2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 造語の話、「二朝廷並立」や「恵民立国」や「呼求詞」など。 | トップページ | 大きな波の事、 『デフレの正体』藻谷浩介さん »

2010年12月10日 (金)

辞書のはなし。 『漢和中辞典』(貝塚茂樹、角川書店)

もの持ちが良いと言いましょうか、

40年来使って来た漢和辞典をいよいよ買い換えました。

すでに、改版になっていましたですね。 当たり前と申しましょうか?

Photo

よれよれで、テープを貼って、紙を貼って、使い続けてましたが、

あんまりポロポロで、いっつも、ページがぐちゃぐちゃになるのです。

アマゾンで中古を注文しましたら、送料込みで1000円ほどでした。安いですね。

もっと早くに買い替えておいたらよかったと思いました。

貝塚茂樹先生のこの辞書はとっても使い良いです。

諸橋先生の大漢和ですと、常使いには重すぎると思いまして、

この『漢和中辞典』を、愛用していました。

体力のあるお方は、もっと、でっかいモノを。

            ・

松本善之助先生に、大昔に、「辞書を引きなさいね」と言われましたでした。

わたくしは文章下手で、それで、見かねておっしゃって下さったのですね。

今になって見ましても、

ネットの辞書では、どうしても、やっぱり軽くに、流れてしまいます。

漢和辞典と、国語辞典、この二つは必携だと思います。ともに、ちょっとしっかりしたモノを! です。

国語辞典は、『大言海』をお勧めします。

            ・

フセンさんの、愛用辞書が何だったのか?

ワニコ安聡さんの。愛用辞書が何だったのか?

色々と、研究すべきテーマは山のように残っています。

それは、フセンさんの先師とはいったい誰なのか?

ワニコ安聡さんは誰から、ヲシテ文献を受け継いだのか?

それを探る、一つの道筋なのですね。

未発見のヲシテ文献探索への糸口の一つです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 造語の話、「二朝廷並立」や「恵民立国」や「呼求詞」など。 | トップページ | 大きな波の事、 『デフレの正体』藻谷浩介さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 造語の話、「二朝廷並立」や「恵民立国」や「呼求詞」など。 | トップページ | 大きな波の事、 『デフレの正体』藻谷浩介さん »