2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おつるちゃんのこと | トップページ | 『ホツマで読む ヤマトタケ物語』出版の墓前の報告のこと »

2010年8月18日 (水)

『ホツマで読む ヤマトタケ物語』 40年来の悲願の新刊書を発売!  新作歌曲のCD付き。 配本は8月の23日です。

表紙の写真です。

Photo_2

新刊書籍の発売です! 音楽CD付き! (新作の日本歌曲 付き!)

ヤマトタケさん(日本武尊)の事を、解り易く物語りにしなければ…。 ついに完成!

『ホツマで読む ヤマトタケ物語』 (展望社、池田 満  本体価格2600円) 8月23日発売!   

オビを外しますと、

Photo

「日本歴史」のひとつの高い分水嶺ですからね、ヤマトタケさんは。

ヲシテ文献が残り得たのはヤマトタケさん(日本武尊)のご意思のあればこそですものね。 その、またのお蔭で『古事記』も『日本書紀』も作られたのでした。漢字国字化時代になってから『古事記』『日本書紀』さへもが作られていなかったら…、 と、思いますと、ホントぞっとします。 ヲシテ文献が、ヤマトタケさんのご遺志によって、あの時に再編集されたから、何とか『古事記』『日本書紀』にも成り得たのでした。

でも、それら漢字文献の『古事記』も『日本書紀』の元の本物の原書が見つかったのですから、国の歴史をきちっと直し得るようになったのです。  ここに、「ヲシテ文献で国学の再構築をしなくてはならない!」 と言う事になるのでした。

「ヤマトタケさん(日本武尊)の事を、解り易く物語りにしなければ… 」 

このように、思い続けて40年近くもが慮外にも過ぎてしまいました。それは、むつかしいからでした。

ようやく何とか上手く、ヤマトタケさんを物語で表す書物に纏まりました。 どうか、どうか、お手にお取りなって下さいますようお願い申し上げます。この本を一通りお読み頂けましたら、ヤマトタケさん(日本武尊)のファンになられるお方が続出かな? 、とも思います。龍馬も人気ですが、次に行き着く本格の大人気の歴史人物の登場かも?

 それには、ヤマトタケの読み名でないと、いけませんです。「」のくっ付いたヤマトタケではダメな事、これがこの本ではっきりと御理解が戴けます。

ミツルの「ル」や、シゲルの「ル」はそんなに悪くないのですが、

タケルの「ル」はひどくひどく極めて良くないのです。乱暴な暴力人間の雰囲気になります。

「ル」は単なる状態表現語ですから、くっ付く相手によって、複合した後の全体の語感は、その語幹の意味によって大きく変化します。ミツルの「ル」や、シゲルの「ル」、タリルの「ル」も心地よい響きです。 ですが、タケルの「ル」はやっぱり宜しくありませんです。

           ・          ・

ヤマトタケさん(日本武尊)の物語りで、やさしい雰囲気の調子での案内が、殊の外にむつかしいのは、

カミヨ(上代)の話しを濃密に重厚に分厚く受けていて、

これがキー・ポイントになって幾つものストーリーにと繋がっている事です。

ヤマトタケさんを語るには、カミヨ(上代)の説明をきちっとしなくては、文脈が繋がりません。

ところがどっこい、カミヨ(上代)の話しは、それはそれだけで、十二分にむつかしいです。

初めてヲシテ文献に触れる人にも、それなりに雰囲気だけは解って頂く必要があります。でも、あんまりクドクド云ったらお読み下さるのも、かなり辛(つら)くなりますよね。この本を以っての初めてのヲシテ文献の読者もかなりの%で、結構おいでになると思います。

この困難な解説を克服するため、いろいろと、文体に新趣向を凝らしました。40年になんなんとする試行錯誤の苦しみ悩み抜いた、ひとつの果実です。

新作歌曲をCDに入れて添えましたのも、この趣向の一つです。

新作歌曲の「天地創造」の壮大な世界。縄文日本の哲学の世界です。

そしてまた、新作歌曲の「まっくらけ」は、真っ暗らけなのに何故かなぜかホッとする世界です。

暗闇での仄(ほの)かな明るさは、落ち込んだ時にこころのくすりですね。

また、歌曲の「アワのウタ」は今回再録音しまして、ゆったり歌いやすい調子にしてもらいました。

国家像から、大宇宙の世界観から、はては人生においての心の持ち方まで、宏大深遠から日常生活のエスプリまでフォローする本です。

歌のバリトン歌手の岡田征四郎さんは声のつやも最高に良くて、ピアノもうまく入りました。心地よさ135%です。

お耳にもお楽しみ願えまればと、存じ上げます。

どうか、どうかお手にお取り願えますよう、お願い申し上げます。

           ・

もうすぐ、旧暦の6月の末のミソギをする日(現行の暦の8月9日)になります。

その後はもう、アキ(秋)です。旧暦の7月1日(現行の暦の8月10日)です。

「アフミ」(アキのフミツキ)ともよく記されています。

実の成りゆく季節です。

『ホツマで読む ヤマトタケ物語』 (展望社、池田 満)を、

よろしく、よろしくよろしくお願い申し上げます。

書評も、書いて下さいました。「中外日報」さんの記事へ。

松本善之助先生のご墓前への出版の報告の事。

ついでながらに申しまして、小説とは違う範疇になりますでしょうね。

とっても古くて難解なヲシテ文献の読み解きの案内書です。

いわば、古典の導入書です。

空想や、お遊びの、いわゆる「小説」なる分野とは、大きく離れたことになると思います。

古文・国史など、われわれの大切な根拠をどうするか?

そこへ向けての、解説書です。

            ・

やっぱり以って、作り話の「小説」のジャンルの様なものとは、

一種違った、

歴史の、我が国の、我々のご先祖様たちの生きようについての、

正しい歴史を知ろうとする、

新たなきちっとした「本・国史」樹立に向けての一歩です。

ヲシテ文字がちゃんと読み書きで来ての事は、最低限度の、条件ですね。ヲシテも読めない、書けない人は、条件の最低ラインからのこぼれになりますです。此れだけは、どのように考えましても、仕方が御座いません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« おつるちゃんのこと | トップページ | 『ホツマで読む ヤマトタケ物語』出版の墓前の報告のこと »

コメント

おめでとうございます!




有り難うございます。
この本は、苦労しました。

 
 
 


 ヤマトタケさまのヲシテ文献から見たご功績は本邦初となりますので、ご本を早速予約しようかと思います。本当におめでとうございます。

 
 
 
池田先生、おめでとうございます!
さっそくamazonにて、何冊か予約したいと思います。

そうそうヲシテのクニの「談話室」にも、
【「ヤマトタケ」のお名】
http://julian.way-nifty.com/woshite_room/2006/05/post_404f.html
 
をアップしておりましたので、
古い記事ですが皆さまのご参考の一助になるかと思います・・・




有り難うございます。
アマゾンでは、予約受付はしてないかも知れません。

昨日・今日と、約30年ぶりに、ククリのミヤ跡、ヤサカイリヒコさんのお墓、ヒコヰマス(イマス?)さんのお墓などなど巡ってお参りをしてまいりました。
ククリのミヤ跡は、昔よりとても綺麗にして頂いていまして感動モノでした。

 

『ホツマで読む ヤマトタケ物語』
今、CDのウタを聞きながら読んでいまして、涙が溢れて来てしかたありませんでした。
多く多くのお人の思いが寄せ返して来ての事ですね。
これが、ホントに私が書いたものか? とも思います。
きょうは、涙の涙の日のようです。
涙の量に負けないように、
水分の補給です。

 
 
 

初めまして、
heiwa と申します。先般より池田先生の
「縄文の心を旅する」他一冊図書館より借りて読んでおりました。
本日 軽井沢に行き 折角なので 碓氷峠上の「熊野皇大神社」を参拝しました処、
「大和武尊」にご縁のあった所でした・・

案内には「日本武尊が東国平定の帰路に碓氷峠にて霧にまかれた時、八咫烏の道案内により無事嶺に達することが出来、ここに熊野の大神を祀ったと伝えられています。

本日18日は 父の月命日でもあり帰宅して
貴HPにて「ヲシテ」では「ヤマトタケ」さんとあるを知りました・・・
此処に書くのは憚れますが、本日不思議な体験をして帰宅しました。
いつの日か 池田先生とお目に掛かる日が来ると信じて伏しておきます。
新御著書「ホツマで読む ヤマトタケ物語」
必ず買い求めます。
では
お体御慈愛され研究の程 宜しくお願い致します。
東京より祈念しております・・・!

 
 
 
 
おめでとうございます!

ヤマトタケ先生の名誉回復になればよいですね……本書はいずれ近所の建部神社に奉納しようかと思います。

 
 
 
有り難うございます。
とっても、ヲシテ文献への道は遠く険しい事でございます。
息切れしないように、ゆっくりじっくりとお進みください。
本当に大変な事なのです。 また、重要性も殊の他に際立って大きいのは事実です。

 
 
 
 
 

昨日の夕方、高槻の書店で「ホツマで読むヤマトタケ物語」をお願いしましたところ、入荷するのに少し日数がかかるかもしれませんと言われて帰宅しました。
そうしたらなんと、先ほど「新刊として本日入荷しました。」と電話がありました!
なんだか嬉しく、早速買い求めて戻ってきたところです。

こんな風に物事が動くときには、目には見えぬ恵みの力を感じます。
労作を有難く読ませて頂きます。
池田満さまの書かれるものからは、あたたかな力と想いを感じております。

響くバリトンのアワノウタ・・を聴きながら、ご報告まで。。

 
 
 
早くに着きましたですね。 お買い上げ、有り難うございます。
バリトン岡田征士郎さんの声は、
またまた、今回は更に良いと思います。
わたくしの若い頃に憧れたフィッシャー・ディースカウを彷彿とさせるものを感じます。
中西覚先生も、ご満足の様子でした。

思いましての希望には、
シューベルトのリート歌曲に、もっと量にも凌駕するモノを作っておきたいものです。
たくさん作っておくことが、後のちの宝になるかとも思いますです。
ちからが有ればですけれども…。

ヲシテ文献で解った本当の「日本」の真実には、
今後の世界の行く末に竿の先を指してゆくべき大きな指針を指し示すタカラがあると思います。
歌にも、表現して沢山の気持ちをアッピールしてゆくべきだと思います。
薔薇ちゃん、薔薇ちゃん綺麗だよ。 なんて言うだけの事でない、
もっと大きな有用なメッセージを多く発信し残しておきたいです。

 
 
 
 
 
注文しましたがやはり池田満先生の仰るとおり配本は遅れるようですね。楽しみに待ってます!

9月9日の祭礼日、重陽に間に合わないのが非常に残念です……

>Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
>ご注文いただいた以下の商品(注文番号:249-4044535-3788634)のお届け予定日が確定しましたのでお
>知らせいたします。現時点での新しいお届け予定日は以下のとおりです。
>注文日:2010-08-23
> 池田 満 "ホツマで読むヤマトタケ(日本武尊)物語?古事記・日本書紀が隠した日本神話の真実"
> お届け予定日: 2010-09-11 - 2010-09-22

 
 
基健吉さま
有り難うございます。
アマゾンへの供給の取り次ぎさんが大阪屋さんでして、ニッパン、トーハンさんの最っとも大手の取り次ぎの2社よりも、伝統的に少ない初期配本数です。旧習慣はなかなか変わらないものですね。何しろ、ニッパンさんの半分の部数が大阪屋さん扱いなのです。従来からの大阪屋さんのルートの一般書店さんもありますから、その事などから、初期の在庫払底は目に見えるように予測出来ます、のですが。
このため、当本のようなアマゾンの方が、多く売れるようなタイプの新規の出版本は配本遅れが生じてしまいます。
 
また、また、宇和島からはいつもながらの流麗な美しい筆でご礼状とお祝いを頂戴しました。上京の費用にあてさせて戴きます。有り難うございます。

  ―前略― 
 
義母と幼い長男が「あかはなま」で積み木を並べ字を覚えましたことなど「アワのウタ」を聴きましたら遠い日をなつかしく思い出しました。御本の中には池田様のやさしいお気持ちが満ち溢れ 又 岡田様のお歌も耳に心地好く 心身共に浄化されたような気持ちで御座いました。

  ―後略― 

  原写本の所蔵家様よりの、うれしいうれしいご礼状より。


 おめでとうございます

 私は最初Amzon に注文しましたが
発送が9月中頃だったので、キャンセルし
紀伊国屋webで8月29日に申し込んだところ
9月1日に届きました
まだ、数ページ読んだとこですが先が楽しみでわくわくします ただ歳のせいか夢中になって
根を詰めると眼精疲労を起こすので気をつけながら、拝読します

まだまだ、残暑厳しいですので先生も御身
大事に!!

 
 
 
 
有り難うございます。
今日は、展望社にもお礼に行きました。
お忙しそうで、巨峰だけ陣中のお見舞いにと、
早々に辞去しました。
新聞広告も、ここのところ、
ちょっとは効果が出るようになってきたと、
そんなような事を聞きましたです。
クニの根底の構築のし直しにかかわるものですので、
地道な努力あるのみだと思いますです。

広告も全国紙2紙、読売も、
また地方紙にも何紙か打って下さったと聞きました。
わたくしの近所の人も、新聞の一面の広告を見て購入を決めて下さったとの事でした。
広告が、効果を表し始めた事は、過去からの記憶にかんがみましても
椿事の如くに思えましたでした。
だんだんと、世情は移り変わって来ているのでしょうか?
知らぬうちに。
もう、浦島太郎になるつつありましたから…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おつるちゃんのこと | トップページ | 『ホツマで読む ヤマトタケ物語』出版の墓前の報告のこと »