2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

2010年1月 7日 (木)

ヲシテ時代語の再発掘。 これまでの、道行き。

『よみがえる日本語』の出版が出来ましたので、

一息ついた心地がいたしました。

それで、これまで辿ってまいりました、道筋を振り返ってみようと思います。

         ・

さて、 「索引」を使ってヲシテ時代語を再発掘してゆくのが、

本道の王道の、道筋です。

それには、「語意究明ノート」を作って考察を深めます。

Photo

ある、不明確な言葉の語意をヲシテ時代にまで遡及して、解明してゆく手段です。

机の引出しにいっぱいあります。 

あんまり古いのは、以前捨てました。それでも、引き出しいっぱいです。

法律関係での用語で「のり」と「みち」と「おきて」とは、どのような違いがあるのか?

など、すべての用例検索の後に、前後の文章を抜き書きして考えるやり方です。

この手段に拠りまして、 『ホツマ辞典』の語彙解説が出来ました。

言葉の時代性を正確に把握するためです。

最も初期の「語彙解説」の初稿の原稿は、次のようなものでした。

Photo_2

2

              ・

さて、そうこうしている内に、若い同志の人も出始めました。

月刊「ほつま」誌の、付録に、青年版ほつま誌として「あわ」誌

を作ろうと話がまとまりました。

Photo_3

初号が昭和57年5月。

2号が昭和58年5月。

3号が昭和59年5月。

4号が昭和60年5月。

内容は、さまざまです。

Photo_4

わたくしは、浅野信先生の文法を書いていました、ですね。

やっぱり。

                ・

昭和60年からは、知人の出している「みそぎ」誌に、

掲載をさせてもらいました。

Photo_5

この掲載は3年ほどやりました。

でも、直訳文を掲げてのことでは、

まともな反響はあり得ないことだと、はっきりと、悟りました。

お楽しみ会に終わるのです。 偽書遊び…。

いくら、いいこと言っていても、根拠が偽書だと言われちゃうのですね。

直訳文はダメ路線です。 確信しましたです。

沈思黙考の末、松本善之助先生から絶賛を頂戴いたしました、

『ホツマ神々の物語り』にと昇華出来ました。

     (『ホツマ縄文日本のたから』として再出版)

ここから先は、

まったくのひとり旅だったようでした。 つい最近までの20年あまり。

             ・

 さて、

本筋の、文献比較の方の進展に、

戻ってみます。

三書比較の神武天皇の部分は、すでに、松本善之助先生が、

纏めておられました。 さらに、 全巻に渡って為(な)し行かねばならない。

Photo_6

2_3

この、「三書比較」の全巻の初稿の完成が昭和55年のことでした。

また、さらに、

『ホツマツタヱ』の写本は、善本の完本だけでも四本あります。

写本の違いも、とても重要です。

Photo

      <小笠原長武本のコピー、一写本で10cmほどの山になります>

『ミカサフミ』の同文個所の表示を加え、

またさらに、

平成4年に新発見の、和仁估安聡さんの写本の校異も加えて、

Photo_7

段ボール箱一杯よりも、溢れちゃいました。

これが、『校本三書比較ホツマツタヱ』(上・中・下)

さらに、

『定本ホツマツタヱ』になりました。

             ・

さて、これだけでは、解りにくいですね。

「系図」を作りました。

Photo_9

ちょうど、畳一畳の幅になっていました。

また、年表も必要ですね。

Photo_10

Photo_11

「年表」「系図」「語彙解説」などなどを、取りまとめて、

『ホツマ辞典』を上梓しました。

            ・

若い時に、いいものに巡り合えましたね、

なんて言ってた人もいましたが、

研鑽をどう積むか?

どうやって、ミチを踏み外さずにやってゆくか?

道のりは、大変なものであって、

とても宝くじに当たったような、棚から牡丹餅のものではないのですね。

 

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年1月 6日 (水)

松本善之助先生、毎日版への道筋。 もはや、今では問題点も多くあり…。

松本善之助先生の、ヲシテ文献に至る道筋には、

自由国民社の編集局長のキャリアのあとに、

「禅」の修行やら、いろいろと、素養の養成があられました。

Photo_4

禅の高僧の加藤耕山老師の命名による「盲人(めくら)に提灯(ちょうちん)」誌の、

刊行を通じて、人間とは何か? すばらしい生き方とは何か?

これを、深く洞察なさいました。 松本善之助先生は、「兀山(ごつざん)」という、名前を、加藤耕山老師から名付けて頂いたとの事でした。脳血栓の大病前の善之助先生の性格を言い表していて妙なるかな、と、さすが耕山老師と思います。「兀兀だからね」と、耕山老師はおっしゃっておられたそうでした。

そのうちに、「日本」とは何か?

の疑問に、遭遇し、やがて、ヲシテとの出会いに行き着くわけでした。

そして、『日本書紀』『古事記』との神武天皇の個所の三書比較を冊子にまとめられます。

Photo_10

ここにおいて、すべて、漢字文献よりも前に、

『ホツマツタヱ』が先行文献であることを、証明なさったのでした。

2_4

ところが、解明作業は、ヲシテ時代語の再発掘を地道にやってゆかねばなりません。

遅々としての牛の歩み寄りも遅いほどです。何しろ難解ですからね。

              ・

一般的な人からは、内容をとにかく知りたい、と、強い要望があり、

求めに応じられて、松本善之助先生は、

『ホツマ入門』をまとめられます。

Photo_5

これは、大阪「自然社」さんのご厚意にて刷り上がりました。

こののち、に、

毎日新聞社からの『秘められた日本古代史ホツマツタヘ』が上梓されます。

Photo_6

              <右の写真には、松本善之助(まつもと よしのすけ)先生

                        の前に加藤耕山老師が見える>

この本には、不肖わたくしも、参加させて戴きました。

当時、25才の時でした。毎日新聞社の印刷の人が読めない、と苦情が来て、

松本先生の手書き文字を読めるのは、わたくしが適任だったのでした。しょっちゅう、松本先生とはお葉書をいただいたり、手紙で相談に乗っていただいたりしてました。

わたくしも、字の綺麗さはちょっともなくて、ひどいものですが、

読みやすい字にだけは、何とか変換できました。

この当時には、

兎に角も、「ホツマ」の内容を早く知りたい、早く知らせたい、

との、要求と呼応が支配していたようです。

2_3

           「たこ リ」・「いか ル」の問題もあります

と、『ホツマツタヱ』の原文の引用として、4アヤ19頁(長弘本のページ数、安聡本では4アヤ36ページ)を掲げておられます。ここに、大きな問題があるわけでした。

『ホツマツタヱ』の原文は、ヲシテ文字で記録されています。

Photo_8

          <「デジタル・ヲシテ」フォントは池田満製作、組は平岡さん作>

また、

現代風の直訳文も、今現在の視点でみますと、

いかにも、解釈がいまだし。 の感が強くあります。

つまり、

『秘められた日本史ホツマツタヘ』は、

のちの「秀真伝(しゅうしんでん)族」(偽書製造家)の跳梁を助長するものでしかなかった。

とも、言えるのでした。

現代文風の訳文を提示して解説すると、 すでに、時代は、

ヲシテ時代から遙かに遠く乖離してしまっているのですね。

たとえば、「三種神器」を説明するにも、

「三種神器」は、ヲシテ文献によればカクカクシカジカ云々。

と説明すると、 もはや、漢字文献での「三種神器」の解説になってしまうのですね。 情報の受け取り手に取りましては、 ですね。

最低限度としては、「ミクサ タカラ(三種神器)」ぐらいの注意喚起の表記がなされたいものです。

アマテルカミのことを説明しようとして、「天照大神」は実はカクカクシカジカで…。  と、幾ら説いても、それは、漢字文献の「天照大神」の説明でしかないのですね。

このやり方では、第三者が聞いて、偽書をやってるのか! と、判断されてしまう。それで「偽書の秀真伝」です。  この、大問題の根ッ子が、『秘められた日本史ホツマツタヱ』にあったのでした。

              ・

松本善之助先生は、

その反省から、ルビ無しの書籍を作るようにと、

わたくしに厳命なさいますのでした。 それで、完成したのが、

『記紀原書ヲシテ』(上・下)です。下の原文引用は『記紀原書ヲシテ』からです。

Photo_9

原字原文のままに読むと、特殊ヲシテ文字の意味合いが深い意味に添意がなされていて、また、ヲシテ文字の形状からも多くの国語の匂いが付加されている事が感じられます。  参考→ 「磁力の構文の事」 ・ 「添意」の造語の事

古典は、原字原文から離れると、もはや、 簡易参考物にしか過ぎません。

特に、ヲシテの文章には、この事情は、強烈です。

なにしろ、助詞の働きはヲシテ文字の形状に依拠して働くのですからね。

文字の形状を離れたら、文法が見えなくなります。

とっても難解なヲシテ時代の文章です、

文法なくしては文意を読み取れません、特に、さらに難解な『フトマニ』に至っては、文法こそが読み解きのキーになります。

             ・

今からすると、問題点も多い『秘められた日本史ホツマツタヘ』ですが、

あの当時の、早聞きを急ぐ時期では致し方なかったのでしょうね。

でも、  もう、卒業しなくてはなりません。早聞きにはね。

すでに、

ヲシテが「日本語」の源流である事を解明して、

『よみがえる日本語』の出版が成し遂げられています。

ヲシテからの、着実な一歩一歩の再構築だけが、

基礎を築くことが出来ますから。 

  

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年1月 5日 (火)

松本善之助先生と、「奉呈本」との出会いのこと。 偽書に陥(おち)いらない為にどうするか? ヲシテ文献「古典」の入門編の書籍の流布についての準備。

松本善之助先生のヲシテとの出会いは、

古書店からの一通の案内に始まりました。

Photo

随分昔の40年以上も前ですと、郵便番号も下2ケタですし、旧住所の表示ですね。

「奉呈本」の本文はこんな感じです。

Photo_3

2_2

さて、「奉呈本」の上呈の意図は、小笠原長弘さん、正木昇之助さんの添え文に、よく解ります。

Photo_2

2

3

4

             <「奉呈本・ホツマツタヱ」写本は、

                       池田満がお預かりしています>

ヲシテ文献、この内容は難解です、至って理解が容易ではありません。

現代人にも、解り易く伝えねば、なりませんですが、 ですが、そこには、「誤訳」という、

かえって、真価を貶めてしまいかねない陥穽が大きく口を開いて待ちうけています。ここのところに、常に心を配っておかねばなりません。

             ・

ヲシテ文献の一般への流布は、

とても、気を遣う必要があると言うわけです。  ね。

現在の、現状を翻ってみてみましょう。

故意によるかどうか、 区別、判定も難しいですが、

誤訳の積み重ねで偽書に陥(おち)いる。 そんな、嘆かわしい「秀真伝(しゅうしんでん)も、まだまだ、一掃されずにあります。

真正の道を進むヲシテ文献解明のわれわれとは、峻別な区別を、一線で保っておかねば、なりません、 です。

何故ならば、誤訳の漢字文への直訳で偽書に陥いってしまった「秀真伝(しゅうしんでん)」では、我が国の古代の文明の美しさについて、全くのところ、少しも正常には概説も出来なくなるからです。 これでは、どうあっても、困るのです。 

祖国の美しさを将来の展望に資すること、 これを目的としているわけですから。コトは、大切ですので、慎重に進めなくてはなりません。小笠原長弘さんは、『ホツマツタヱ』の写本のみを残して、考究書・草稿本などは、処分なさっておられたようです。谷川士清の反古塚(ほご・つか)にも通じる御心遣いだったようです。

小笠原長弘さんとは、正反対の

この恣意的だ、ともいいたくなる誤訳の幾多によって、偽書に陥いらせてしまわせようとする運動、 「偽書運動家たち(秀真伝族)」の為せる業(わざ)、直訳の「秀真伝(しゅうしんでん・偽書)」は、どう見ても、一種の国賊に近いモノだと言うべきものだと言うべきであると思うからです。  どうにも、かれらは、おかしいのではあるまいか? と、思います。

どんなに素晴らしいヲシテ時代の事績でも、漢字文への当て付け・誤訳・時代錯誤のフィルターをかけたら、漢字以前の時代の本当のうつくしい「日本」文明は隠され消されて見えなくなってしまいます。 全部が全部、大陸風の奈良朝以降の雰囲気の真っ赤っかに染まりますから。 たとえば、「言霊学」でこう言っているから、云々。「神道(しんとう)」の説明では、こう言っているから云々。 と、講釈を垂れるような、ひどい状況ですね。 どうして、? 奈良朝以降や、江戸時代の近世に成立した概念で、ヲシテ時代の高度な文明が解釈できますか? あり得ない、構造です!

それでの結果、ひどい誤訳で偽書に陥ってしまった「秀真伝(しゅうしんでん・偽書)」と、言うわけです。これでは、『古事記』は駄目だから取り換えしましょうという、根本の原動力を欠くことになってしまいます。このまま『古事記』の世界観のままで行き至ってしまうと、またぞろ、かつての第二次世界大戦の敗戦の焼け野が原の再現になってしまう。そんな二の舞はしたくない! これが、『古事記』の世界感からの離脱を図ろうとする目的です。敗戦の見渡す限りの焼け野が原は『古事記』の世界感によって不幸を引き寄せてしまい、眼前のものとなってしまった悲劇だと、わたくしは、分析解釈しています。さらに、ひどさの輪をかけた誤訳の「秀真伝(しゅうしんでん)」だったら、また、やっちゃいますよ。次の焼けのが原は、前回よりももっともっと悲惨になること、請け合いです。 わたくしは予言します、 『古事記』の世界観のままでもそうですし、誤訳の『秀真伝(直訳・誤訳・偽書)』に行くと、また、焼け野が原ですね。 これを、防ぎたいから、身命を賭して何十年来つとに努力を重ねて来ました。

       ・       ・

一般への提示のモノも、

書籍に作り、印刷・製本・流通するならば、最小に考えても、

約10年の将来の本のイノチ(生命)が予測・保障できなければなりません。

相当に沢山の費用をかけるわけですからね。

           ・

長い、10年余りの、いわば永遠の命の書籍となると、どうしても、

堅い書籍になりますのが、常の事です。

とは、言いましても、

小説などのような、読み本のような、簡易な形体のモノも必要になります。

つまりは、常に要求されるものですが、

ヲシテ文献について、

現代人がザッと目を通して、簡便にもおおよそが解るような、そのようなモノも必要ともいえますですね。

ですが、解明作業の、そもそものまっ最中が今現在も果敢に続行中ですから、

将来10年余りの本のイノチ(生命)を、確約できるものには、

なかなかには、なり得ないのです。

有り余る資金があれば、陳腐化したモノは脱ぎ捨ててゆく事も可能です。

しかし、そんな潤沢な、資金はありませんのが現状です。

資金が潤沢なれば、話は違って来ますですね。

現状の処は、そのようには動いてきてくれてはありません。

何とか、簡便にと、

解り易いようにと、ご案内をしようとしましても、

ヲシテ文献は、とにかくに、漢字国字化時代以来の一般教養を得ている現代人には、

とても、とても、むつかしいです。

そこには、 恐ろしいことには、

ちょっとした、気にも留めないような些細なことでも、間違えてしまいますと、

ほんのちょっとの、小さな路線のズレが、

小さな間違いの程度に挿み起きたとしましただけでも、これが、「秀真伝」の偽書にと、一挙に価値が崩落してしまうと言う恐ろしさを秘めたものなのです、

劣後の、劣化コピーにと、本当に、簡単に極めて陥り易い、

むつかしさ、困難さを、包含しているヲシテ文献ですから、

取扱いに、細心の注意が要(い)るのですね。

   ・   ・   ・   ・   ・

お楽しみの「秀真伝(しゅうしんでん・偽書)」(偽書のお遊び)の、それより、以上を目指す人は、です。

       ∞     ∞     ∞

直訳誤訳の困りものの人達の行為に対しまして、

直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」

として、表現をしておきますと解り易いかと考えました。売国のレベルだと言うと、言い過ぎでしょうか? ねずみ男の様だと言うと、ぴったしかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »