そんなヲシテも読めないで、言うあなたは、 後世での一流の笑い者。

 こちらも、今に、 困って、困りはてるだけ。 ほっとくしかしょうがない。 

さらに、重要な事に、世間一般の人々のためにも仇(あだ)なすばかりです。

三者ともに、マイナスばかりです。

ヲシテ文字が満足に読み書き出来ない? では、当然と言うべき当然です。

アルファベットの基本のABCD…Z、 と、こんなことも、まともに言えない人が、英語ではどうのこうのと、わけの分かったような、分からないような解説を言っているようなものですね。はたして、聞く価値があるのかどうか?

口が寂しくありませんか?

自分で自身の痴呆を宣伝しているようなものですね。 おかわいそうに、と、言うべくモノか、 でありましょうか。

ヲシテも読めない、と言うこと、 これは、まったくの、学力不足の何物でもあり得ませんです。(ヲシテ学、についてのことです)  お話にも、なんにもなり得ませんですね。

お話以前の、お笑いの事で御座いました。 

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »