2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こだわりの、連続の事。 ホトトギスの初鳴き。 | トップページ | ヲシテ文献を、初めて見る人にどう説明するか? »

2010年5月22日 (土)

森みの里(り)陶展の設(しつら)え。  小松茂美先生の事。

古い大阪の古民家にて、昨日・今日は晴れました。

女房の陶器展です。

おいでになられないお方のために、写真でご案内を致します。

Photo

主に、ヲシテの書を中心に掲載します。

温か過ぎず、過ごし易く、裏方でごちゃごちゃしてまして、幾つかヲシテの時代語の考究も進みました。

Photo_2

Photo_3

「あ」と「クニお(を)しらする もものふみ」です。

Photo_4

「す」です。

Photo_5

「すすか」です。

Photo_6

格子越しの「いいろ」です。

Photo_7

Photo_8

Photo_10

書は、味が出て来ましたね、と言われました。

お世辞でないといいです、ね。

わたくしの目指すところは、国語と歴史のヲシテ文献による再構築です。

国学を新たにヲシテ文献で作り直してゆくことにあります。

この道筋に半歩でも前進でしたら、嬉しい限りです。

ヲシテ文字形の縄文時代への遡及もそうです。

ヲシテ時代語の再発見もそうです。

         ・

漢字仮名交じりの直訳「秀真伝」はだめです。

偽書の製造ですから、目的への前進ではありません、これは後退です。

         ・

今朝の新聞で、小松茂美先生のお亡くなりの事がありました。

古筆の顕微鏡解析の手法で、ヲシテの写本の再解析もしてゆく必要のある仕事です。時間と費用が多く必要ですので、後の人の仕事に当てることになります。小松茂美博士のご冥福をお祈りいたします。

Photo_3

「おもいくさ」(ナンバンギセル)の文様です。

Photo

スイレンの門です。

Photo_2      

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« こだわりの、連続の事。 ホトトギスの初鳴き。 | トップページ | ヲシテ文献を、初めて見る人にどう説明するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こだわりの、連続の事。 ホトトギスの初鳴き。 | トップページ | ヲシテ文献を、初めて見る人にどう説明するか? »