2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「モ(喪)」の考え方の事。形式的な長い日数は、この際省いて実質に回帰すべきかも?  | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 「さこくしろ」の言葉の事、その3 »

2010年12月28日 (火)

明けまして、おめでとう御座います。 『ホツマで読むヤマトタケ(日本武尊)物語』の出版の事。

一足お先に、新年のご挨拶を申し上げます。

平成22年は、『ホツマで読むヤマトタケ(日本武尊)物語』の出版がかないまして、有り難うございます。みなさまのご理解のお蔭さまで御座います。

また、平成21年には 『よみがえる日本語』 の出版の成就も出来得ましたです。書評へ。有り難うございます。

Photo_2 

ヲシテ文献『ホツマ ツタエ(ye)』『ミカサフミ』『フトマニ』による、

「国学」の再構築は、大きな仕事です、一歩ずつの小さな歩みを積み重ねる事が実現へのミチ(道)であると思います。

Photo

          立ち昇る 雲いの先へ
          きさはし(階段)を 建てつ上らん
          いのちあるまで

Photo_2

       ・          ・

有職文様の襷文様(たすき もよう)の多くは、ヲシテ時代に遡ることが出来ます。

 「とりたすき」などですね。 

さて、

雲の立て湧く文様。http://www.kariginu.jp/sozai/sozai1-22.htm

山あいの雲の沸き立つ風景はこころをときめかせます。

雲の立て涌きの文様は、ヲシテ時代に遡れるのかどうか?

           ・

目指すは、

本当の、

ヲシテ文献にての、「国学」再構築で御座います。 本当に困難極まる仕事ですが、やって行くのみです。 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 「モ(喪)」の考え方の事。形式的な長い日数は、この際省いて実質に回帰すべきかも?  | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 「さこくしろ」の言葉の事、その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「モ(喪)」の考え方の事。形式的な長い日数は、この際省いて実質に回帰すべきかも?  | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 「さこくしろ」の言葉の事、その3 »