2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「いのち」のこと | トップページ | ヲシテ文献『フトマニ』『ミカサフミ』『ホツマツタヱ』の認証後の、ふたつの事。 »

2010年10月20日 (水)

文明の衝突、 文明の連続。  漢字のベールをはがす事。  子音(相)の事。

「日本」は、文明のうちのひとつに数えられ、

また、今後も独自の動きが予想されるということ。

サミュエル・P・ハンティントン氏の分析です。

Photo

            <珍しく、大型シラサギの集まりに、アオサギが二羽居ました>

世界は、広くて多くの文明があります。エジプトなども歴史が古いです。

中国も三星堆遺跡などからもかなりの古い歴史が伺われます。

ところが、何(いず)れもがその歴史の連続性において、

クエスチョンマークが付きます。

連続性においてのことは、インドと「日本」でしょうか。

              ・

ヲシテ文明は、今現在の「日本」と連続性が強くあります。

皇室の連続性については、驚嘆ですね。

ここが、大きなところでありますのでしょう。

その連続性は、1万年を超す事はほぼ言えますのでしょうね。

内輪で考えて、確たるとこは約6000年としていますけど…。(クリの栽培を根拠として)

「ヤマト コトバ」の成立時代が古く縄文時代に遡り、( 『よみがえる日本語』

この時代に「国家」の形成が確認されるからです。( 『ホツマツタヱを読み解く』

この、ヲシテ文献の出現による、新しい「日本」把握が出来得ての事です。

本当の道筋が解るのはですね。日本文明の未来です。4

それには、

外国語である漢字に依るベールを剥(は)がさねばなりません。

Photo_2

                 <ある日のわたくしのパソコン画面>

               ・

それにしましても、子音(相)の成り立ち・並びは、

よく出来ているものです。

さすが、建国の祖・初代アマカミのクニトコタチさんの事であると…。

Photo_3

 

 原初形(はじまり)

  

 来る

  

 増える

  

 成る

ここで、一旦初期の出来上がり、一段落。

このあと、精密な成り立ち。

 実になる

  

 合わさり

  

 及ぼし

  

 止める・広がる  

   

 撥(は)る・戻る

   

 まとまる・おわる

 

この、「あかはなまたらさやわ」

の、並び順は精緻であり高度なものだと思います。

「あいうえお」の母音(態)も全く同じく尊い哲学理解です。( 『よみがえる日本語』 に詳しい) 縄文哲学ですね。

これを、

「あいうえお」 「あかはなまたらさやわ」の

最重要な基本を、再復活しないで、  と、していて、

基本の根底を欠くままにして、

どうやって本来の「日本」の素晴らしさを知ることが出来ましょうか??

             ・

何しろ如何にもびっくりの事です。

「あいうえお」は、

うつほ  = 気体

かせ  = 熱くないエネルギー(固まり冷えて下がる)

ほ  = 熱いエネルギー(ほやけて温もり上がる)

みつ  = 液体

はに  = 固体

です、よね。

まさに、現代にも高度な哲学理解です。縄文哲学だったのですね。少なく見積もっても6000年の、遡及が可能です。 この「あ・い・う・え・お」のイメージが動詞に活用を生じさせる根拠となっていた理由・原動力であると考えられますのです。何千年来の極めて初見にも位置する驚愕の事柄です。ヲシテの文字形に拠りてlこそ解る真実です。これは、この発見は事件だ、と、やはり謂うべきだと思うのですね。

たとえば、地球のプレートを動かす力がどう起きているのか? 冷めて重くなって落ち込むプレートの重みが引っぱり下がるので、結果、軽い部分が上昇して海嶺のようなところが出来るのです。

かせ  = 熱くないエネルギー(固まり冷えて下がる)

ほ  = アツイエネルギー(ほやけて温もり上がる)

の、働きをご理解いただけるか? と思います。

小さな枝葉の事々のようなつまらないものでは、どうしてもあり得ない事だと… 。  ね。   ヲシテの出現はですね。(ヲシテ文献の) プレートの動きのようなものだと思います。

これは、

大事件であるわけです。

しかしながら、当然の如くに、出来得ると大きいですが、

大事件の解明と理解はすこぶるに困難を極めます。 が、困難を共に乗り越える人を待っています。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。 

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

  

« 「いのち」のこと | トップページ | ヲシテ文献『フトマニ』『ミカサフミ』『ホツマツタヱ』の認証後の、ふたつの事。 »

コメント

見つかってしまって、
一部は解明されて、
そこから世の中を見直すと良く見えて、
見えた風に話すと、
普通の人たちは面白がってくれ、
日常にも役立ち、
しかし、高学歴な人たちは、
妙につっかかって来ますねぇ。

そういうものなんでしょうねぇ。

世の中が混乱しているからこそ、
屁理屈が必要で、
その屁理屈で食っている人からすれば、
とんでもない既得権の侵害、
と感じでもするのでしょう。

しかし屁理屈では世の中はますます
壊れるばかりですから、


かくすれば かくなるものと
知りながら やむにやまれぬ
やまとだましい


となってしまいます。

孤独を味わいつつ、
明るく行くしかありませんですね。


いいのか悪いのかよくわかりませんが、
うちのブログは、一日1000アクセスを
平均して超えるようになりました。

とりあえず一万アクセス位を念頭において
ちびちび広げます。

 
 
 

有り難うございます。
ヲシテを正しく広げるのは、ホントに難しい事です。
過去、多くの人達が迷走して沈没でした。
ヲシテを読めもしないでは、無茶だから、しかるべしですが、いくら説明しても聞いてくれないのでお手上げでした。何人(なんにん)も、はた何人もでした。
  (吾郷さん以外には大体は言って来たつもりです。吾郷さんは、時代が先でしたのでしょうがない事でした。駒井本を借り受けました際には、何かの私の自著を贈って、それで、びっくりしていたことのようでした。でももう、何をこれからどうすると言ったようなお歳ではありませんでした、奥様の事が大分大変な事のようにお見受けしてました。あとあと、鳥居礼とか、鏑さんとか、色々居ましたでした。特殊ヲシテ文字の区別の事すらさへもが解らないでは、次の段階に進めませんです。外2点濁点の問題などは、もっと先の事々ですから。近々は神渡良平さんでしたが、この人が取り分けて最もヲシテの理解にはほど遠かったように思います。はなからヲシテを覚える気構えがない。これは、言うにも事欠く次第でした。我が国の本来の固有文字の発見について、この大きな事実についての驚きの出来事に、まったくの感動がないのでした。あーー、何ともならん、です。とは言いましても、どっちみち50歩100歩どんぐりの背比べのようですが)

もう、そんな暗い時代は過ぎまして、大丈夫です、 宜しくお願い申し上げます。

          ・
助詞のこと、
これは何としても、もう少しだけは自分でも究明せねば、と。
ごちゃごちゃやってましたら、目がしょぼしょぼです。このあいだ、眼底乳頭部の陥凹の疑いとかで眼科に行って来ました。だいぶ、医療は進んでますね。眼圧を上げなくするという事のようです、予防措置としましては。でも、痛風もありますので、水分補給は欠かせない。むつかしいです。結局は、深酒をしなかったら良い訳でした。簡単!
しかし、結構難儀です、ね。

何ゆえに くだきしみぞと ひととはば それとこたえむ やまとたましい

谷川士清の気持ちを反芻してます。
暗記や、追従の確認作業を勉強と思っているのが、ここのところであるようです。序破急と言う言葉がありますが、最終的な価値創造は新たなる作り上げだと思います。それは、どうしても、革新になってしまうのは本来的なミチの成り行きかも知れません。殊にヲシテ文献であるならば、ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いのち」のこと | トップページ | ヲシテ文献『フトマニ』『ミカサフミ』『ホツマツタヱ』の認証後の、ふたつの事。 »